IMG_7111
昨日は5年ぶりの真・女神転生ナンバリング最新作の『真・女神転生V』やっているのだけれど、事件の発端が現在のJR品川駅だけに、品川区住みの自分には親近感ありまくりでちょっと嬉しい。
1時間ちょっとしか遊んでないのでまだまだ序盤だけれど、ゲーム開始から最初の戦闘が始まるまでに30〜40分程度と、近年の真・女神転生シリーズとしては序盤の展開がスピーディーなので(つまり東京崩壊が従来より早いタイミング^_^)、このスピーディさが最後まで維持してくれたらなあ…とは思うものの、高難易度で知られる真・女神転生シリーズだからそうはいかないのかも?(汗)



ちなみに真・女神転生V出る前は『ゼルダ無双 厄災の黙示録』をやっていて、有料ダウンロードコンテンツに登場するプルア&ロベリーを仲間にしたばかりのところ。
IMG_7113
早速彼らをMAXレベル100まで上げて使ってみたけれど、二人のキャラクターを同時に操作する特殊性と、彼らの発明品を武器にしたトリッキーな攻撃が面白い。ただ、攻撃力が他のキャラクターと比べて若干低めで、制限時間があるボス連戦バトルはかなり厳しい…
まだ出してないプレイアブルキャラはもう一人いるんだけれど、条件が達成できず困ってる状態…またいつの日か再開しよう。




●Xbox360発のオリジナルSTGがNintendoSwitchへ!

Xbox360で発売され高い評価を得たコンシューマオリジナルのシューティングである『エスカトス』が11/18にNintendo Switchへ。アナウンスから発売まで1ヶ月もないから、正直この発表には驚いた(笑)


シューティング好きの自分は当然発売日に買うんだけれど、一番注目しているのが、かつてワンダースワンカラー用として発売された『ジャッジメントシルバーソード』が本作に収録されていること。IMG_7112
実はジャッジメントシルバーソードの為にスワンクリスタルを買うほどのお気に入りのタイトルだったりする。
自分からすればシューティングゲームとしては難しいものの(汗)、プレイ中に獲得したスコアのトータルで得られる様々な特典のおかげで設定次第ではそこそこの腕前のプレイヤーでも充分に楽しめるし、一定のスコアで使える新機体はゲームが別物になるほどの性能だし、全30面と長丁場に思えるステージ数も各ステージが短めでテンポ良く進む携帯ハード向け作品らしい手軽さが素晴らしい。

オリジナルのワンダースワンカラー版は、実機で遊ぶと当時の液晶特有の残像のせいでまともに遊べず、TFT液晶採用でその欠点が解消されたスワンクリスタルをこのゲームの為に買ったんだけれど、今となってはバックライトがない携帯ハードを今の世の中で遊ぶのはかなり厳しいので、今回のSwitch版の発売でようやく処分できそう。いや、処分しても後悔がないほどのクオリティをSwitch版に期待する!(笑)


Switchシューティングといえば、ファミ通今週号読んで知ったんだけど、イルベロの最新作も同日11/18に出るんだね。ニンテンドーeショップではまだ未登録(11/11現在)だったから気づかなかったヨ。
IMG_7117
こっちは見送る予定だけれど、ステージ数が100って凄いボリュームだな。クリアまでの平均クリア時間が30時間なんてスーファミ時代のRPG一本分のボリュームじゃん。今のシューティングゲームってこれくらいのボリュームじゃないとフルプライスで売るのは難しいんだろうなあ。




●本日(11/12)はG&Wゼルダの伝説の発売日
…と言いながら予約し忘れた!(笑)
ま、G&Wスーパーマリオみたいな期間限定生産でもないし慌てる必要はないか。

ゼルダの伝説といえば、ヤフオクで欧州版ゲームボーイアドバンスSPのゼルダエディション(ゼルダの伝説ふしぎのぼうし同梱)が落札されたんだけれど、
FullSizeRender
落札価格は驚きの15万円!
…と言いたいのだけれど、欧州のレトロハード事情を全く知らないので、これが妥当なのかなあ。
しかし、ゲームボーイアドバンスSPとはじめとした充電池内蔵ハードは未使用だと劣化する一方なので、この手のレアハードは未使用で残すか、それとも永く完動状態を維持させる為に定期的に通電させるか悩ましいところ。





