セガ&ウエストンを代表する『ワンダーボーイ』『モンスターワールド』シリーズと、そのセガハード移植版が収録された『ワンダーボーイ アルティメットコレクション』のSwitch/PS4版が間もなく発売とのことで、元からのファンは勿論、ほぼ収録内容が同一のプレイステーション2ソフトSEGAAGES2500版(自分は発売日に買った)が手に入らない人には朗報かも?


オリジナルの海外マスターシステム版なんて日本じゃそう遊べる機会がなかったので、そんな貴重なバージョンが遊べたPS2版は貴重なアイテムだったんだよね。
それでワンダーボーイアルティメットコレクションの発表に合わせてかつてモンスターワールドシリーズを手掛けたスタッフのインタビューがゲーム文化保存研究所さんで公開中。

移植度で色々言われたメガドライブ版『モンスターレア』がエイコム開発とは知らなかった…。エイコムは主にジャレコタイトルで活躍してたイメージが強かったけれど(PCエンジンでもジャレコ移植を幾つか出している)、まさかセガとも繋がりがあったとは。


当然ワンダーボーイアルティメットコレクションはSwitch版で購入予定だけれど、セガハード以外にも移植されたバージョンもいつしか収録されると有り難い。ゴージャスなアレンジBGMが耳に残るPCエンジン版『モンスター・レアー』、モンスターランドのキャラ替え移植の『西遊記ワールド』、そして元ネタ以上に有名な『高橋名人の冒険島』…難しいんだろうけれど。





●グレイランサー30周年記念バージョン発売決定!

IMG_8135
何年か前にメガドライブ/MD互換機用として復刻された『グレイランサー』が、描き下ろし30周年記念パッケージ&アレンジサントラCD付で今年9月下旬に新発売とのこと。

オリジナルのメガドライブ版だけではならず、復刻版の中古品も秋葉原では定価の倍くらいで売られるほどの人気作だけに今でもニーズがあるんだろうな。
FullSizeRender
もっとも、すでにメガドライブ版を所有するユーザーでも、あいざわひろし先生描き下ろしのパッケージイラスト目的で買った人も結構耳にするので、復刻版買った人でも今回の発売30周年記念パッケージを買う人もいそうだ(笑)