昨日は全く別の記事を書くつもりだったのに、反原発デモに20万人も集まったという情報を耳に入れてしまったので予定を変更しました。
 
しかし、20万人の「人」(と書いて「ばか」と読む)が集まったなんて本当なんですかね?20万人って言ったらコミケの一日分以上の人数ですよ!(コミケは一日に大体15万前後集まる)
何も考えずに感情論だけでデモるなんて気が狂っているとしか思えないなあ。増税が始まるというのに、電気が停められたら経済も回らなくなるのは分かりきっているのに、復興のための増税が返って破綻してしまいますよ。
 
そういえばタレントの山本太郎さんの姉が大麻所持で逮捕されたようですが、その理由が驚きの「反原発運動で疲れたから」だそうです。
ああなるほど、これで反原発の人の気持ちはわかった。被爆の影響に比べれば大麻の害は微々たるものというのが彼らの意見なんでしょうね。あるいは、
「大麻よりも放射能が危険」
とアピールするためのパフォーマンスかも知れませんが、いくら何でも逮捕されてまで、芸人でもないのに体を張ったギャグをかます必要もないでしょ。
つーかさ、
「脱原発よりも脱薬物が先でしょ」(笑)
 
 
反原発の人たちに誤解されるといけないのでこれだけ言わせてもらうと、私も彼らのように必ずしも原発を認めているわけではなく、代替エネルギーに切り替わるまで徐々に消えていけばいいと思っています。


ところで私、あまり多くは語らないですが、1987年から90年初期(『ぽっぷるメイル』あたり)までのファルコム好きで、かつて代々木にあったファルコムショップに行ったり、メガドライブを買った理由の一つが『ソーサリアン』というほどのファルコムフリークでした。
私だけでなく、ファルコムがPSPに参入するまで、ファルコムはPCゲーム業界の最大手の一つだっただけに熱狂的なファンは多いと思います。
 
そんなファルコムですが、一時期(イースエターナルシリーズが発売された辺りから)ファルコムの特典商法が一部で批判されましたが(マイナーチェンジ程度のゲームでも豪華特典を付けるとか)、実のところ、モラルのないコピーユーザーの影響が理由の一つだと思うんですよね。
例え、完璧なプロテクトを施してもそのコピーユーザーがそのソフトを買うとは到底思えませんが、結局のところ、お金を出した正規ユーザーがコピーユーザーを見て「バカを見ない」ための商法と受け取れるんですよね(個人的には特典だけ売ってくれよ、と言いたいw)。
 
ファルコムがPSP&VITA中心にソフト供給するようになった現在、エロゲーメーカー以外で頑張っているPCゲーメーカーといえばコーエーテクモゲームズか工画堂ぐらいしか思い付かないですが、80年代は数多くのメーカーがPCソフトを出していたのに今はほとんどなくなったのは、やはりコピーによるものが大きいと思います。
 
違法ダウンロードユーザーの言い訳に
「金を出す価値のゲームを出さないのがいけない」
というのがありますが、私にしてみれば
「じゃあクソゲーだから違法ダウンロードしてもいいの?そもそも遊ぶ価値のないゲームだったらタダでもいらないでしょ?」
と言いたくなります。
寒い言い方ですが、もしかしたら
「コンテンツに金銭的価値がなくって、お金を払うかどうかはその人のモラルに委ねるしかない」
というのが実情なのかなあ。
で、そのモラルのない人が増えた結果が、数多くのゲームメーカーのPCゲーム市場からの撤退で、それで文句を言う人はたくさんいますが、金にならない以上メーカーに責任はありませんし、利権者のルールすら従えないのであれば客ではなく、やはり馬鹿を見るのはいつの時代も正規のユーザーです。
だから、ファルコムの主戦場がPSP&Vitaに移ったのも当然だと思います。
 
 
これは音楽の違法ダウンロードをする人にも言えることで、
「昔に比べて今の音楽の質は落ちた」
という話をよく聞きますが、莫大ともいえる違法ダウンロード数をみれば、もしかしたら音楽を聴かなくなった人は増えたかも知れませんが、それでも今の音楽を聴いている人はかなり多いんですよね。先程の話と同じで、
「本当に今の音楽に聴く価値がないのであれば、わざわざ手間を掛けて違法ダウンロードする人はあそこまでいない」
です。
 
AKBのCDに握手券を付けるのもある意味わかる気がするんですよね。モラルがなくなったリスナーにCDを買ってもらえるための手段の一つと思えば納得ですし、
「CDが売れないのは音楽の質が落ちたからだ」
という違法ダウンロードするをする人の言い分も、素晴らしい曲が生まれたとしても、結局彼らに違法ダウンロードされるのがオチです。単なる違法ダウンロードするための言い訳ですから。
 
私も多少は下心があるので、
「タダで入るのならタダで手に入れて当然」
という気持ちもわからなくもないのですが、CDが売れなかったら次回作の質が落ちるのは当然で(一つの曲を仕上げるのにお金が掛かり、その予算を捻出するためには前作のCDを売る必要がある)、もし今の音楽が駄目になっているのであれば、そんなモラルのない人達の責任だと思います。
 

何かここ最近、面白そうなネタが書けなくてすみません…来月からちゃんとやります…多分たけど(笑)