セガを代表するドライブゲーム『アウトラン』。ここではマスターシステムで発売されたシリーズを紹介します。
 
イメージ 1
●初代『アウトラン』は、メインプログラマーとして中裕司氏が参加。海岸線がない、アップダウン表現が画面書換処理になっているなど、ハードスペックに合わせた無難な移植となっています。パドルコントローラやFM音源に対応しているのがポイントです。なおコースは海外版のものを採用しています。これを出した後に、スクウェア(現スクウェア・エニックス)が『ハイウェイスター』を発売したのですが、滑らかなアップダウン表現を見て、このマスターシステム版ももう少しなんとかなったんじゃないかと思いました。
 
●『アウトラン3D』は、ご存知発売無期延期ソフトの代表格として今でもセガファンの間で語り継がれている作品です(笑)。タイトルの通り、3Dグラスによる立体映像で楽しめるのが売りとなっています。ゲーム的にも前作の改良がなされ、海岸線が復活されたり、一部のコースが新規のものになっていたり、BGMが「マジカルサウンドシャワー」以外は全て差し替えとなっています。なお、タイトル画面でポーズボタンを押すと、3Dオフで遊ぶことが可能です。豪華特典として(?)、国内版マスターシステムで起動させれば、FM音源でプレイすることができます。
 
 
イメージ 2
●『バトルアウトラン』。要は、セガ版『タイトーチェイスH.Q.』(笑)。ライバルカーの存在が売りとなっています。ちなみに、アーケード版『チェイスH.Q.』の筐体は、なんと『アウトラン』を基にデザインをしたようです。自車が黒色(だっけ?)なのに、筐体が赤なのはそれの名残りだそうです。
 
●『アウトランヨーロッパ』。要は、セガ版『S.C.I.』……というわけにはいかないのでもうちょっと説明すると、『S.C.I』同様、敵車に対し攻撃が可能で、ステージごとに車両を乗り換えるのが特徴です(車の他に、バイクやジェットスキーがある)。主人公は常にパトカーに追われていて、捕まると即ゲームオーバーになるのが厳しいです。
 
 
 
 
ちなみにマスターシステム版『タイトーチェイスH.Q.』と『S.C.I』を両方持っているのですが(開発はどちらもナツメが担当)、正直、今遊ぶには辛い出来です。『タイトーチェイスH.Q.』の方は、音声合成がある分ファミコン版に軍配が上がりますし、『S.C.I.』に至っては見た目からしてショボすぎです。当時のハードスペックでレースゲームを作るのは大変だったと思い知らされます。本当は画像を載せようと思いましたが、ソフトをどこに置いたか忘れてしまい、撮影できませんでした。残念無念。