イメージ 1
プリペイドカード付きニンテンドー3DSカタログだけど、結局3冊買ってきた(笑)

カタログによると1233本になってるけど、実際に3DSは2000タイトルは出てるんじゃない?

と思って簡単ながら流して見たら、ダウンロード販売されてるソフトのうち、今でも配信され続けてるタイトルのみの掲載で、すでに配信終了してるAKBや雷子などは当然未掲載だった(笑)

あくまでダウンロードソフトを買わせる為の本なので、ニンテンドードリームか何処かでソフトカタログ完全版を出してくれると嬉しjいなあ。しかし過去のカタログ本の例を見ると、一部のタイトルで権利関係でスクリーンショットや詳しいデータ(発売日や価格など)が未記載になりそうだけど(汗)



●探偵神宮寺三郎が新展開!
イメージ 2
先週のファミ通の記事だけど、神宮寺三郎のおじいちゃんが主人公とした最新作(スピンオフ)は、シナリオにシリーズ最高傑作との呼び声が高いセガサターン&プレイステーションソフト『探偵神宮寺三郎 夢の終わりに』のシナリオライターが参加してるので期待したい。

夢の終わりには、パートナー洋子の過去の話や、悲劇から始まった神宮寺との運命的な出会いが初めて語られる、シリーズでも最も重要なエピソードが展開されるので未プレイの神宮寺ファンは一度はプレイを!幸いゲームアーカイブスでも配信されてるし、617円ならば損はないかと(笑)



●来週以降配信のアーケードアーカイブスタイトル
イメージ 3
SwitchではこれでKOFオロチ編と、リアルバウト餓狼伝説シリーズが全部配信されることになるな。そして、PS4は餓狼MOWだけど以前にも別会社がPS4で配信されてるので、これで2度目の餓狼MOWという…違いはネット対戦の有無ぐらいだけどそれにしても紛らわしいなあ(*^_^*)

他には家庭用ネオジオでは未発売の原始島2が配信されるのは何気に嬉しい。難易度がぬるいと言われようが、基本的にネオジオタイトルはどれも難しいので、たまには難易度低めのゲームもいいよね^_^