IMG_6994
Nintendo Switchの『究極タイガーヘリ』のあらかじめダウンロードが開始されたと聞いて早速購入したけれど、ダウンロードと同時に購入特典『洗脳ゲーム TEKI・PAKI』もダウンロードされるのね。つまりパッケージ版とは違ってダウンロードコードによる配布じゃないから、誰かにあげるということはできないというわけね。まあパッケージ版なんて買う予定もないけれど。
もちろん『ゲットスター』等が遊べる有料ダウンロードコンテンツも購入。FullSizeRender

28日の発売が楽しみだ。





●次週(10/28)アーケードアーカイブスはスカイキッド
IMG_6995
え?Switch版『ナムコミュージアム』にはすでに収録済みのスカイキッドをアケアカでも出すの?
と思ったらPS4では初移植になる…のか…?
ちなみに今回もラリーX同様、あくまで無印スカイキッドの配信で、DXバージョンは未収録…らしい。単体でも十分に魅力あるタイトルだから、シリーズの足元を固めるためにも変に欲張ってシリーズ展開が止まってしまったら悲しいからね。そもそも安価なシリーズだからそこまで文句は言わないか。





●初代PSソフトをコンプしたコレクターに祝福の声
これは偉業だよね。本数の多さもさることながら、資料によっては情報が異なるだけにどんなソフトが発売されてるのか調べるのも難しいし、何よりも集めてる途中で相場が上がったタイトルも相当数あるだろうから本当に凄い。


自分がゲームコレクターとしては三流以下というのもあって普通に凄いことだとは思うんだけれども、中には「廉価(ベスト)版まで揃えてないのは認めない」「特殊販売系ソフトはあるのか?」「(帯含む)付属品まで揃えてこそコンプリートだろう」といった意見を見かけて残念に思うんだよね。たぶんだけれど、そういう人はつまらない拘りが邪魔して、実際には口だけでこのコレクターさんほどの足下にも及ばないコレクションしか持ってないのがミエミエ。この程度なら誰でもできると言った意味で批判しているのならば、側から見れば負け惜しみでしかないし、自分から見ればダサいよね。これを機に更なるコレクションの強化をすればいいだけだし、逆に口だけでそこまでいってない人はスタートラインさえ立ててない訳で。まあ、お前も大したことないだろと言われたら反論できないけれど(汗)

ついこの間まで池袋PARCOでカプコンと手塚プロのコラボキャンペーンやってたんだけれど、過去のカプコン作品のポスター原画が見られるということで興味はありながらも残念ながらここ期間は身動き出来なくて行けなかったんだよね。
その展示会だけれども、やはりというか、『ロストワールド』は今では日本でも公式に海外版タイトルでもある『フォゴットンワールド』が正式なタイトルなんだね。
FullSizeRender
思えば手塚治虫作品でも『ロストワールド』があるし、今回のコラボのことを考えるとこれでよかったと思うけれど、同じく『ワンダースリー』の件といい、カプコン社内に手塚治虫ファンがいたんだろうな。そして商標についてそこまで深く考えてもなかったんだろう(笑)

ちなみに自分はアーケード版の存在を当時知らなくメガドライブ版からやってたので、フォゴットンワールドの方がしっくりくる。タイトルロゴのデザインもフォゴットンの方が左右のバランスが良くて見栄えがいいしね。
ああ、こんな素敵な展示会、東京じゃそう滅多にやらないんだろうなあ。


カプコンついでに、先週ゲームショップ行って驚いたんだけれど、Nintendo Switchのパッケージソフト『ロックマンクラシックコレクション1+2』はカートリッジ内にロックマンクラシックコレクション1の内容、つまりロックマンシリーズの1〜6しか収録されてなくて、ロックマンクラシックコレクション2の方はパッケージ内のダウンロード番号を使ってダウンロードする形とのこと。自分はダウンロード版で買ったから、パッケージ版の事なんて知らなかったよ…。
もちろんダウンロード番号未使用であってもダウンロード期間はとっくに過ぎているので今はダウンロードすることはできないんだけれど、何故パッケージソフトなのにユーザーにこんな面倒なことをさせるのかな。

ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』『ファイナルファンタジーX/X-2HDリマスター』のような大容量ロムならば理解できるけれど、本作は昔のゲームの寄せ集めという事もあって容量なんてそこまで大きくないし、ますます意味がわからない。






●次回の題名のない音楽会はすぎやまこういちの音楽会〜そして伝説へ〜
当日の番組の構成を見ると、ドラクエ以外も扱いながらもメインはドラクエといった感じで、それだけ世間に与えたドラクエの影響力の高さを実感する。

現在、『メトロイドドレッド』をやっていて実際のプレイ時間(ゲーム内プレイ時間はもっと少ない)にして4時間ほど遊んでようやくボムを手に入れたところ。メトロイドシリーズは新しい能力を覚えるたびに探索エリアが広がるのが楽しいよね。反面、エリアが広すぎて迷い易い難点もあるけれど。
IMG_6966
IMG_6967
アラフォーおっさんとしてみればアクションゲームとして十分に難しいゲームで、4年前に3DSで発売されたサムスリターンズと同様、ボスが全般的に強くて硬いので、何度かやられながらも進めているところ。ただ、何度も繰り返し挑戦すれば(今のところ)パターン化しやすい調整は相変わらず上手い。

そういえば久々のメトロイド新作とあって、WiiUのバーチャルコンソールでは過去のメトロイドシリーズ(特にゲームボーイアドバンスの2作)のダウンロードランキングが上位だったり、Wii版『メトロイドアザーエム』の中古相場が上がったりと、ドレッド前に復習したいユーザーがいるのか、それともドレッドをきっかけに今まで遊んだ事がないシリーズに挑戦したくなったユーザーがいるのか、ドレッドの発売による過去作への相乗効果がすごい。
また、ゲームジャンルとしてのメトロイドヴァニア好きの人がメトロイドドレッドが初のメトロイドシリーズだという若者の話を聞くと、それだけシリーズの空白期間が長かったんだなと実感してしまう。

さて最後まで投げ出さずにクリアできるか?





●SwitchOnline+追加パック
10/26より配信開始で、個人プランで12ヶ月4900円。1ヶ月あたり500円も掛からないから個人的には安いと思う。

最近は新作ばかりでレトロゲームは滅多に遊ばないけれど、たまに遊びたくなった時に実機を出すのは面倒なので、楽に遊べる手数料と思えば高くないと思っている。後は今後の追加ラインナップ次第かな。

↑このページのトップヘ