ナグザット開発によるHuカード゙の横スクロールシューティングで、PCエンジンオリジナルタイトルとして1991年に発売されました。発売当時のPCエンジン界は、"シューティングキャラバン(ハドソン)"や"サマーカーニバル(ナグザット)"等のシューティング大会が全国で開催された背景もあり、本作は大会用ソフトではありませんが、当時のユーザーのニーズに合わせてスコアアタックモードが搭載されているのが特徴です。

シューティングゲームとしてはオーソドックスなパワーアップ方式ですが、かわいらしい自機のドラゴンを始めとするファンシーなキャラクターや世界観、ラスタースクロールを使った奥行きのある背景グラフィック、そしてやたらめったら画面一杯に出現する得点アイテムが目を引きます。
敵キャラや敵弾以上に画面いっぱいに大量に出現する得点アイテムを取るのは気持ちいいのですが、逆に言えば画面が見づらくなっているので、初プレイはミスを乱発しがちです(画面が見難い&アイテムを取ろうとしたらミスなど)。
流石に初心者にも対応して作られただけあって、得点によるエクステンド(1UP)は頻繁で、クリア―までに数十回は自機が増えます。また、パワーアップした状態でダメージを受けてもパワーアップが解除されるだけでミスにはなりません。ある程度シューティングに慣れたプレイヤーなら初回クリア―も楽勝でしょう。パッケージにある「小さな子も遊べるやさしいモード付」のコピー通り、誰でも楽しめるゲームを目指して作られています。それ故に、上級者がクリア―を目指すなら物足りない難易度とも言えます。
何気に嬉しいのはハイスコアを『天の声2』等の外部装置に記録できる点。クリアーするだけなら物足りないと思う上級者でも、ハイスコアを狙うとなるとまた違った魅力があります。前述したスコアアタックモードの存在を含めて、長く楽しめる出来です。好みの問題もありますが、誰でも楽しめると言うコンセプトに間違いはないでしょう。

残念なのが、シューティングゲームが下火になりつつあった時期での発売だった事、パッケージがお子様的なデザインである事(PCエンジンより任天堂ユーザー向けデザイン)、アーケード移植ではないという知名度の問題等、様々な理由で出荷本数は少なめでした。同年に発売された『マジカルチェイス』(販売パルソフト/開発クエスト)は再評価され、再販されたりゲームボーイカラ―でリメイクされましたが、こちらも再評価される事を願う事ばかりです。確かに難易度的には緩いゲームですが、逆に家庭用だからこそ出来た緩さでもあるので、家庭用オリジナルシューティングが滅多に発売されない今となっては貴重な存在だと思います。

なお、キャラクターデザインは元サン電子デザイナーのもりけん氏で、囚われの姫様は『マドゥーラの翼』の主人公ルシアをイメージしてデザインをしたとの事です。また、ハドソンがこのゲームを気に入り、『PC電人』としてリメイクしたようです(こちらも開発はナグザット)。

それにしても、パッケージイラストのパックに描かれているボスを見て、聖闘士星矢に登場する射手座黄金聖衣偽装タイプを思い出したのは私だけではないはず(笑)