IMG_7150

日本テレネットのメガドライブ参入第一弾ソフトの横スクロールシューティング『ガイアレス』がメガドラ互換機対応ROMカートリッジとして復刻!


…というのは海外での話なんだけれど、ガイアレス自体、オリジナルの仕様は本体のリージョンによって日本語テキストになったり英語テキストになったりするので日本のユーザーも安心!(あくまでオリジナルと同じ仕様ならばの話)
ただ、このガイアレスは明らかに開発途中で発売された形跡が目立つソフトで、敵の武装を吸収して自身の武器にする斬新なシステム、綺麗なグラフィック、プレイヤーを飽きさせない目まぐるしく展開するステージ構成、画面一杯に表示される巨体なボスキャラ達、トータル10分以上に及ぶ美しいビジュアルシーン等、その超一級の素材を台無しにするようなまともに遊ぶ事さえ困難なゲームバランスが極悪で、正直未だにクリアしたことがない…。きちんとテストプレイして調整されてたら名作と言われたろうに色々勿体ないゲームだった。テレネット作品全般に言えるんだけど。
そんな微妙なゲームがまさか復刻されるとは夢にも思わなかった。おそらくオリジナルの仕様のままの復刻だろうけれど、万が一再調整されたバージョンならば是非とも買いたい。まあそれは絶対あり得ないだろうなあ。

ところで復刻版ガイアレスには特典として北米版ガイアレスに登場した人物へのインタビューが掲載された冊子が付くとのこと。そこは開発者インタビューだろ!と思ったけれど、そんなの付けたら炎上しそうだよなあ。聞くところによると、プログラマが逃げたり、納期が短すぎて曲を1日で完成させなければいけなかったり、テレネットは当時上場したばかりで銀行への印象をよくする為に未完成でも強引に発売をさせられたとか、如何にも当時のブラックなゲーム業界の裏話的なエピソードばかりだけれど真相は永遠に明かされないんだろうなあ(汗)





●Switch版怒首領蜂大復活
IMG_7153
11/25配信。Live Wireがニンテンドーダイレクトで発表したケイブシューティングはこれでタイトル揃ったけれど、更なる続報を待ちたいよね。個人的に初代『エスプガルーダ』熱望!




●幼稚園付録はウルトラクイズコラボグッズ

ゲームとは関係ない話題だけれど、園児向け雑誌『幼稚園』の付録『アメリカ横断ウルトラクイズコラボウルトラハット』について。
一応ウルトラクイズは建前上1998年で終了にはなっているけれど、実質は年一回放映してた頃の1992年で終了したようなもので、既に29年前の話。
29年前だと、当時の視聴者で、しかもそれを人気番組として意識して毎年観てた層は現在は若くても40〜四十代半ばくらいだとは思うけれど(それよりも若いと物心付く前か、名前を知ってる程度の認識でどんな内容までは覚えてない)、とてもじゃないけれど園児を子に持つ親の年齢としては若干ズレてるよね。親が子供にウルトラクイズの遊び方を教えようとしても番組を観てないから教えられない、みたいな。数年ぶりに復活した98年版を観てた視聴者も、基本的には当時を懐かしむ視聴者が多かったろうし(ちなみに自分は見なかった)。
そういえば昔、園児向け雑誌は孫へのプレゼントとして買う年配者も多いと聞いたので(実際に自分も過去に母親が入院した時に小学館の雑誌をお婆ちゃんに買ってもらった記憶もある)、こんな感じで大昔のコンテンツが未来の子供達に引き継がれていくと、それはそれで良いかも知れない。遥か未来にこの付録がきっかけでウルトラクイズが復活させようとする当時のちびっ子が出現するかも知れないし、おっさんホイホイ・お爺ちゃんホイホイ付録もそう悪くないよね。

