先週Nintendo Switchで配信されたアーケードアーカイブスの『エンパイアシティ:1931』なんだけれど、自分の記憶の中ではずっとタイトーのゲームだったので、タイトル画面のメーカー表記がアケアカ版ではどうなってるのか気になってたんだよね。

その答えはこちら。
IMG_7641
え!?メーカー表記がどこにもない!?

昔、秋葉原のナツゲーミュージアムで遊んだ時は確かにタイトー表記だったはずが、アケアカ版ではそもそもメーカー表記自体がない!

エンパイアシティ自体が海外向け等で幾つかバージョンが存在すると聞くけれど、今回のアケアカ版はそのバージョン違いなのか、それとも今回の配信でタイトル画面を修正したものなのか、ちょっと気になる。普通に考えてタイトル画面にメーカー表記がないのは不自然だもんな。

そうそう、アケアカ版の移植度に関しては自分には違いわからん!(笑)



アケアカ繋がりで先日『ドラゴンバスター』に修正パッチが配信されたんだけれど、早速起動してみて直ぐに違いがわかった。
IMG_7640
ジャンプボタンが追加されてる!

つまりファミコン版と同様にボタン押しでジャンプできるということ。ファミコン版で慣れていたので、正直レバーでのジャンプは自分には難しいんだよね。
IMG_7639
そんなわけでファミコン版に近いボタン設定にしてみた。

実際にボタンジャンプ設定でやってみるとすごく遊び易くなったんだけれど、ジャンプの起動があくまでアーケード版基準なので、2段ジャンプの時の斜め上ジャンプがファミコン版のように操作できず、下突きが上手くいかない…。
IMG_7642
そんなわけで、ジャンプボタン追加されても思うように操作できないならば最初からファミコン版(ナムコットコレクション収録)やればいいじゃん!
という結果になってしまった(汗)