この情勢じゃ仕方ないとはいえ、開催予定日の2週間ちょい前に中止の発表があったということは、この日の為に準備していたサークルさんはお気の毒だと思うけれど、運営側としては本当にギリギリまで開催の方向で頑張ってたんだろうなあ。関係者の皆さんお疲れ様です。

…正直、予定とされる10月もこの情勢じゃ怪しいと思ってしまう…





●東亜プラン製GENESISソフト復刻版
4亀さんに興味深い記事があるなと読んでみたけれど、さっぱり何が言いたいのか意味わからん。意味のない駄文がひたすら書いてあるのに、肝心のゲーム内容はさらっとしか書いておらず、この記者はゲームの記事を書くのに向いてないだろうと思った。


それはともかく、記事内に『ヴイ・ファイヴ』がないことを指摘してたけれど、逆に復刻されたタイトルは全て東亜プラン自社開発だったから、おそらくタイムワーナーインタラクティブ(旧テンゲン)の天内さんが関わったとされるメガドライブ版ヴイ・ファイヴはどこか別の会社と権利を共有している可能性もあるのかな。そうなると同じくメガドライブ版『究極タイガー』も、当時はトレコ(サミーのメガドライブ専門ブランド)が発売したから今はセガが持ってる事になるのか…あくまで想像だけれど。

しかしこの東亜プランGENESISソフト復刻版のスケルトンカートリッジがカッコいいな。オリジナルで持ってるから買いたいとは思わないけれど(どうせ高いだろうし)、一度はこのスケルトンカートリッジを生で見てみたい。






●バディミッションBONDの購入特典が届いた!
IMG_6198
中身はポストカード。発売から2ヵ月強での発送だからポストカードのイラストにネタバレがあるのかなと一瞬思ったけど、流石にそれは無かったので、未プレイの人は安心して眺めて欲しい(笑)


先週発売のファミ通には『バディミッションBOND』の16ページ特集が掲載されているんだけれど、
IMG_6199
このタイミングで送ってくるとは任天堂素晴らしいね。余韻に浸る暇なく2周3周とプレイし続けるユーザーが増えそうな気配。バディの組み合わせによるテキストパターンは豊富だから、一度や二度のプレイでは見ることができないやり取りも見所の一つだけれど、開発側としては大変だったんだろうなあ…

PSVitaのストア終了の報を受けて今のうち何か買うべきゲームがあったかなとストアを開いてたんだけれど、検索しているうちに

「そう言えばPSPで頭文字Dと湾岸ミッドナイトが出てたな」

と思って早速検索してみたら…版権モノのせいかどちらもダウンロード版が存在しなかった(汗)

仕方ないので、それらコミックと似たようなテーマを持つレースゲーム、PSP版『首都高バトル』(3/31に配信終了)と初代PS版『峠MAX2』を購入。あとレースゲームついでに初代PSの『R4 リッジレーサーTYPE4』も。
IMG_6154
本当はPSローンチタイトルでもある初代『リッジレーサー』も欲しかったんだけれど、ゲームアーカイブスにあるリッジレーサーシリーズはR4しかなくて残念。あとPSPダウンロードソフトだと『リッジレーサーズ2』があるくらいか。

そうそう発売当時はボリューム不足で不評だったPSVita版は、今ダウンロード版を買うとある程度のコンテンツが最初から収録された状態で手に入るのでボリューム不足面は解消できたんだけれど、いかんせん自車の挙動が癖があってあまり遊んでなかったんだよね。ちなみに有料DLCのセガ『デイトナUSA』の車体はもちろん購入した(笑)





●プラチナゲームズの手による名作ニチブツSTGの新作が正式発表
4/1に発表されれば誰だって信用しないし、そもそも何故あのプラチナゲームズがニチブツシーティングの新作を?と思わなくはないけれど、異色の組み合わせによる新作シューティングがどのようになるのかとても楽しみ。ニチブツ関係なしにプラチナゲームズ自体が過去にクラシックアーケードゲームの復刻や2Dシューティングを作った経験がないだけに余計に、ね。


ところでプラチナゲームズさん、ベヨネッタ 3はどうなったの?





