何気なくヤフオクでメガドラソフトを眺めていたら…
イメージ 1
え!マキシマムカーネイジが残り5時間の時点で153,000円!?

当時からレアだから仕方ないとはいえ、まだ終了まで時間があるのに皆さんぶっ込みすぎじゃない?

とはいえ、今自分が持っていなかったら15万ぐらい普通に出しちゃいそうで、実はそこまで驚く金額じゃないかも?

ところでこの出品者、「本物だな」と思ったのがコメント欄の一文

「説明書は非常に粗悪なホッチキスを使っていますので、ホッチキスが錆びてきて、その錆が溶けて説明書に赤茶の錆がどんどん付着してきます。私の所持品はそれを防ぐため、ホッチキスを外して保管しておりますので予めご了承ください」

わかっていらっしゃる。
アクレイムタイトルはご存知メキシコ産ですが、とにかく粗悪な素材で生産しているせいで経年劣化が目立つんですよね。自分の持っているソフトの説明書なんて赤錆で滲んでますし(爆)

コピー品が目立ち始めたヤフオクにおいて、「本物の」コレクターさんによる出品を見て、なんだかほっとしました(笑)


アクレイムメガドライブソフトついでに、まんだらけのメガドラ買取表を眺めていたら…
イメージ 2
『フォアマンフォーリアル』の買取が10万?

…でも、気になることがあって、あくまで「応募ハガキ必須」なんですよね。
夏にゲームコレクターの有澤さんとお会いした時に
「フォアマンフォーリアルにハガキなんて付いていませんでしたよね?」
と聞かれたことがあったのですが、確かに私が買ったソフトは新品なのにハガキがありませんでした。欠品の可能性もあったので気にはしなかったのですが、同じくコレクターさんからそう言われると疑惑に変わりました(笑)

もし、『フォアマンフォーリアル』のハガキの情報をお持ちの方がいましたら、私のところまで教えてくれると嬉しいです。


ところでこの買取表にある『フリントストーン』の買取2,000円は納得いかん。
イメージ 3
タイトー最後のメガドラソフトだけど、数があまり出回っていないせいか持っているのがこの一本しかないんですよね。
他のタイトーメガドラソフトは最低2本持っているのに(爆)
この流通量の少なさならもう少し買取が高くてもいい気がしますが、やはり欲しい人は少数なんでしょうね。
そのくせ、最近ヤフオクで競り負けましたが(笑)