ニンテンドー3DSのeショップが終了するという事で、今まで買ったダウンロードソフトを確認すべく「メインで使ってない方の」旧3DSのホーム画面をチェックして見たんだけれど、購入した自分でも驚いたのがこちら。
IMG_7457
IMG_7458
IMG_7459
IMG_7463
なんと!アークシステムワークスのタイトルだけで49タイトル!!
今となっては何でこんなに買ったのか記憶に無いんだけれど、多分100円か200円のセールの時にまとめ買いをしたんだろうなあ。
これでも全てのアークシステムワークス作品は買い切れてないので、いかに同社は3DSダウンロード専売ソフトに力を入れてたかわかるけれど、まさか自分が忘れてたところでアークシステムワークス作品を押さえてたとは凄えな。

ちなみに3DSシリーズはホーム画面に300個までのアイコンしか作れないので、この3DSはアークシステムワークス作品だけで全体の1/6使ったことになる(笑)


アークシステムワークス並みにダウンロード専売タイトルが多いスカイハイワークスより、やたらタイトル数が多いプチノベルシリーズは全13タイトル購入済み。キャラクターが好みだったから買ったもののどれも一度も起動さえしてない(汗)
IMG_7469

同じくスカイハイワークスより、不思議な生き物クターが主役のシリーズ。
IMG_7468
こちらは10タイトルを購入したけれど、どんなゲームか内容を知らないまま購入し、知らないまま数年経ってしまった…


3DSではそこそこダウンロード専売ソフトを出してたポイソフトはこんな感じ。
IMG_7471
漢字一字だけのアイコンが目を引くよね(笑)


他にもシンプルシリーズで有名なD3パブリッシャーやテヨンジャパン、スターサインといった、主にダウンロード専売ソフトを中心に販売をしてきたメーカーのタイトルも幾つか買ってるけれど、ダウンロードした本体を掘り出すのが面倒なので今回はここまで。


Twitterではバーチャルコンソールに注目が多い反面、3DSダウンロード専売ソフトの方はあまり注目されてない気がして記事にしたけれど、実際のところ買うだけ買っていても、やってないタイトルが殆どなので、ゲーム内容について語れないのは申し訳ない。裏を返せば、大手メーカーのパッケージソフトが面白くて満足してしまったのが大きいんだろうなあ。