小学生男子のなりたい職業の一位がゲームクリエイターに選ばれたと話題があったけど、それに対してつまらん大人が出てきて予想通りの展開に。
中には業界人の意見もあったけれど、ゲーム業界の理不尽なところを挙げたところでそれはどの職種でも同じだし、それ以外の意見をつまんでも大方はゲームを完成させられない、完成させても売れるとは限らないといったもの。

後者の場合ゲームは売れなくても会社員であれば給料は出るから問題はないけれど(給料が貰えなかったらそれは会社として問題なだけだろw)、前者も割と疑問。
ゲームが完成できないというのは色々理由はあるけれど、やる気の問題程度ならば論外として(汗)、開発環境に起因する事ならば現在の小学生が成人になる頃にはおじさんクリエイターが業界にいた頃とは環境は違ってくるだろうし、現状でさえ今はUnityやUnreal Engineといった優れたゲームエンジンがあったりと開発環境の敷居が下がってコンシューマでもインディー作品が多くなっているのを見ると未来はどうなるかわからない。
昔はどんなに素晴らしいアイディアがあっても技術がなければ作品が作れなかったけれど、その敷居が年々下がってきた今は少しは完成する率が上がるのと思ってるしそうあって欲しいなと思う。しかし、世の中のつまらない大人は令和時代でもなくならないのな。

ところで、ゲームを仕事にするとゲームが嫌になるのでは?という意見をよく耳にするけれど、それは心配ない。自分の知り合いの多くの業界関係者は今でも全員ゲーム好きだし、長年ゲーム作りをしてるという人ばかり。中には業界から離れた人もいるけれど、それは労働条件が合わなかったくらいで、ゲームは相変わらず好きな人ばかり。小学生がこんなブログなんて読んでないだろうけれど(笑)彼らには安心してクリエイターを目指して将来おじさんでも楽しめるゲームを作って欲しいな。
その前に自分がそこまで生きていたらの話だけど(笑)






●Switch版桃鉄、累計200万本セールス達成!
発売直後の勢いから150万本は余裕かな?と思ったらさらに売れて200万本と聞き、正直びっくり!200万本といえば、歴代桃鉄シリーズでもぶっちぎり一位どころか、日本国内における旧ハドソンの歴代タイトルでもぶっちぎり一位!コナミ作品としては『遊⭐︎戯⭐︎王デュエルモンスターズ4』という化け物ソフトがあるから一位になれないけれど、あっちはバージョン違い&特典カード商法だからなあ(爆)




●PS4Pro生産終了
発売から4年以上経ってるハードに対して早くもとは全然思わないし、昔のハードと比較しても、少なくともセガハードの殆どは4年も生産し続けたことはないぞ!(笑)

しかし、PS4Pro生産終了の報に対してごちゃごちゃ文句言う人もいたけれど、この4年の間に買わなかったことは最初から興味なかっただけだろうし、お金がなかったから買えなかった理由ならばお金が貯まる頃にはPS4ソフトが遊べる上位機種のPS5が流通し易くなる頃だろうし、PS5が出たことによってPS4Proが安くなったら買おうと思ったならば、この4年も待てたならばもう少し我慢してPS5が安くなるまで頑張れとしか思えない(笑)





●どうやら3DSソフトも高騰化の流れにあるらしい
ニンテンドーDSに続き3DSも高騰化の流れにあるみたいだけれど、PS4とは違ってこっちは新作ソフトが出なくなったどころか今年で10年も経つクラシックハードだから、市場が縮小と比例して高額化するのは仕方ないよね。


上記のリンク先では『レイマンオリジン』の買取が4000円となってるけれど、定価が2500円である事を考慮すると余裕にプレミア価格。そんなレイマンオリジンだけど発売当時に買いながら未だに未開封どころか、ほぼ同じ内容のPSVita版まで買ったんだよな。
IMG_5763
発売当時、レトロゲーム目的で秋葉原に行ったんだけれども買いたいレトロゲームがなくて、仕方なく発売されたばかりの3DS版を「安いから」というどうしようも無い理由で買ったんだよね(笑)

その次の週も同じ理由で秋葉原でレトロゲーム買えず仕方なく今度はVita版を買ったんだけれど、しばらくしたら大井町駅前のヤマダ電機で新品が500円で売ってたので悔しくなってそれも買ったら、うちにあるレイマンオリジンが都合上3本に…秋葉原に欲しいレトロゲームが売っていればレイマンを買い続ける事がなかったのに!

