イメージ 1
セガ販売・ウエストン製作によるアクションRPG『モンスターワールドIV』。本作と同く、「主人公が女の子」「丸くて青いモンスターがお供」「RPG要素のあるアクション」「セガ販売」の共通点があるメガCD版『ぽっぷるメイル』が同日発売だったりします(笑)。
 
メガドライブの末期近くに発売されたせいか人気シリーズのわりに出荷本数が抑え目で、一時期中古価格がやや高めの値段で取引されていましたが(4000円前後。定価は8800円)、ドリームキャスト時代に開発元のウエストンが2000円で通信販売したため(もしかしたらデッドストック品?)、今ではかなり安価で買うことができます。
今では1000円程度で売られている店も多く、去年私が秋葉原のスーパーポテトで完品を買った時はなんと700円でした。裸では恐らく300円程度で買えるのではないのでしょうか?この値段なら前作『ワンダーボーイV モンスターワールドIII』(長いタイトルだ…)とセットで買っても悪くないと思います。
ちなみに私は、店頭で安く売られているのを見かけるたびに買っているので、実質6本ぐらいは買っているはずです。まあ人にあげたり、トレードに使っているので、今は4本しか持っていませんが…(残り一本は実家に保管している)
 
先程出荷本数が抑え目と書きましたが、当時はプレミアソフトという概念はなく、実は私、発売して間も無く1980円で買ってたりします(笑)。
 
 
 
 
 
話は変わって、今日は中野のまんだらけに行きました。特に買い物はしなかったのですが、ショーケースには以前ブログに書いた『ゴールドカートリッジ版バンパイアキラー』だけでなく、未発売に終わった正規メガドライブ版『テトリス』、抽選品メガCDソフト『リーサルエンフォーサーズ・ファミ通ver.』メガドライブの通信専用ソフト『ナイスくんミニ』『GO-NET』、PCエンジンの『スーパーリアル麻雀P4すぺしゃる』、そして世の中に一本しか存在しないスーファミの『ゴールドカートリッジ版ヤムヤム』などなど、一般の人だったら生涯に一度拝められるかどうかの超レアなソフトが数多く展示されていました。「秋葉原のマニアショップのショーケースにあるレアゲー程度じゃ満足できん!」と言ったマニアでも見応えがある品々なので、機会があれば中野ブロードウェイまで行ってみて下さい。流石に近くに競合店がないせいか、秋葉原店よりも若干値段が高いですが、レアな商品を探している人なら行ってみる価値はあります。査定が厳しいのはここも同じで、状態B~Cランクの『鋼鉄帝国』完品を2980円で購入することができました(美品なら7980円ほど)。