イメージ 1
本日購入したNintendo Switchソフト
・GUILTY GEAR
・GUILTY GEAR XX ACCENT CORE PLUS R
・アーケードアーカイブス ぶたさん
・パイレーツピンボール


事前告知なしでいきなり初代ギルティが配信されたのには驚いたけれど、とりあえずGGXXACPRとセットで購入。初代はプレイステーション版のアーカイブスでも買っているけど今の環境で遊びたいからつい。
早速初代ギルティやったけれど、さすがSwitch版は読み込みが速い!対戦前の読み込みが1秒以下で、読み込み時に表示されるコマンド技表が読み取れないほど。それにしてもCPU強いな。ラウンド開始3秒で一撃必殺を喰らって即ゲームオーバーというのは幾ら何でも…。ソルを選んで頑張ってみたけれど、9人目のカイが限界…

…そして…

イメージ 2
・悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション

プレミアが付いていて20年以上買うのを見合わせていた『バンパイアキラー』が収録されるとはいい時代になったな(
…普通に悪魔城伝説とドラキュラくんが遊べる時点で十分に最高なんですが(笑)

それはともかくとして前回の『(コナミ)アーケードクラシックアニバーサリーコレクション』はハムスターのアーケードアーカイブスの機能縮小版だったけれど、こっちは安心のM2が移植担当。

何が素晴らしいかというと、
イメージ 3
ゲームボーイの液晶の質感を完全再現!
同社開発の『聖剣伝説コレクション』といい、こだわりが半端じゃないな。

ところでドラキュラ1&2はディスクシステム版ではなくROMカートリッジ版なのは任天堂ハード以外へ移植する際のディスクシステムBIOSが理由らしいけれど、ゲームボーイのBIOSは大丈夫だったんだね^ ^




●Nintendo Switchチケットカタログ
9980円で今後発売されるタイトル含む対象のNintendo Switchタイトル2本と交換できるのは有難い。
個人的にはこの夏に発売されるアストラルチェインとFE風花雪月の二本が欲しい。
イメージ 4
この二本だとチケット代差し引きで6000円以上安くなるのは助かる。
…夏になる前にある程度ゲームを消化しないとなあ(笑)



●メガドライブミニ新規収録タイトル
・大魔界村
・ストリートファイターIIダッシュプラス
・ロックマンメガワールド
・ゴールデンアックス
・ザ・スーパー忍
・ファンタシースター 千年紀の終りに
・ストーリーオブトア
・タントアール
・パーティクイズメガQ
・幽☆遊☆白書 魔強統一戦


カプコンだけで3タイトル!個人的にはストライダー飛竜を…と言いたいところだけれど、この3タイトルならば贅沢というもの。中にはダッシュプラスよりもキャラが多いスパIIが欲しい人もいるかと思うけれど、あっちはメモリの都合上か解像度が低くなって音楽もサンプリングじゃなくなったんだよなあ。
ロックマンは処理落ち対策としてテラドライブモードというのもちょっとしたプライズだけど、実機ではその処理落ちでクリアできたんだよなあ(汗)

スーパー忍は後期版をベースにしたWiiバーチャルコンソール版なのが(パッケージ版が存在しないだけに)熱い!

ファンタシースターは4作目だけれど、これとシャイダクが出たときは「セガはやっと万人が遊べるバランスのRPGを出せるようになったなあ」と思って、実にシリーズで一番好き。シリーズ最終作に相応しい大団円のエンディングとIIよりも派手になりながらもスピーディになった戦闘シーンも最高だった。

キンコロはさすがに無理だったけど(汗)、その代わり(?)のトアもいいねえ。レベルをスタート時のままクリアしたぐらいはやり込んだ。

タントアールのマルチ対戦プレイはUSBハブで対応…!?そうなるとリアルで対戦する相手見つけないとなあ。

メガQは高校当時よくみんな集まって多人数対戦したけれど、一人でもCPUが混じるとムリゲーなのが残念だった。

そして、今回の最大の目玉の幽遊白書魔強統一戦!ある意味でジャンプミニファミコンの対抗馬!これもよく対戦したなあ。セガタップ目的でセガタップが同梱された『Jリーグプロストライカー完全版』を買ったのも懐かしい。

ここまで意外性あるタイトルが発表あると、テトリス収録されてもおかしくはないな。次回6/4の発表が待ち遠しい!