●小中学生の将来就きたい職業ランキング
ここ数年間のこの手のランキングの上位はYouTuberが常連だけれど、彼らの影響力見ると、個人のチャンネルには興味ない自分は時代に取り残されている感がヒシヒシと実感する(汗)


そういえばここ最近のニンテンドーDSソフトの高騰化はYouTuberの紹介動画の影響と聞き、これも時代だなと思ってしまった。彼らのチャンネルを一切観ないから突然のDSブームメントに疑問に思ったんだけれど、今後レトロゲームの相場チェックには彼らの動きも見ないといけないのかな?と思う反面、今更DSはないよなー思ってしまう(お前が言うか!)。DSが出てから15年以上経つのに今まで興味を持ってなかったら所詮それまでの興味だったわけだし、もし手に入れても改めて今やるかと思うと、あの画面の粗い液晶で遊ぶのは厳しいよなあ。スリープ機能がある分、ゲームボーイシリーズよりかは扱いやすいけれど(汗)

既に予約が締め切られたソフトバンクの『セガハードヒストリア』に同梱されるメガドライブソフトPC版の収録タイトル全10タイトルが遂に公開されたけれど…

・アンデッドライン
・エリミネートダウン
・エル・ヴィエント
・空牙
・グラナダ
・鮫!鮫!鮫!
・スタークルーザー
・チェルノブ
・ミッドナイトレジスタンス
・ラングリッサー

なかなか渋いラインナップだな…

先行して発売されたメガドライブミニ収録タイトルに被らないよう選ばれた10タイトルとはいえ、改めてメガドライブミニの収録タイトルが凄かったと実感する。
もちろんこれら10タイトルも悪くはなく、むしろメガドライブ現役時代は楽しんだ秀逸なタイトルだけれど、メガドライブミニほどの万人さはないことから、メジャー感が強かったメガドライブミニ収録タイトルじゃ物足りない人への補完的ラインナップと言えそうだよね。

収録タイトルのうち日本テレネット(ウルフチーム)の『エル・ヴィエント』は当時『BEEP!メガドライブ 』誌上にてコミカライズ版が連載されたんだけれど、連載中に作者がバイク事故で打ち切りとなり、凄く気になる展開のまま未完で終わってしまったんだよね。流石に四半世紀以上経った今は気にしなくなったけれど、もし今回の本で完結してくれたらサプライズの一つになった…とは思えないな、流石皆んな忘れているだろうし(笑)
そもそもエル・ヴィエント(アーネスト・エヴァンス)シリーズ自体が打ち切りだけどな!

ちなみにセガハードヒストリアは(記事のタイトル通り)結局予約しました。決して収録のメガドライブソフト目的ではなく、普通に読み物として。20年くらい前に同社から出したBeep!復刻版はとても面白かった反面、やや物足りなさを感じたけれど、今回の本はかなり高額だけに物足りなさはない…はず…





●ご利用いただけなくなるPS関連アプリ、機能、サービス

先週噂があった通り、今夏に各種サービスが終了するのね。
PS3&PSPは7/2にストア終了、PSVitaは8/27にストア終了…

プレステのゲームアーカイブスは名前通りにアーカイブスの役割を担うほど優れたラインナップだったけれど、あれから各メーカーが解散された等の諸事情で権利元が不明になったり、複雑化され、今後これだけのラインナップが見込めないと思うと、やっぱ惜しまれるなあ。
裏を返せばこれだけのラインナップを維持するにはそれ相当のコストが掛かる訳で、既に生産が終了したハードでのサービス運営は現実的ではないし、ソニーへの負担を考えると仕方ないのかも?

ただ、購入済みのダウンロードソフトはサービス終了後も再ダウンロード可能なのは助かる。

ところで該当ページを眺めてたらPS VitaTVのアフターサービスが3/31で終了なのね。一時期は値崩れしたと思えば、現在はゲームアーカイブス目的で買う人が増え中古でも高騰化してきたけれど、持ってる人は大切に!





●シンエヴァ観に行った
IMG_6088
と言っても、だいぶ前の話だけどね。


エヴァンゲリオン自体、TVシリーズ第一話からオンエアで観てきた自分にとって観賞後は長く続いたコンテンツが終わる寂しさと、「これで心残りはHUNTER×HUNTERだけだ!」という気持ちになったんだけれど、一体いつ連載再開するのですか冨樫先生!?

感想に関してはネタバレになりそうだから書かないけれど、本編は3時間近くある長丁場なので、途中でトイレに行かないよう調整するのが大変だった(マジで)。これだけ長い映画を観たのは『タイタニック』以来だよ!(随分と昔だな)

そういえばシンエヴァ劇中でアスカがバンダイの携帯ゲーム機・ワンダースワン(ソフトはグンペイ)を遊んでるシーンが何度か流れてきたけれど、最近ワンダースワンが品薄&高騰化したのはもしかしてエヴァがきっかけなの?(んなわけない)
IMG_6086

↑このページのトップヘ