ええ、Switchでもレイマン買いましたよ…たぶんメガドライブの『ダイナマイトヘッディー』にキャラが似ている(関節部分がないところ)が理由なんだろうなあ(笑)

IMG_5776
正月に行われたGEOのセールでSwitchの『ルイージマンション3』が2980円と聞いてその値段ならばちょっと欲しかったんだけれど、今更パッケージで買うのはなあ…と思って、それよりも1600円以上高い値段でダウンロード版を買ってしまった(汗)

しかし、SNSとかで見ると、今回のGEOセールで50本以上買ったという報告を相次いで見かけるので、よくそれだけ買いたいゲームがあるなと思ってしまう。自分なんてセールの対象になりそうなタイトルの多くは発売日にほぼ定価で買ってるのにな(笑)


ゲームプレイの方は、先月からチマチマと遊んでいたSwitch版『ドラゴンクエストヒーローズI・II』のIの部分を先日クリア。
IMG_5777
奇しくもクリアしたのがドラクエの生みの親である堀井雄二氏の誕生日と同じ1/6!
ちなみにクリアに掛かった時間は46時間ほど。
FullSizeRender
正月の間は一日に10時間以上遊ぶほど熱中してたんだけれど、やはりドラクエのキャラと世界観の中で遊べるとなると、それが本編のRPGじゃなく、スピンオフのアクションゲームであってものめり込み度が違う。シリーズの曲がアレンジして採用してるのも良かった(もっともこれは新曲がないという裏返しだけれど個人的には気にならなかった)。
同じコーエーテクモゲームスの無双アクションである『ゼルダ無双 厄災の黙示録』と比べると遊びにくい部分があるけれど(特に特定の敵をカメラで追う機能がない等)、ドラクエヒーローズI・IIは4年近く前の作品だし、その4年近くの間に進化してきたともいえそう。
ゲームバランスもゼルダ無双と比べて大味な部分も感じられる気がしたけれど、プレイヤー層が広いドラクエという題材を使ってる事を考慮すればむしろ正解かも知れない。ただ、フレームレートが安定しないのか携帯モードだとたまに動きがガクつくような感じがするけれど、携帯モードでどこでも遊べるという利点の前では些細な問題だな。読み込み時間の長さは最後まで気になったけれど(汗)

そして今はII部分をはじめてるところだけど、Switchに大型の新作が出る前にクリアできればいいなあ。




●SNES版ストZERO2で真豪鬼が使用可能となるコードを発見
有志の報告によると日本版でもできるとのことだけれど、今まで公式からアナウンスされなかったのは記事にあるようにデバッグが完全にできなかったのもありそう。ただ、四半世紀も前のゲームに新たなる発見があると、今回のストZERO2みたいに新たな発見があるソフトが今後も出てくる可能性もあるわけで、ロマンを感じるなあ。さっそく試そうとNew3DSのバーチャルコンソール版を持ち出そうとしたけど、そもそもあっちは裏技に必要な2Pが実装されてなかった(笑)


しかし、スーファミ版ストZERO2の評判がマニアに評価低いのはとても残念。スーファミでこれだけのことができると証明した一本だと思っているけれど、この頃は貧弱なハードでどこまで出来るかよりも、完全移植を求める移植警察が出始めた時期だったんだろうなあ。プレステサターン版が先行して発売されたのは痛かったか?

あけましておめでとうございます。
今年も当ブログを宜しくお願いします!

最近は新しい仕事をやり始めたのと、ゲームを消化するので忙しくて(笑)週に一回以上更新できればなと思っております。
しかし、コロナ禍による相次ぐイベント中止でお金が貯まると思いきや、収入もかなり減ったので、先行きは正直不安。オリンピックとか本当にどうなるんだろうか?


先月は『ゼルダ無双 厄災の黙示録』をクリアしたんだけれど、無双ロスが起こってしまい、今は同じコーエーテクモゲームス(オメガフォース)開発の『ドラゴンクエストヒーローズI・II』をプレイ中。
IMG_5745
IMG_5746
現在30時間近くをプレイして、ドラクエIVのピサロを仲間にしたところ。うーん、ピサロってイケメン!


さすが3年半以上昔のゲームだけあって、無双シリーズの最新作であるゼルダ無双厄災の黙示録の後にやると不親切さによる遊びにくさはあるけれど(特に特定の敵を注目する事ができない部分)、お馴染みのキャラや音楽をバックに遊べるのはそれだけでも魅力であり、実家にいるような安心感がある(笑)

基本的に拠点を守りながら敵を一掃するステージが殆どなので単調な部分もあるけれど、それでも数多く出現する敵をまとめて薙ぎ払う爽快感はやっていてクセになる。
Switch版はPS4版と比べてフレームレートが劣ると言われるけれど、携帯モードで手軽に遊べるのは何気に大きいよね。
IMG_5747
ゲストキャラにドラクエVのビアンカとフローラが参戦するけれど、なんと彼女らは結婚前夜にドラクエヒーローズの世界に飛ばされたらしい。つまりドラクエVの中盤。ドラクエヒーローズの世界を救った後に元の世界に戻ったら、ドラクエVの主人公よりも強く逞しくなって、この世界じゃ無双状態だな(笑)

↑このページのトップヘ