ここの常連の皆様でしたら、1983年にアーケードで稼働されたジャレコのシューティングゲーム『エクセリオン』をご存知かと思います。
イメージ 1
家庭用ではファミコンの他に、SG-1000やMSXにも移植されるほどの人気タイトルなので、同社を代表する作品といっても過言ではないでしょう。
 
 
実はこのゲームには続編が作られ、残念ながら今まで家庭用に移植されていないので存在がややマイナーですが、その続編は『エクセライザー』として発売されました(但しMSXでは独自の続編が作られた)。
 
白状すると、私はつい最近までこのタイトルを知らなく、去年、秋葉原のHeyで初めてプレイする機会に恵まれました。
イメージ 2
グラフィックの感じから、1984年か、遅くても1985年に発売されたゲームだと思っていたんですよね。見た目も『エクセリオン』『ムーンクレスタ』(日本物産)の中間的な雰囲気抜群でしたし。
 
で、
「多関節スプライトを使ったボスの表現は当時としては斬新だったのでは?」
と思い、発売年を調べたら……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんと、1987年!
 
 
 
ちなみに1987年というと、
 
 
 
ワンダーボーイ モンスターランドや
イメージ 6
 
 
R-TYPEや
イメージ 7
 
 
究極タイガーや
イメージ 8
 
 
ダライアスや
イメージ 9
 
 
そして…アフターバーナーIIが…
イメージ 5
発売された年なんだぜ!(笑)
 
1987年当時、これだけ凄いゲームが発売された中で、『エクセライザー』が並べてあったら、
「何でこのゲーセン、レトロゲームが置かれているの?」
と思われたに違いがありません!(爆)
それぐらい1987年のゲームとしては古臭く見えたはずです。
 
…と適当に記事を書いていますが、実際のところどうなんですかね?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うっかり忘れていましたが、1987年というとアノ作品も1987年でした…
 
 
 
 
 
…そう、デコの『キャプテンシルバー』を忘れるなんて不覚!!
イメージ 3
 
あと、あのカルノフ様も…(下の画像はファイターズヒストリーダイナマイト)
イメージ 4
当時の記憶は薄いですが、1987年のゲーセンってかなりカオスな状態だったような気がしてきました…(笑)
 
 
 
おおっと!
こいつも1987年ということを忘れていました…
 
そう、
 
 
\¤\᡼\¸ 1
\¤\᡼\¸ 2
そう、
コナミデジタルエンタテイメントの『THE功夫』さんを!!!
 
まあ、あれはコンシューマですが(笑)
 
 
 
そうそう、ネットの中ではセッ○スの隠語を「セクロス」と呼ばれていますが、小池一夫作品で有名な「エレクチオン」も近いうちに「エクセリオン」と呼ばれるかも知れませン!(爆)