IMG_7150

日本テレネットのメガドライブ参入第一弾ソフトの横スクロールシューティング『ガイアレス』がメガドラ互換機対応ROMカートリッジとして復刻!


…というのは海外での話なんだけれど、ガイアレス自体、オリジナルの仕様は本体のリージョンによって日本語テキストになったり英語テキストになったりするので日本のユーザーも安心!(あくまでオリジナルと同じ仕様ならばの話)
ただ、このガイアレスは明らかに開発途中で発売された形跡が目立つソフトで、敵の武装を吸収して自身の武器にする斬新なシステム、綺麗なグラフィック、プレイヤーを飽きさせない目まぐるしく展開するステージ構成、画面一杯に表示される巨体なボスキャラ達、トータル10分以上に及ぶ美しいビジュアルシーン等、その超一級の素材を台無しにするようなまともに遊ぶ事さえ困難なゲームバランスが極悪で、正直未だにクリアしたことがない…。きちんとテストプレイして調整されてたら名作と言われたろうに色々勿体ないゲームだった。テレネット作品全般に言えるんだけど。
そんな微妙なゲームがまさか復刻されるとは夢にも思わなかった。おそらくオリジナルの仕様のままの復刻だろうけれど、万が一再調整されたバージョンならば是非とも買いたい。まあそれは絶対あり得ないだろうなあ。

ところで復刻版ガイアレスには特典として北米版ガイアレスに登場した人物へのインタビューが掲載された冊子が付くとのこと。そこは開発者インタビューだろ!と思ったけれど、そんなの付けたら炎上しそうだよなあ。聞くところによると、プログラマが逃げたり、納期が短すぎて曲を1日で完成させなければいけなかったり、テレネットは当時上場したばかりで銀行への印象をよくする為に未完成でも強引に発売をさせられたとか、如何にも当時のブラックなゲーム業界の裏話的なエピソードばかりだけれど真相は永遠に明かされないんだろうなあ(汗)





●Switch版怒首領蜂大復活
IMG_7153
11/25配信。Live Wireがニンテンドーダイレクトで発表したケイブシューティングはこれでタイトル揃ったけれど、更なる続報を待ちたいよね。個人的に初代『エスプガルーダ』熱望!




●幼稚園付録はウルトラクイズコラボグッズ

ゲームとは関係ない話題だけれど、園児向け雑誌『幼稚園』の付録『アメリカ横断ウルトラクイズコラボウルトラハット』について。
一応ウルトラクイズは建前上1998年で終了にはなっているけれど、実質は年一回放映してた頃の1992年で終了したようなもので、既に29年前の話。
29年前だと、当時の視聴者で、しかもそれを人気番組として意識して毎年観てた層は現在は若くても40〜四十代半ばくらいだとは思うけれど(それよりも若いと物心付く前か、名前を知ってる程度の認識でどんな内容までは覚えてない)、とてもじゃないけれど園児を子に持つ親の年齢としては若干ズレてるよね。親が子供にウルトラクイズの遊び方を教えようとしても番組を観てないから教えられない、みたいな。数年ぶりに復活した98年版を観てた視聴者も、基本的には当時を懐かしむ視聴者が多かったろうし(ちなみに自分は見なかった)。
そういえば昔、園児向け雑誌は孫へのプレゼントとして買う年配者も多いと聞いたので(実際に自分も過去に母親が入院した時に小学館の雑誌をお婆ちゃんに買ってもらった記憶もある)、こんな感じで大昔のコンテンツが未来の子供達に引き継がれていくと、それはそれで良いかも知れない。遥か未来にこの付録がきっかけでウルトラクイズが復活させようとする当時のちびっ子が出現するかも知れないし、おっさんホイホイ・お爺ちゃんホイホイ付録もそう悪くないよね。