スーパーファミコンコレクターとして知られるYoutuberコアラさんの動画でレトロゲーム高騰化について語られているけれど、納得感がある内容だったので紹介。


中古レトロゲームの価格について
「●年前は安く買えたのに!」
という意見はTwitter上でよく見るけれど、それを言う人はほぼ中年層という印象で、ここ数年コアラさんのようなYoutuberの影響で集め始めた若いコレクターとなると比較するべき過去の相場を知らないから躊躇せずに買える…というのがコアラさんと同じ感想。

車で例えれば、ハチロクやFDといった旧車が数十年前は数十万で買えていたのに、今では高騰して数百万円もするのにも関わらず若者が買っているようなもの。おじさんの感覚だと、安い時代を知ってると買い難いのと、それくらいの値段を出すならば新車買う方が性能が良いし乗り易いのに、敢えて過去に数十万円で買えてた車を高額で買う理由は憧れ以外では見つからない(もし他にあったらゴメン)。

当時を知る者は過去からの相場の流れを知っている事もあり、この高騰化は一時期的なもので、しばらくしたら値段が落ち着くだろうと期待したりするけれど、若者にとって今の高い相場が基準だから躊躇せず買えてしまう…というのはレトロゲームや車に限らず、今のビンテージコレクター界はそんな感じがする。
これだけ高いと若者にレトロゲーム買う機会が失ってしまうと言われてるけれど、稼いだお金を自由に使えるという意味では若者は有利だし、むしろ家賃やらローンやら生活費やら車の維持費やら子供の養育費やら接待交際費等の支払いでレトロゲーム購入どころじゃないおっさんに対する牽制に見えてしまう(汗)

あとメルカリでの価格設定が駿河屋の相場が基準になってしまう話も確かに納得。レトロゲームのタイトルをネット検索をかければ大体トップ近くに引っ掛かるから、相場を知らない人は取り敢えず駿河屋価格を基準に価格設定してしまう気持ちはわかる。それが結果的に全国的な相場として知られるようになると。検索に引っ掛かり安いという事は、ネット通販で買う時も駿河屋を選ぶ人も多いだろうけれど、買う身になると状態はギャンブルだし、しかも発送まで時間が掛かるから、今は買取以外では利用してない。そもそも自分はレトロゲーム自体を買ってないのだが(笑)






● グリムグリモア Once More、7/28発売
IMG_7709
Switch版『十三機兵防衛圏』を購入したタイミングで同じヴァニラウェア開発の『グリムグリモア』(販売元は日本一ソフトウェア)のリマスター化が発表されるとは…。しかも発売は7/28だし、ヴァニラウェアはどんだけのラインを同時に走らせているんだろう?
買うかどうかは未定だけれど、オリジナルのPS2版は未プレイなのでチェックだけはしておこう。

いつになったらタイトルが追加されるんだろう?


と思ってた『カプコンアーケードスタジアム』だけれど、プロジェクトを改めて『カプコンアーケード2ndスタジアム』として発売決定!
しかも無料で『ソンソン』が収録されるという太っ腹さ!(前回は1943が無料収録)
今のところ単品販売タイトルは今のところ『ワンダー3』だけれど、前回未収録だった恒例のカプコンクラシックゲームが幾ついああるので続報が楽しみ。取り敢えず『ガンスモーク』『エグゼドエグゼス』は欲しいよね。

そういえば、今回のワンダー3が「タイトルが同じだから」という理由で著作権表記に手塚プロダクションの名前が表記されてるけれど、同社の『ロストワールド』といい、当時のカプコンスタッフは手塚治虫大好き過ぎでしょ!

…というのを何ヶ月か前に開催されたカプコン&手塚治虫のコラボイベントを見てそう思ったっけ。

しかし、この手の話を見るたびにカプコンって商標を考えずに命名するのが苦手な会社とも見えてしまうよね。海外における『バイオハザード』のタイトルもそうだけれど(汗)

そういえば前回のカプコンアーケードスタジアムではコンシューマ初移植となる『プロギアの嵐』収録が(ケイブ開発タイトルだけに)一部で話題になったという点でサプライズに近いインパクトがあったけれど、今回もそんな意外性のあるタイトルが収録されるといいなあ。






● 「昔ほどゲームに熱中できない」元ゲーマーが「卒業」したきっかけとは?

