ホットビィのファミコンRPG『星をみるひと』の発売日問題(一部メディアによって発売日の記載が異なる)について触れている、ノヒイ ジョウタ氏によるnoteについて。


まずはじめに、星をみるひと関係なしに当時のファミコンの流通やメディア展開がどうだったかも知ることもできる資料性高い記事で、関係者への聞き込みや周辺事情の調査、考察からしてハイレベルで、いつかは一冊の本として出して欲しいクオリティ。
前回までは流通方面で調べても正式な発売日がわからなかったから、今度は生産から調べてみよう…という記事だけれども、当時起こった深刻なROM不足と、それに関連して同時期に発売延期された他のファミコンソフトで考察してみるとは普通はなかなか思い付かないし、着想が凄い。

確かに一部のメーカー(ナムコやバンダイやジャレコ 等)を除いて、今回の『星をみるひと』をはじめとしたサードパーティタイトルも一括して任天堂が生産しているわけで、そこから結び付くんじゃないかという考えだけれど、先述のROM不足から任天堂はハドソンの『桃太郎伝説』の製造を優先させた…という仮説はとても興味深い。


当時のハドソンは高橋名人ブームによって抜群の知名度を誇ったり、小学校高学年中心に爆発的人気のコロコロコミックでハドソンタイトルを独占的にプッシュされたり、桃伝スタッフ自体もジャンプ放送局で有名なさくま&土居コンビが関わっていたり、何よりファミコンが熱狂的なRPGブームだったからこそここできちんと生産して売らないと機会損失になる…という考えは確かに納得できる。事実、桃太郎伝説は最終的に100万本売れたのだから、もしこの仮説が正しければ任天堂の判断は正しかったわけだ(笑)

なお当時のROMカートリッジは製造に2〜3ヶ月掛かるので、メディアへの発売日延期のアナウンスは入稿のタイミングを考慮しても余裕で間に合った筈だから、他のメーカーはきちんと告知したのに、ホットビィだけが告知しなかったのかについては記事にある通り様々な政治があったんだろうなあ…。

しかし、好きな人がいたら申し訳ないけれど、星をみるひとを発売日に買おうとしたら、告知なしの発売日延期で店頭には置いておらず、止むを得ず桃太郎伝説を買ったユーザーが少なからずいたと思うと、これはこれでいい話だな(爆)








●ダーナじょしんたんじょう
IGSのメガドライブソフト『ダーナ女神誕生』、多くの文献では『ダーナめがみたんじょう』と書かれてたりするけれど、それに対して毎回反論してたんだよね。

実際は「ダーナじょしんたんじょう」と読むんだけれど、肝心の情報ソースがゲーム番組である事以外は全然思い出せずずっと途方に暮れてたら、ある日マダオ氏(@madao2005)からテレビ東京『Theゲームパワー』1991年12月10日放映にて紹介されてたとの情報が。
リンク先動画の5:30辺りを参照。
メガドライブユーザーは面倒臭いなーと思うかも知れないけれど、もしダーナを絶賛している人で「めがみたんじょう」と言ってる人が居たら「じょしんたんじょうだ!」と言い返してやってください。うざったいと思われるでしょうけど。そもそもダーナ好きなんてそうは居ないだろうけど(爆)

image
ゲームギアソフトが収録されているということで発表時からチェックしていた『ハンディゲームマシンコンプリートガイドデラックス』だけれど、残念ながら刊行中止のアナウンスが。

主婦の友インフォスさんのコンプリートガイドシリーズはメガドライブ本2冊関わった縁で献本として何冊か頂いてたので今回の本はきちんと買おうと思った矢先で今回の件は非常に残念。
関係者としては(直近に迫った発売日を見ると)完成どころか既に製本も済んでいただろうから想像を絶するほど無念なんだろうなあ。自分も多少ながら同社のメガドライブ本に関わったからお気持ちはわかってるつもりです。せっかく時間と予算を掛けて作った本が世に出ないのは辛いですから…

どんな理由で発売中止となったかはわからないけれど、いつしか出る事を願っております。据置ハードは割と語られることがあっても、ゲームボーイアドバンス以前に出たマイナー携帯ハード(つまり任天堂以外のハード)は普及しなかったのか当時でも関連書籍が出なかったので、この本はまさに待望の本だったんだよね…





●真・女神転生IIIノクターンHDリマスター
image
発売(10/29)まで1週間切ったのであらかじめダウンロード。
個人的にメガテンシリーズは3年前に発売された『真・女神転生ディープストレンジジャーニー』をクリアした以来だからとても楽しみ。

メガテンといえば、バンダムがSwitchで出した『ナムコットコレクション』で初代メガテンの『デジタルデビル物語 女神転生』が有料DLCとして遊べるんだけれど、久々に遊んでみて今どき遊ぶRPGじゃないなと思った。
3Dダンジョンなのに、オートマッピングがないのは昔のゲームだから諦めるにせよ、自分がどの方向に向いているか画面を切り替えないとわからないから迷い易いし、文字送りが異様に遅くてオートバトルに頼りがちだけど一部の戦闘ではそれが罠だったりするし、仲魔(仲間)にできる悪魔は今の目で見ると少ない上に悪魔合体の面白さもまだ途上的な作りだったりと、このシリーズは次のIIで完成されたんだなと思い知った。昔のRPGはシンプルなんじゃなくて、シンプルすぎるが故にシステムが整ってなく不親切というのが自分の持論。まあSwitch版はパスワードセーブ使わなくてもセーブできるのが利点だから、当時クリアを諦めた人にはいいかも知れないね(昔のファミコンRPGはパスワードコンティニューの面倒さで遊び続けるのが億劫になってしまうユーザーも少なからず居た)。

昨年のゲームレジェンドのBEEPブースで発表されてから音沙汰なかったSwitch/PS4の『コットン リブート』だけれど、2021年2月25日に決定したようだね。奇しくも発売日が同じ横スクロールシューティングであるタイトーの『ダライアスコズミックリベレーション』と同日なのが熱いけれど、どっちの限定版(特装版)を買おうとしている人は予算的に大変!
とはいえ、しばらく移植がなかった人気シューティングで盛り上がる機会なんてそうないから、ちょっとしたお祭りだからこれはこれでおめでたい。同日発売が縁でお互いのコラボをやるようだし。

ところで今回のコットンリブートの限定版って通常版の3000円ちょい増しながらサントラCD、湯呑み、復刻インスト&POP等が付くなんて凄いな。特にインストやPOPなんて、家庭でゲーセンっぽい環境で遊ぶような基板勢にとっては嬉しい要素では?BEEP自身も基板を扱っている店だけに、基板勢が欲しがるツボを押さえているなあ。魔女っ子が主役ながらも、アクリルスタンドやドラマCDといったギャルゲー&乙女ゲーのようなキャラクターグッズ的な方向性じゃない辺りが硬派(笑)

これだけ書いておいて買うのはダウンロード版の方だけれど、今からきっちり予算組まないと大変な事になるな。冬のボーナスが期待できないだけに(汗)

↑このページのトップヘ