4/1といえばエイプリルフールだけど残念ながら忙しくてネタが思いつかない…。
各企業はこの日のためにわりと大掛かりなネタを仕込んでいるところもあるけれど、3月は年度末で忙しいのによくやるなあ…と思ってしまう。
 
…というか、エイプリルフール限定でネタでもウソでもいいから女の子が降って来ないかな?あるいは朝目覚めたらJK美少女になってたとかでもいいんだぜ?この際ルーズソックスの似合うガングロJKでも可(爆)
 
…そもそも今どきのJKはルーズソックスもガングロも知らない世代だろJK
 
そうそう、ネタといえばNintendoSwitchのeショップを眺めて「えええーーっ!?」と思った新作タイトルがこちら
イメージ 1
イメージ 2
ナニこれ?
 
価格は500円とお手頃なんだけれど、いくつか有料DLCが用意されているんだけれども…
イメージ 3
ナンデスカーーーコレハーーー!!
 
ぶっちゃけ事前発表もなくいきなり配信されたから気が動転しているんだけれど、当然0.05秒で即決購入(爆)
イメージ 4
この手の実写モノのタイトルってセガサターン時代によく出てた気がするけれど(プラドルDISCシリーズとか)、いつの間にか実写系のタイトルは出なくなったなあ。
 
肝心のゲーム内容は、ゲーム内で北見えりに電話し、彼女の質問に対してYes/Noで答えると、メールで質問内容に応じたグラビア画像や動画が送られてくる設定。
イメージ 5
その画像や動画はギャラリーモードで閲覧することも可能。
イメージ 6
ゲームとしては面白いか?それ以前にこれをゲームと言っていいのだろうか?
と思わなくないけれど、これもまたセガサターンのプラドルDISCシリーズっぽくて懐かしい感じだけれど、500円(+追加コンテンツ)ならこれはこれでいいかなと。オススメはしないけれど、北見えりファンとメガネフェチならば!
 
…そもそも北見えりなんてこれで初めて知ったんだけどね(汗)
 
 
 
 
●4月より妖怪ウォッチ新シリーズ放映開始!
イメージ 7
自分が小学生の頃にブームだったビックリマンやミニ四駆やキン消しなどが2,3年をピークにブームが過ぎたことを思うと、今年で4年目を迎える妖怪ウォッチの人気は凄いよなあ。
かつて社会現象となった妖怪メダル人気はかなり下火になったけれども、夕方アニメが放映時間を移動されずここまで続いているのは何気に偉業かと。少子化の時代において子供の心を掴みまくるとはなかなかやるなレベルファイブ!
 
それはそうとまだ『妖怪ウォッチ3 テンプラ』がまだ途中なのを思い出した!ボスが思いの外強くて投げちゃったんだよなあ…難易度もお子様向けの高難易度で(?)、夜のスーパーに潜り込むミニゲームは危うく心が折れそうになった…