IMG_6917
昨日は待ちに待った久々のメトロイド最新作『メトロイド ドレッド』の発売日だったんだけれど、その前日には名作と誉れ高い『ドキドキ文芸部プラス!』の発売日だったのでつい買ってしまった。同日発売で同じノベルゲームの『雨音スイッチ』と一緒に(笑)

ドキドキ文芸部は元がPCゲームだという事以外どんな話のゲームだか一切知らなくて、コンシューマ版の発表時に「恋愛ノベルゲームと思って遊んだらトラウマになるレベル」とまで言われたら気になって仕方ない。そう言われたら買うしかないだろうと(笑)


ところで、今週(10/7発売)のファミ通は凄いよね。
期待の大作メトロイドドレッドの発売週なのにも関わらずファミ通の表紙を飾るのはドキドキ文芸部プラス!。ファミ通ほどの大手ゲーム雑誌でもこの扱いじゃ相当凄いゲームなんだろうなと期待しちゃうじゃないか!(笑)


やばい。今やりたい新作が2本も重なってしまったぜ…




●来週(10/14)配信のアーケードアーカイブス
IMG_6918
今週配信の『源平討魔伝』に続き、今度もナムコ作品の『ラリーX』。
80年代前半のクラシックナムコとしてはコンシューマへの移植例が比較的少ないタイトルで、レトロゲーム専門ゲーセンに置いてあってもBGMに印象があるニューバージョンである『NEWラリーX』の方だったりして、初代はレアなんじゃないかなと思ったりする。まあ初代は難しくてすぐにニューバージョンが出るという事は、当時でも不評だった事とも言えるから、移植が恵まれなかったんだろうなあ。ファミコンにも移植されなかった事もあって、クラスメイトで知ってる人も皆無だった。

今後のアーケードアーカイブスのラインナップだけれど、10月配信タイトルは全てナムコ作品とのこと。一週目は源平討魔伝、二週目はラリーXと、近年のナムコミュージアム等でも滅多に収録されないような絶妙なラインナップが嬉しい。出来れば90年代ナムコまで頑張って欲しい。





●アーケード1UPシリーズにリッジレーサー登場
ベクタースキャンタイトル収録でも十分に驚いたアーケード1UPシリーズだけれど、今度はポリゴンゲーム、しかもそのポリゴンに日本ではほぼ初めてテクスチャを貼ったゲームの『リッジレーサー』がラインナップするとは、このシリーズの勢いは凄いよね。しかもリッジ2、レイジレーサー等全部で5タイトル収録だから、もし日本国内販売がなくても高額な郵送費を払ってまで買う人が出てきそうな予感。







●クライシス・ウイング遂にクリア
IMG_6919
達人王のオマージュ作品として発売前から話題になってたSwitchの『クライシス・ウイング』だけれど、かなりの数のコンティニューをこなして遂にクリア。
ラスボスはケイブシューのラスボスみたいな攻撃を仕掛けてくるから避けが難しく(しかもアナログスティックで操作しなければいけない!)、ラスボスまで残機を残してボンバーゴリ押しプレイという軟弱戦法で倒せたんだけれど、シューティングが下手な自分としてはよく頑張ったと思う。
ようやく見てたエンディング…ラスボスを倒したら「COMPLETED!」の文字が表示され、スタッフロールもエンディングメッセージも一切無く、そのまま敵の撃ち返しがある2周目が始まる展開で、ここまで『達人王』を意識しなくてもいいじゃん!と思った(笑)