この週末はずっと『真・女神転生V』やってたんだけれど、東京崩壊後の最初の目的である東京タワーに辿り着く前にレベルを最大の99にまで上げてしまった…
IMG_7137
難易度カジュアルに加え、有料ダウンロードコンテンツを活用したとはいえ、さくさくレベルが上がるからやめ時が見つからず、そのままカンストに達成してしまった。
ここまでくると仲魔も充実してきて、他のシリーズならば終盤に仲魔になるような悪魔でさえ合体等で入手でき、しばらくは悪魔の強化が不要なほど強力なメンツに。
IMG_7138
IMG_7139
IMG_7140
しかし、あくまでそこはあのメガテンだから、レベル99でも相手の属性と手持ちの悪魔の攻撃の属性によっては勝てない悪魔とか普通に出てきそうだから油断ならない。
実際に『真・女神転生ディープストレンジジャーニー』なんてレベル99でも真ボスには泣かされたからなあ(汗)


ちなみに久々のメガテン最新作という事もあってか、うっかり夜更かしをして仕事を大遅刻したんだけれど(先輩に電話で呼び起された)、遅刻した理由を「ゲームにハマり過ぎたから」と正直に言ったら(本当)、怒られるどころかみんな納得しちゃって改めて職場における自分の立ち位置を実感。いや、関係者の皆さん反省しております…油断したなあ。





●くるくるカメレオン
Youtuberの影響かどうか知らないけれど、一時期一部のニンテンドーDSソフトが高騰化した時代があったんだけれど、そのうちの一つ、パズルゲームの『くるくるカメレオン』が調べたら(自分が気付かないうちに)Nintendo Switchに移植されていたのと、たまたま調べてた時に半額セールだったので500円で購入してしまった。
IMG_7141
11/17まで50%オフだけれど、定価も1000円とリーズナブルだからDS版が手に入らない人は是非。
なおコレクター視点で見るとDS版ではパッケージが色褪せしやすい事でも知られているけれど、Switch版ならばダウンロード版しかないからそんな心配なくてお勧め!(そういう問題じゃない)

IMG_7121
IMG_7122
1週間ほど前の話になるんだけれど、突如Nintendo Switchのeショップで『ポパイ』が配信されて、発売日当日に買ったんだよね。

eショップ内の見出しの


古典的なアーケードゲームが近代化された、ほうれん草を食べる船乗りを演じる公式のポパイゲーム。
と、オリーブが投げるハートやアルファベットを集める目的や、登場する敵キャラがブルータスやハゲタカ等、並べてある情報から、任天堂が昔アーケードやファミコンで出した同名タイトルのリメイクと思ったのよ。FullSizeRender
だけど、任天堂の著作権表記が何処にもないから怪しいと思いつつ、ポパイのゲーム自体もそう滅多に出ないから迷わず買ったのよね。

で、実際にプレイしたら…絶望的につまらん!

確かにゲームの目的は任天堂版とは同じなんだけど、めちゃくちゃ広いマップに落ちてあるハートをアルファベットを全部集めるのはダルいし、敵も一度に多く出現することもなければ、敵の移動速度がポパイと比べて圧倒的に遅いから逃げ切るのも容易。ほうれん草を食べるとポパイの移動速度がスピードアップするんだけれど、そんなのが不要なほど(ほうれん草の利点は敵を攻撃できる事くらい)。

今にしてみればeショップの説明文はユーザーに任天堂版のリメイクとミスリードさせる為の罠にしか見えないけれど、もしそうならばこれ詐欺だよね(汗)

文句言いながら4面までは遊んだから、オレって付き合いいいよね(笑)




●11/25配信のアケアカはナムコのフォゾン
IMG_7124
80年代は知らなくて、かなり後年にかつて秋葉原に存在したナツゲーミュージアムで遊んだ事があるけれど、さっぱりルールがわからなくて、家に帰った後にもプレステのナムコミュージアム収録版をプレイしたけれど、それでもさっぱりシステムがわからないゲームだったなあ。未だにジャンルがよくわかってない。アクション?それともパズル?
確かにステージ開始前に説明はされるんだけれど、それでも理解できなかったから、初見のプレイヤーと当時のプレイヤーとの差はあるよね。ファミコンに移植されてたら友達と情報交換できたろうから話は違ってたかも。(80年代当時の)天下のナムコのゲームならばクラスメイトの誰かしらは買ってたろうしね。

それにしてもアケアカのナムコタイトルはなかなかマニアックで良い。ここまで来たら今まで移植されてない『ナバロン』『SOS』『海底宝探し』辺りを是非!ニーズほとんどないだろうけど。

↑このページのトップヘ