●11/11はプレイステーション3の発売15周年でした
IMG_7119
今でもネタにされてる
「物を売るってレベルじゃねえぞ」
を知ってる人も今じゃそれなり以上の中年か高齢者だもんな、月日が経つのは早い(笑)

元の定価も、初期型は約6万円(60GBモデル)と今から思えばかなり高額だったけれど、当時はコロナ禍や東日本大震災が起きる前どころか、かのリーマンショック前の発売だけあって、この値段でも売れると思って付けたと思うと、あの頃の日本は景気が良かったんだろうなあ。
PS3生みの親である久多良木さんもこのPS3の価格に「安すぎたかも」と自信に満ちた発言をしてたけれど、今同じことを言ったら炎上しそう(汗)

個人的には、当時でも「下位互換要らないから安くしろ!」と思ったけどね。過去の財産を受け継ぐ為だけに価格が高くなるのは前代未聞じゃん。どっちかというと、Blu-rayビデオ対応のハードとして4万くらいならば妥当かなと思ったけれど。

しかし、上の画像見るとプレステ3の当時の転売価格が19万円だったそうだけれど、15年経った今、プレステ5の転売価格もこれほどじゃないにせよ高額で取引されてるのを見ると、転売ヤー対策は本当に難しいんだなと実感する。販売店も色々対策してるとはいえ、そのコストを考えると新ハードの販売は割りに合わないよね。

メガドライブ末期の名作アクションシューティング『エイリアンソルジャー』の開発バージョンにはボスとの会話シーンがあった!?

という事で、最近になって商品版のロム内で発見されたという隠し仕様についての動画だけれど、本来の仕様ではプレイヤーに物語を伝えるテキストがオープニングデモしか表示されないため、説明書やBEEP!メガドライブやPS2セガエイジス2500版の説明書で公開された膨大な設定が一切明かされることなくエンディングを迎える事になるので、もしかしたらその補完の意味でこの会話シーンを入れようとしたのかも知れない。

ところで敵ボスは主人公のことをイプシロン2ndじゃなくてエイリアンソルジャーと呼んでいるんだな。これは初耳。しかし、会話シーン入れると硬派なゲームがB級っぽい雰囲気になるな。

そしてもう一つ。ステージの区切りにテキストが表示される動画。
動画のテキストを読んだ感じ、取り敢えず試験的に入れたとしか思えないゲームの流れとは無関係な適当な内容だけれど、もしこれが物語に沿ったテキストならばこれで主人公の目的や展開が見えてきた感がある。
ただ、実際にゲームを最後まで通しでクリアしたプレイヤーなら理解して頂けると思うけれど、本作はハイスピードでゲームが進んでいく爽快感あるゲーム。この動画を見るとそのテンポが会話シーンで途切れてしまってるのを見ると、この演出を無くしたのは結果的に正解かも知れない。たぶんだけれど、オープニングデモやあの膨大な資料を見る限りだと会話シーンがあってもサッパリだと思うぞよ(汗)

最後に同じくロム内にある未使用ボス動画。

発売前の専門誌でも紹介された為見た覚えはあるユーザーはいるかと思うけれど、まさかこれがロム内に存在してた事に感動。動きも多間接キャラらしくユニークだけれど、本来の13面ボスである蛾型ボスに比べるとビジュアルや動きに中盤ボスらしいインパクトが弱い気がするので結果的にこれで良かったのかも知れない。元々エイリアンソルジャーはボス100連発のゲームだったと知られているけれど、おそらくこんな感じで多数のボスを作ったものの、その多くのボスがエイリアンソルジャーとしてのクオリティには達成しなかった…というのが実情で、本当の意味での完成形は今の商品版なんだろうね。ボス水増しだらけのゲームだったら今のような評価はされないだろうし。



なおこれら仕様の表示方法は動画の説明文に記載されてるので、特に未使用ボスについては当時情報を追ってたユーザーならば感動の対面とも言えるので、見れる環境のある方は是非。