この手の話は毎度出てるけれど、社会人になったり家族を持つようになれば自分の時間が確保できなくなるほど忙しくなって、ゲームに限らず趣味に手を出すのが億劫になりがち。

自分もゲームから離れた時期はなかったにせよ、社会人になったばかりのドリキャス末期〜プレステ2(初代Xboxも?)辺りはまとめてゲームをする時間が確保できず、RPGをプレイする本数も激減したっけ。この時期辺りからRPGの平均クリアタイムが50時間オーバーになったりと、ボリューム化が半端じゃなくなった時期でもあるんだよね。そりゃ億劫になるよ。

Twitterを見ると「仕事(もしくは結婚)でゲームどころじゃないから」といってゲームを処分したけれど、今じゃ後悔して当時手放したゲームを買い戻してるおじさん達のツィートを割と見掛けるけれど、どんなに仕事で忙しくてもゲーム好きであることを忘れずに正常にいられたと思ってしまう。
裏を返せば社会人的に進歩がない人生を歩んでいる証拠でもあるのだけれど(汗)、全ての何よりもゲームを第一優先として生きてきた自分には、ゲームやってる自分が一番幸せなんだなと開き直っている(笑)

以前、駿河屋でレトロゲームの箱や説明書のみの買取が開始された事が一部レトロゲームファンの間で話題になったけれど、先日Twitterで

「りばーすきっず(任天堂非ライセンスのスーファミソフト)の箱のみの買い取りが一万円」

というツィートを見かけ、幾ら何でも嘘だろう駿河屋の(当時の)サイトを確認したら本当だった!

実は3年くらい前に秋葉原の家電のケンちゃんで『りばーすきっず』の箱だけを一枚300円、それを3枚(1人3枚までの購入制限があった)買ったんだよね。
IMG_7675
その時は珍しい物を売ってるな、と思って何気なく買っただけだったので、そんな経緯で買ったパッケージがそこまで高くなるとは思えないじゃないですか!

実際にその値段で売れるか気になって気になって仕方なかったので、駿河屋のその情報を知った数日後の日曜日、買取コーナーで査定してもらったら…
FullSizeRender
本当に一万円で売れました!


どっかのマニアショップみたいに見えない傷(?)があるとかイチャモン言われて査定額を下げられる事なく買い取ってくれるのは、売る側としては嬉しいね。

それはそうと買取レシートに個人情報が載るのな、駿河屋って(笑)
そう、自分は44歳のサラリーマンなんですよ!(意外すらない)

買取担当スタッフはまだレトロゲームの箱説だけの買取が行ってることを周知してなかったのか、査定に戸惑ってる様子だったけれど(なんと買取担当スタッフはこれがスーファミソフトのパッケージという事さえ知らなかった!)、その様子だと贋作がもし買取に来たら大変な事になりそうな気がする。カートリッジ以上に判別が難しい贋作が作られそうだけにね。むしろこの手のジャンルの買取は専門のマニアが多く在籍しているまんだらけこそが向いてると思うんだけどなあ。

しばらくしたら在庫過多で買取価格が下がりそうな感じ。下手なレアソフトのパッケージの買取よりも高いしね。

ところで買取コーナーで待ってる間、炊飯器の査定をしてもらっているお客さんが居たけれど、駿河屋って家電も取り扱ってたのね。ハードオフを狙ってるのか、もうなんでもありだなあ。






●秋葉原ブックオフで3DSガチャ
IMG_7706
お金に余裕ができたので運試しで3DSガチャ(300円)をやったら、黒カプセルの当たりが出て、中身は『ポケットモンスターウルトラムーン』だった。ケースなしとはいえ、中古でもそれなりの値段をするこれが300円で当たるなんてちょっと嬉しい。

↑このページのトップヘ