先週末、秋葉原に行った時に家庭用ハードと周辺機器のジャンク品目的でワールドモバイル(あの有名なメディアランドの跡地!)寄ったんだけれど、なんの情報も持たずに行ったらナントNintendo Switch  Liteと Switch用プロコンのジャンク品のセールが行われてるじゃないですか!

 Switchは携帯モードで遊んでるからプロコンは不要としても、いつも愛用している Switch  Liteは気になる!

という事で買ってきました Switch Liteを!
IMG_8050
IMG_8051
本体はショーケースに入ってたんだけれど、商品を確認するのはOKとの事で、複数あった在庫から起動チェック、液晶のキズの有無、アナログスティックの状態等をじっくりと確認して、その中でジャンクとは思えない良品を見つけたので迷わず購入。
ACアダプターやパッケージなしとはいえ、これで税込11000円は安い。どっかのフリマアプリなんて起動しない本体でさえ一万円近くする事を思えば圧倒的に安い(笑)


早速、買ったばかりの液晶フィルムを貼ったり、手元にある使わなくなった512GBのmicroSDカードを装着して、いつでも遊べる状態に。
IMG_8052
いや、本当にとてもジャンク扱いとは思えない綺麗さにうっとり。
IMG_8056
それにしても Switch Liteもだいぶ集まってきたな。現行機の間にここまで複数の本体を揃えたのってニンテンドー3DS(New 3DS以前)以来。本体のカラーリングといい、女性向けっぽい明るい配色がいいよね。





●レンダリングレンジャー復刻!
スーパーファミコンのプレミアソフトとして有名な『レンダリングレンジャー』だけれど、PS4、PS5、Switchといった現行機のみならず、スーファミ互換機向けに復刻するとのこと。

ある意味で関連作品といえる『タリカン』シリーズも海外の話とはいえ数年前に復刻されたばかりだし、スーパーファミコン互換機向けの復刻タイトルとしても『アイアンコマンドー』『美食戦隊薔薇野郎』『アンダーカバーコップス』等に続いてプレミアソフトがますます充実してきたりと、比較的安価でプレミアソフトに触れる機会が増えるのはいいことだ。






●GB互換機向けにファンタズムが復刻!

引き続きレトロゲーム復刻関連という事で。

ゲームボーイ版『ファンタズム』の海外版がGB互換機向けカートリッジで復刻されるのだけれど、日本版のみ収録のビジュアルが復元されたりと色々と変更されて、バージョンアップ版に近い作りらしい。何よりも暗闇で光る特殊仕様のカートリッジというのがいいね。
ちなみに日本版は現在ニンテンドー3DSのバーチャルコンソールとして出てるので、興味ある方は今年8月30日の配信終了日にまで入手しよう。