ゲハ板で気になることの一つとして、

「ファミ通のレビューは当てにしないけど、海外のレビューは信用できる」
みたいな印象を受けるのですが、私にしてみれば海外のレビューも当てにならないんですよね。
別にレビュー内容が駄目という問題でもなく、もちろんファミ通のレビュワーも海外のレビュワーも才能がないわけではありません。ゲーム雑誌業界の事は詳しく分かりませんが、私が見る限り、商業誌のしがらみの中でできる限りのことはやっていると思います(私の仕事柄マスコミのことはある程度わかっているつもりではあります)。

では何故当てにならないかというと、日本と海外では文化が違う以上、それぞれの好みが異なるからです。

じゃあさ、もし海外のレビューがそのまま日本でも通じるならば、北米では独自の続編が作られるほど人気が高い
 
任天堂の『光神話パルテナの鏡』や、
イメージ 1
 
セガの『獣王記』は、
イメージ 2

日本でも評価が高いはず!(笑)
 
ちょっと極端すぎる例で申し訳ないですが。

あと好きな人には申し訳ないのですが、少なくとも『獣王記』は操作性が改善されたメガドライブ移植版でようやく遊べるゲームになりましたが、元のアーケード版はアクションとしては大味すぎて、一般向けには到底思えないんだよなあ。それでも、国内ではメガドライブを始め、PCエンジン(Huカード&CDロムロム)、そしてファミコンと、当時の現役ハードに移植されまくったのが謎です。そこまで人気があったのかなあ。
 
イメージ 3
確かにクマはかわいいと思いますが(笑)