今年のクリスマスはみなさんいかがお過ごしだったでしょうか?

ええ、恋人がいないわたくしは一人でクリスマスパーティをしてましたよ!事務所で!給与計算しながら(涙)
イメージ 1

まあ普通に考えて年末は忙しいのでいつも通りのクリスマスですが、クリスマスだし、ボーナスが出たことだし、奮発してアニメのDVDボックスを買っちゃいました!
イメージ 2
1984年に放映された高橋良輔監督の『機甲界ガリアン』全話+OVA三作収録のDVDボックスです。
ここ最近、同じ高橋監督作品の『ドキュメント太陽の牙ダグラム』『蒼き流星SPTレイズナー Act3 刻印2000』と立て続けに観ていたので、定価が安い(15,000円)だし、この機会に買いました!
ブルーレイに慣れたこともあってボケボケの画質は気になるところですが、30年以上前とは思えない安定した作画は今見ても見劣りしないですね。
と、現在絶賛放映中の『ドラゴンボール超』を観てそう思いました(笑)

リアルタイムで観て以来ずっと観ていなかったので内容までは覚えていませんが、少しずつ観ていこうと思います。これが終わったら同監督の『ガサラキ』かな?

ところで高橋良輔作品のブルーレイ化が恵まれていないのは何故か?




話は変わって、セガの『モンスターワールドII ドラゴンの罠』をインスパイアしたような作りの『モンスターボーイ』が開発中との発表がありました!
イメージ 3
開発の経緯はこちらを読んでもらうとして(笑)、見た目だけでなく、人間状態の他に5種類のモンスターに切り替えて攻略するところがまんま『モンスターワールドII ドラゴンの罠』ですが、実際に『モンスターワールド』シリーズを手掛けた西澤氏が開発に関わっているので、ある意味で公式のインスパイア作品と言えそうです!

また作曲陣に古代祐三氏(ベア・ナックル、アクトレイザーなど)、桜庭統氏(グラナダ、テイルズオブシリーズなど)、山根ミチル氏(ドラキュラ、ゴエモンなど)などなど、名作タイトルを数多く手掛けた方々が楽曲を提供しているのも、往年のゲーマーには注目すべきところでしょう。

個人的には、元となった『モンスターワールドII ドラゴンの罠』がきっかけで中学時代に海外のマスターシステムソフトに興味を持つようになった思い出深いタイトルなので(日本未発売だったので)、それをインスパイアした『モンスターボーイ』も同様に気になります。

しかし、
モンスターボーイってあまりにも安易すぎるタイトルじゃね?(笑)