●Switch版パノラマコットン
一面を遊んでいるうちは完全移植だと思ってたんだけれど、ステージを進んでいくうちに違和感が出てきて、2面の時点で
「このステージ、オブジェクトが配置されてなくてこんなにスッカスカだっけ?」
と疑問に思うようになってきたんだけれど、やはりというか海外でも同じく疑問に思うプレイヤーがいたようで、実機との比較動画が上がってた。
これを見ると記憶の通り本来オブジェクトがあるところが排除されたところか、一度に出現する敵の数も少ない。
オリジナルとなるメガドライブ版はメガドライブ末期に出たタイトルだけあってハードの限界までフル稼働させたようなゲームだったけれど、エミュではそこまで再現できなかったことなんだろうな。

…こうなってくると11/12配信の『ジノーグ』は大丈夫なのか気になってくる(汗)

流石にMD互換機用カートリッジ版パノラマコットンならばエミュじゃないから大丈夫とは思うけれど、せっかく現行機で手軽に遊べると思ってただけに残念。アップデートとかされないかしら?

11/2はタイツの日だったらしいけれど、それとは関係なく数日前からやってたタイツを題材にしたパズルゲーム『あそぶタイツ パズルレッスン』をCG&アニメムービーをコンプリートするまでずっと遊んでた。
IMG_7090
パズドラみたいに隣接したブロック(?)を移し替えて、同色のブロックを縦横一列に3個以上並べて消していき、決められたノルマをクリアするとレベルアップ。なおゲームは制限時間制で、ブロックを消したりレベルクリアすると残り時間が一定数回復し、無くなるとゲームオーバー。
ゲームオーバー時に貰えるポイントを交換することでCGが、今まで獲得したポイントの累計でムービーが手に入る。
IMG_7091
正直面白いかどうか微妙なんだけれど、ゲーム自体がシンプルなのと、ご褒美のムービーの出来が良いからついつい遊んで、コンプリートまで遊んだわけ。
FullSizeRender
コンプリートした今となってはもう遊び気にはなれないけれど、アニメムービーならば繰り返して観てみたいなとは思う。タイツを色っぽく見せる演出はなかなか秀逸だと思うし、一話辺りのボリュームも短めで気楽に観れるし、何より女の子が魅力的。これの為に2000円近い価格を払ったことに後悔しないどころか自分は満足した(笑)





●ジノーグ、Switchに登場
IMG_7089
海外のNintendo Switchでの話だけれど、eショップのcoming soonリストによるとメガドライブの怪作シューティング『ジノーグ』が11/12(日本時間で11/13?)に配信とのこと。

かつてメサイヤがPCエンジンで『超兄貴』を出した時に超兄貴の基になったゲームと一部で話題(再評価)になった事もあるけれど、それを抜きにしてもシューティングゲームとしての出来もさる事ながら、グロテスクながらも異様に描き込まれたグラフィック、マーチ調のBGM、ラスタースクロールを使った5面の斬新な背景処理等、今の目で見ても芸術性の高いクオリティに仕上がってると思う。一周6面構成なので、当時のコンシューマオリジナルシューティングのようにやたら長すぎず、アーケードゲームのように手頃なボリュームなのも良い。当時は弾幕シューティング的な評価を得てたけれど、ケイブシューティングがある今の目で見ると大した事ないな(笑)
ただ、難易度を上げると敵がやたら硬くなるだけで、弾幕シューティング以上に避けシューになってしまうのだけは頂けなかった。

取り敢えず今回のSwitch版ジノーグは海外のみの配信だけれど、前回の『グレイランサー』のように日本でも出てくれると嬉しい。まあ、当然ながら北米Switch版も買うけれど(笑)

ところで北米での配信なのにタイトルが北米版タイトルの『Wings of Wor』ではなく日本&欧州版タイトルでの配信なのが疑問。つまり、日本版にあった一部のステージの曲を長時間鳴らし続けると音がズレだすバグを再現しているのだろうか?ほんのちょっとだけ気になる(笑)

↑このページのトップヘ