イメージ 1
何故か無性にコナミのファミコンソフト『ラグランジュポイント』がやりたくなり、この2日間でランク(レベル)42まで上げてシナリオを半分近くまで進めました。
イメージ 2
シナリオの進め具合からして十分すぎるランクですが、「トランスペアラー狩り」がなかなかやめられず、ついここまでランクを上げてしまったという…。トランスペアラーは逃げやすいけれどその分貰える経験値が多い、ドラクエでいうメタルスライムなんですが、とにかく出現率が高いのでとにかく狩りたくなります(笑)
しかし、当然というべきか今この時代のRPGを遊ぶのはUI的に厳しいですよね。瞬間移動するためのアイテムが後半になってやっと手に入るので移動に対する手段が面倒なのは当時から感じてましたが、装備するにもアイテム欄すべてから選択できるようになっているのは煩雑すぎだし、パーティ全体をHPを回復させるにも回復能力が使えるキャラを選んで対象者を選んでそれの繰り返しは面倒臭すぎます。昔のRPGにそれを言うのは当然ナンセンスだし、それだけ今のRPGは進化し続けている証拠でもあるのですが。当時は気にせず遊べたのでファミコンRPGとしてこれは普通だったんでしょう。思えばあのドラクエもファミコン時代はこんなもんだし。
とはいえ、いくらファミコン末期の作品とはいえとてもファミコンクオリティのRPGじゃないですね。グラフィックは綺麗だし、FM音源によるBGMの音色は素晴らしい。これを当時遊べて本当によかったと思います。ユーザー公募作品のためかバーチャルコンソール化が望めないのが惜しいですね。この前出たサントラもタイトルロゴは新規のものに変更されたので大人の事情があるんでしょう。
 
ずっと部屋にいるのもどうかと思い、日曜の夕方から外で遊ぶ事に。
といってもゲーセンで『鉄拳7』(バンダイナムコ)をずっと遊んでたのですが(笑)
イメージ 3
ネット対戦で10勝で二段。ネット対戦ではマッチングで実力の近い対戦相手と戦えるのは嬉しいですね。じゃなければ対戦格闘が下手な自分が10勝できない(汗)
 
 
 
 
 
●秋葉原での戦利品
イメージ 4
・逆転裁判(GBA裸) …350円
・逆転裁判3(GBA裸) …250円
・オリエンタルブルー青の天外(GBA裸) …500円
・烈火の炎-THE GAME-(GBA裸) …93円
・遊戯王DMインターナショナル2(GBA裸) …93円
 
あまりぱっとしない気もしますが(汗)、この中だと『オリエンタルブルー 青の天外』(任天堂)は結構嬉しかったりします。ハドソン(現コナミデジタルエンタテイメント)の人気RPGシリーズ『天外魔境』の久し振りの新作ということで気にはしてたのですが、肝心の対応ハードであるゲームボーイアドバンスが短命すぎてタイミング的に結局買わず仕舞いだったんですよね。それはそうと、このゲームがハドソン(現コナミデジタルエンタテイメント)ではなく任天堂になったのは、それだけ当時のハドソン(現コナミデジタルエンタテイメント)の経営がやばくなった前兆だったんでしょうね…当時買わなかった自分が言える立場じゃないですが(爆)