IMG_6416
発売日に買って3年以上放置してたガルチ開発の縦スクロールシューティングー『RXN-雷神-』を頑張ってエンディングまでやってみた。

現在では999円で買える本作だけれど、発売当初は4212円。しかも発売して直ぐに999円に価格改定されたので当時はそれなりに悔しかったんだよね。

FullSizeRender
いや、面白ければ4212円でも一向に構わないのだけれど、実際のところ999円でさえ微妙な出来で、買ったはいいものの、買った当時は序盤で投げ出してしまったんだよね。

先週、手持ちにある途中で挫折したSwitchソフトの中から数時間でクリアできそうなゲームを適当にピックアップしてみて久々にやってみたくなったのがなぜかこのRXNだったので、最後まで頑張ることに…シューティングゲームながらもレベル制を採用しているから、取り敢えずレベルさえ上げればなんとかクリアできるだろうと、甘い考えで再プレイ。
IMG_6418
本作は所謂縦スクロールシューティングではあるものの、一般のアーケードスタイルのシューティングのように各ステージを連続して攻略するのではなく、ステージ開始毎に操作する自機と攻略するステージを選ぶ選択制で、セーブはステージクリア毎にオートセーブし、一度クリアしたステージは何度でも挑戦が可能。

レベル制を採用し、同じステージを何度も攻略できる事とは、つまり敵の硬さで詰まったら前のステージに戻ってレベル稼ぎ…という流れで進むので、ゲームのテンポはあまり良くないどころか、レベルを上げることを前提としたバランスなのが気になる。
レベルを上げないと敵がボスどころかザコでさえ破壊するのがやっとの強固さで、まともに敵を倒せないままステージクリアする事もザラ。そう思うと同じレベル制を採用したトレジャーの『レイディアントシルバーガン』は良くできてたなあ、あっちも当時は全然売れなかったけれど(汗)

せめての救いは、各ステージが短いので繰り返し同じステージに挑戦するのがそこまで苦痛じゃないこと。裏を返せば、単調で短いステージを32ステージ以上、しかも背景が似たようなステージを何度も何度も遊ばされるのは、やっていてかなり苦痛。FullSizeRender

3時間強ほどプレイしてレベルを最大の99まで上げてラスボスを撃破したけれど、結局最後まで遊んでシューティングとして面白い要素が皆無だった…とてもじゃないけれど4212円どころか999円でさえ売るゲームじゃない。

キャラクターやメカデザインはいいし、音楽はいいし(しかもオープニングは古代祐三氏が担当!)、アニメでお馴染みの豪華声優陣もすごいけれど、素材は良くても調理する人のセンスの悪さで全てを台無しにしてしまった感じ。
正直、Switchにはダメなインディーシューティングは腐るほどあるけれど、自分の中では4212円で買ってしまったことによってダメージが最も深刻なゲームになってしまった。ガルチといったらシューティングゲームを得意とするメーカーというイメージだったんだけれどなあ。
そういや昔、「サンダーフォースVIにガルチが関わっていた」というデマが流れていた事もあったけれど、その真相(単なるデマだった)はさておき、サンダーフォースVIの方が比較にならないくらい面白いのが正直なところ。

そういえばなぜ発売日に買いながら買って直ぐにやめたのか、改めて発売日を見て思い出した。そりゃ同時期に任天堂の超大作SF・RPG『ゼノブレイド2』が出てたら、そっちを優先するよね。まあゼノブレイド2なくとも結果は同じだろうけれど(汗)





●ホーギーヒューSwitch版
IMG_6421
Nintendo Switch用インディーシューティング繋がりで。
クラウドファンディング開始から発売(2021年6月)まで結構待たされた気がするけれど、調べてみたら支援したのが2019年10月だったから、発表から発売まで一年半以上待たされたのか。今どきのシューティングってこれだけ開発に時間が掛かるんだね。

遊んでみた感じ、敵の配置や編隊、ステージ構成やギミック等、コナミのグラディウスシリーズを意識したような横スクロールシューティングといったところ。ただ、パワーアップは道中にあるショップで購入できたり、緊急回避用としてナムコのスカイキッドのように宙返りができたりと、アクションゲームっぽい独自の要素あり。

本当は少なくとも最終面まで到達できたら感想を書こうと思ったけれど、難易度の高さもさる事ながら、あまり遊べてない事もあって未だ2面までしか攻略できておらず、今は開き直って少しづつ攻略するつもり。
緊急回避の宙返りの使いどころが重要なんだろうけれど、宙返りの挙動が癖があるのと連続して使えないので、パターンを覚えるしかなさそう。あと今どきのシューティングでミスるとパワーアップが没収なのも辛いよね。そこも含めて古き良きコナミシューティングのインスパイアなんだろうな。

しかし、待たせたことがあるだけの出来かはともかくとして、2200円でこのクオリティならば満足度高いし、この価格帯でアーケードスタイルの新作シューティングが今後も出てくれると有り難い。Switchはそんなインディーゲームが多いから素晴らしいハードだよね。