記事にするの忘れてたけれど、今月22日はメガドライブ最後のソフト『魔導物語I』(コンパイル)が発売されて21周年だったんですね。
イメージ 1
発売前、専門誌で情報がなかなか掲載されなかったので、「メガドラ市場が急速に縮小したから発売中止になったのでは?」と危惧してたのですが本当に発売されてよかったです。コンパイルがメガドラ最後を飾ったのは意外でしたが(笑)。
肝心のゲームは3DダンジョンRPGで、『ファンタシースター』『シャイニング&ザ・ダクネス』(共にセガ)でさえ出来た滑らかな3Dスクロールが出来てなかったのは残念に思いましたが、対戦格闘ゲームのようなリアルタイム戦闘の面白さはよかったですね。同シリーズにもいえますがHPといった数字表記がないのも斬新でした。
ところでアルル役を務めた井上麻美さんって今何やってるんだろ?
 
他にも3月22日は
『ヴァリスIII』(日本テレネット)
『魔物ハンター妖子』(メサイヤ)の発売26周年でした。
イメージ 2
硬派なタイトルが多いメガドライブにて、女の子が主役のゲームがこの日に集まるのは何という偶然なんだろ?と思うのは自分だけだと思うけど(笑)
 
 
 
 
●アケアカNEOGEOソフト購入
イメージ 3
昨日、NitendoSwitchにて配信された『ビッグトーナメントゴルフ』と、先週配信されたのに購入しそびれた『ザ・キング・オブ・ファイターズ'94』を購入。前者は家庭用での移植が少ないタイトルだけに純粋に嬉しいですね。過去にゲーセンで一度しか遊んだことないですが、元がアーケード作品だけにシンプルなシステムがわかりやすくて好印象だった記憶があります。何せT&Eのゴルフゲーには挫折したような人間なんで(汗)
 
 
NntendoSwitchといえば『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』(任天堂)ですが、追加ダウンロードコンテンツって大分先の話なんですね。
イメージ 4
初回配信が8月、第二弾が12月ですか…。とはいっても、単独で遊んでも十分すぎるボリュームなので不満はありません。というか、今回のゼルダは50時間遊んでも終わる見込みは全然なさそう。難易度の高さによる再チャレンジも含めて100時間ぐらい普通に遊んでそうですが(笑)
 
 
 
 
単なる発売日を発表するのに来月の11日まで待たなければいけないのが疑問だけど、ドラクエは発売されるまでもイベントの一つだから仕方ないのかな、と。今回発表となるのはプレイステーション4版とニンテンドー3DS版の発売日とのことですが、後発のNitendoSwitch版の発売時期が気になります。最初に3DS版を買って、その内容によってはSwitch版を買うかどうかですね!
 
 
 
●カプコン3DSソフトスプリングセール
イメージ 5
『大逆転裁判』以外は全部購入済みですが(ほとんどはダウンロード版での購入)、これを機に『大逆転裁判』を買ってみよう。1,938円(税抜)だし(笑)。
あと、メガドライブ界に名を馳せたトレジャー開発の実質最後の作品である『ガイストクラッシャーゴッド』もセールなので、今までプレイする機会がなかったかつてのトレジャーファンは遊んでやってくれ…(切実に)