イメージ 1
・FINAL FANTASY VIII Remastered(あらかじめDL)
・グランブロックシューター
・アーケードアーカイブス ウォータースキー
・ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ!~


イメージ 2
・パワルミ

イメージ 3
・ゼルダの伝説 夢をみる島(あらかじめDL)

そして、昨日配信が開始されたドラクエ11Sの無料体験版をダウンロード!聞くところによると想定プレイ10時間の大ボリュームな体験版らしい。3DS版を105時間でクリアしたので、およそ1割も遊べることになるのだから太っ腹だ(笑)

そんな感じで、いま攻略しているファイアーエムブレム風花雪月が最終マップに到達しながらもそこで数日間止まっているのにも関わらず、8/22発売の新作ソフトを爆買いしてしまった…

9/3発売のFF8リマスターも待てずにあらかじめダウンロードしたり、ついでに9/20発売のゼルダの伝説 夢をみる島もダウンロード。

そして、来月末に出るドラクエ11Sの体験版が配信開始されたので、どうしても気になって早速プレイ…
FE風花雪月終わってないのに(笑)


結論から言わせるとスイッチ版ドラクエ11Sは凄いな。

グラフィックは先行して発売されたPS4版よりも劣ると言われながらも単体で見れば綺麗だし、戦闘シーンや移動スピードを高速化することで快適に遊べるし、ドラクエリメイクとしては3DS版ドラクエ8から採用されたイベント時のフルボイス化もキャスティングが素晴らしく見入ってしまう。特にエマの演技は幼馴染らしさを感じる喋り方でお気に入り!もちろん主人公には掛け声くらいしかボイスがないので感情移入の妨げになることはないのでご安心を!
これに加えて体験版では未実装だけど音楽をオリジナルかオーケストラサウンドに切り替えられるのだから二周目でも新鮮に楽しめそう。

ところでPS4版と3DS版の要素に加えた大ボリュームながらも使用容量はPS4版の半分以下なのが驚き。もっともSwitch史上の大作であるゼルダの伝説ブレスオブザワイルドやゼノブレイド2もそれくらいだから、Switchユーザーにしてみればそう驚くことはないのかな?あと、SwitchのドラクエヒーローズI・IIは二本カップリンゴとはいえドラクエ11Sよりも10GB以上あって容量デカすぎ!(笑)

イベントのフルボイスといえば、来月出るFF8リマスターも価格が高くなってもいいからボイス実装して欲しかった。当時のFFはボイスなしだったからボイス無しでも違和感なかったけど、今時のゲームを見てしまうと8頭身のキャラでボイス無しは違和感あるしね^_^




●Switch版ストライカーズ1999、8/29発売
イメージ 4
パッケージ版はコレクションソフトとしてすでに発売済だけど、単体ダウンロード版の発売は来週配信と、思ったよりも早くて驚き。
ストライカーズ1999に限らず、この時期に出たアーケードの彩京のシューティングはどれも難しくて、アーケード版は大して遊ばなかったけれど、Switch版は難易度を一番下に下げてヌルく遊ぶ予定。それでもドラゴンブレイズは一番簡単にしても難しかったから油断できないなあ(笑)