イメージ 5
明日はいよいよ冬コミですね!残念ながら明日は出勤日ですが、なんとか昼ぐらいまでは会場に行けるかと思います。欲しい同人グッズはゲームレジェンドである程度手に入りましたが、コミケの別格なので何がなんでも最低一日は行きたいんですよね。

というか可愛くてセクシーなコスプレイヤーさんを見たいのが理由の大半を占めるのですが(爆)



ところで先日、ヤフオクでメガドライブの『マキシマムカーネイジ』を出品していた方が同時に裸の『エリミネートダウン』を出品していたのですが、ここだけの話、私も入札に参加していたんですよね。
『エリミネートダウン』は現在、メガドライブソフトでもトップクラスの高額取引ソフトとなっていますが、そのせいかヤフオクのみならず、Amazonでもコピー品が多く出回っています。それだけに本物を持っている私でも実物を見ないと本物かどうかを判別ができず、ネットで入手するなら信用性の高いところからの入手が無難だったりします。

今回入札したところは過去の履歴から信用できる出品者と判断し、それなりの金額(2万以上)を入札したのですが…

イメージ 1
ええ、見事に競り負けましたとも…

…ヤフオクで連敗するのはこれで何回目だろ?(笑)

駿河屋で完品18万のゲームが裸とはいえ21,800円で手に入るなら安いとは思いますが、そこまでの金額を出せなかった自分はチキンだな、と思い知りました…

だってさ、すでに持っているソフトにそう何万も出せるわけないじゃないですか!
イメージ 2
イメージ 3

記事の為に久しぶりにカートリッジを取り出してみたのですが、これもカートリッジのラベルが剥がれやすい材質なんですね。さすがにセガ製のタイトルはハードメーカーだけに、ここら辺の対策はできてたりします(笑)
比較用にラベルが剥がれやすいと一部で悪評(?)の『バンパイアキラー』『魂斗羅ザ・ハードコア』と並べてみました。
イメージ 4
これに限らず、コナミのメガドラカートリッジ全般が剥がれやすいのですが(笑)
こいつの解決策としては両面テープを小さく切って粘着性を強化するのがいいのですが、カートリッジに手を入れるのが好きじゃないのでそのままだったりします。
私の場合は常にケースに入れて保管しているので問題ないのですが、カートリッジを取り出して保管している人はラベルに気をつけないと折れ目がついたり破れたりして泣くに泣けません…ソフトが高額だけに。

裏を返せば、ラベルが剥がれやすい素材を採用しているかどうかで本物かどうかの判別材料になるかと思います。