ゲームブログというのは仮の姿で、婚活(恋愛)記事を書きたくてブログをやっているのに、最近書いていないなあ…ということでたまには婚活記事を…
 
というのは建前で(笑)、実はふと昔のゲーム雑誌を読み漁っていたら『BEEP!メガドライブ 1989年夏号』に婚活記事が掲載されていたので紹介。
 
とはいっても、1989年当時は「婚活」という言葉はなかったのですが(笑)
 
 
イメージ 1
今は亡き結婚情報サービス会社「マック21」では会員向けマッチングサービスとして『マック21A.L.N.』と呼ばれるソフトを使っていたのですが、そのハードがなんとPCエンジンCDロムロムで、メディアは当然CDロムでした。
 
当時はまだネット環境が充実する遥か昔の時代ということもあって、リアルタイム検索というのはなく、1年間に4枚送られてくるCDロム内に入っている会員データを自分で検索することになります(検索できるデータは、経済状態、健康状態、ライフスタイル、などの5つ)。
イメージ 2
 
そして会う段階になれば顔写真やメッセージが見れる状態になります。
イメージ 3
それ以前は紙にデータを羅列したものを会員に送っていたようですが、やはりお見合い相手は自分で選びたいもの。
当時はまだCDロムマシンが一般的ではなかったのでかなり新しい婚活システムだったと思いますが、業者が自動的に選ぶシステムではなく、自ら検索をしてアプローチを仕掛けることができるこのシステムは、出会いの形としてはより自然に近づいたシステムと言えるでしょう。
 
このシステムは、今ではネット検索という形でノッツェやツヴァイといった大手結婚情報情報サービス会社でも採用しているので、当時としては画期的なシステムだったと思われます。それだけに当時の会員の話を聞きたいところですが、残念ながら当時の資料を探しても出てきませんでした。
 
システムにPCエンジンを採用した理由が、当時CDロムを採用していたハードで最も安価だったからというもので、同時期に発売された富士通のパソコン『FM TOWNS』が80万もしたことを考えると、CDロムロムの5万強という価格はまだ安いことになります。それでも十分に高いけれど(笑)
 
ゲーム機でのサービス提供ということもあって、「恋のオキテゲーム」といったYes-Noクイズも収録してあり、その解答によって恋の成就率を表示されるなど、ゲーム的な遊び心もあるのが面白いところです。
この時代になるとテレビゲームが当たり前の世代がこのソフトに触れているので、こういったゲーム要素はわりとユーザーに受けつけられたと思われます。出会いは楽しくやりたいものですからね。
 
気になる値段は、入会費、審査料、システム利用料、年会費(2年間)、ハード料込みで37万円。実は大手結婚情報サービス業と変わらない値段だったりします。
これで結婚できれば安いものですが、実際はそこまで上手くいかないのが今も昔も変わらないところ(笑)
 
記事に会員数は6,000人(男女比率6:4)とのことですが、その割にこのソフトが市場に出回ったという話は全く聞きません。それどころか、ネットでもこのソフトに触れているwebサイトはほとんど見かけませんでした。
果たしてソフトは現存するのでしょうか?
 
何か、婚活の記事というより、レアソフトの紹介記事になってしまった気がしますが、じろのすけ先生あたりだったらこのソフトをチェックしているんだろうなあ(笑)
 
 
超余談ですが、1989年で個人的に大きな話題が同年4月より始まった消費税導入(3%)でしょうか。
『ビックリマンチョコ』を一個買うと消費税が付かないのに、2個目から消費税が付きます。当時小学生だった私は、この数円でも死活問題でした(爆)