イメージ 1
本日の日経MJの一面記事は晩婚についてですが、挙式に掛ける予算が33歳以上と成ると平均288.8万円(ゼクシィプレミア調べ)と聞き、驚いています…
ちなみに20代の挙式は345.2万円だそうです。すげえ…

それにしても結婚は金が掛かるなあ。
恋愛結婚ならそれでいいのですが、結婚できるか保証の無い結婚情報サービスに登録するにも2年間の活動費で40万掛かるし、運よく結婚できても300万近い予算が掛かるし、もちろん子供が生まれたらそんなのが甘く思えるぐらいには莫大な予算が掛かるし…
結婚そのものがブルジョワ趣味にしか見えなくなってきた…

300万とは言わずとも、100万あればアクレイムのメガドラソフトを買っているぜ!
イメージ 2
…と、考えてしまう自分はどうかしているよな(笑)




『マキシマムカーネイジ』『WWFロウ』だけでそれぞれ15万円掛かるし、『フォアマンフォーリアル』はまんだらけの買取の時点で10万円なので店頭でいくらで売るのか謎だけどそれでもやはり高額なので、これらソフトは一本ずつしか確保していないんですよね…メガドラ2周目コンプの道のりは遠い…


いや、結婚とメガドラソフトを天秤に掛けること自体がナンセンスですが。



さっきの日経MJの記事の話に戻りますが、さすが日経の記事に載るだけにサンプルとなる方々の年収が凄いよなあ。年収800万とか、むしろこれで相手が寄り付かない方が難しいんじゃないかと思える金額を提示しておいてツヴァイでの成婚率(20%強)が高いと言われると、「むむむ…」と唸ってしまうのですが、それだけの年収を持っていないと婚活費である40万なんてポンと出せないから、あながち嘘ではないのかも?


こっちなんて40万以前に車や自転車や冷蔵庫や洗濯機が買えないほどの貧乏なのですが(笑)


…それらがなくても全く困らない生活をしているのも凄いのですが(爆)