休日の今日は、とある用があって秋葉原に行ったのですが、それは後日の記事でレポートするとして(笑)
 
 
●本日の秋葉原での買い物
イメージ 1
何件か秋葉原のレトロゲームを扱っている店をまわったのですが、ターボグラフィックス16(海外PCエンジン)ソフトを扱っている店が全くありませんでした。まさか、ガイコクジンによるターボグラフィックス16ソフト買い占めによる外国への流出が問題なのかも…?ガイコクジンのせいでターボグラフィックス16ソフトが本当に欲しい人に行き渡らないじゃないか!(棒)
 
 
 
●虫姫さまver1.5マニアックモードついにクリア!
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
Hey2階にて、ケイブの縦スクロールシューティング『虫姫さまver1.5』のマニアックモードをノーコンティニューでついにクリアしました!
「今度はウルトラモードに挑戦して!」
と決して言ってはいけません!(笑)
 
 
 
●BEEPショップにて
イメージ 5
BEEPショップのフリープレイ台には東亜プランとしては非常に珍しい横スクロールアクションの『ゲットスター』が稼動していました!
久し振りに遊びましたが、強制スクロールながらもしゃがみ中はスクロールが止まるところにコナミデジタルエンタテイメントの『THE功夫』を彷彿させます!(酷い例え)
 
 
 
●レトロフリーク
やっとのことでインストール数が1,700を突破しました!
イメージ 6
こんなに入れても3GBも使ってないんだぜ?(笑)
 
そういえば先日購入した『Chine Warrior』はレトロフリークでもきちんと認識しました。つまり、ターボグラフィックス16のタイトルは全部じゃないにしろレトロフリークに対応していることになります。
イメージ 7
日本においてターボグラフィックス16のタイトルを遊ぶ環境を用意するのは、メガドライブやファミコン、スーパーファミコンの海外ソフトよりも難易度が高いので、この対応は遊びの幅がさらに広まって嬉しいですね。
 
ちなみに一緒に買ったSNES(北米スーファミ)の『Frogger』もレトロフリークに対応していました。
イメージ 8
イメージ 9
こんなクラシックゲーム、ファミコン時代ならともかく、スーファミ最末期に、わざわざROMに焼いてフルプライスで売りつけるなんて凄い度胸ですな(笑)
 
レトロフリークを出したついでにPCエンジンの『魔神英雄伝ワタル』を久し振りにプレイしました!
イメージ 10
とりあえず最終面まで行けたけど、今回もラスボスのガッタイガー(上の画像のキャラ。アニメとは全くデザインが異なるのはアニメ放映前に開発が始まったのが理由かも)が倒せませんでしたが、これを正攻法で倒せた人ってどれだけいるんでしょうかね?ジャンプ飛び込みバグで倒すのが一般らしいですが…。
ちなみにこのソフトをテストプレイした岩崎啓眞さんはラスボスの嫌らしいアルゴリズムに腹を立ててプログラマーをあともう一歩のところで殴っていただろう、とのことでした(笑)