2013年01月

本日AKBファンの後輩が購入したSKE48のニューシングル『チョコの奴隷』のCDとトレカ。
イメージ 1
そういやJKリフレの料金を見てふと思ったけれど、改めてAKBの握手券付きCDってリーズナブルに見えるなあ。
 
JKリフレのコンパニオンがどんなに若くても女子高校生だけど、AKBの握手会の女の子なんて若い子だと現役JC(中学生)なんだぜ(爆)
 
しかも、握手会はファンしかいないこともあって、人目を気にせず堂々と現役中学生(しかも人気絶頂のアイドルグループのメンバー)とお話できて、さらに握手できるなんて最高じゃないですか!
お値段もたった千円ちょっとだけで済みますし。
 
私が前回の握手会で相手にしてもらった白間美瑠さん(NMB48所属)なんて、当時中学生であり、私の20歳年下だったけれど、これが会場じゃなかったらこりゃマズイだろ(笑)
 
なんか、こうやって書いていると、うちのブログは
ゲームブログというより、ただの変態ブログに見えるのだが、いかがだろうか?(爆)
 
 
しかし、峯岸みなみの丸坊主の件はびっくりしたなあ。
お泊り騒動によるケジメとのことだけれど、AKBメンバーの中でもトップクラスの人気で丸坊主とは…研究生へ降格だけでも十分すぎる処分なのに、自主的にここまでケジメをつけることはないと思うけれど、彼女はそれだけ責任を感じたんだろうなあ。
髪の毛は女の命と言われているけれど、今どきの女の子でこれだけの度量を持つ子は本当に珍しい。というか、男でもここまで思い切ったことをできるヤツなんていないですよ。
アンチ諸君も口だけは達者だけど、奴らはチキン野郎だからそこまでの度量はないでしょうしね。
…いや、ぼくのデコが広いからといって、別に刈るだけの髪があることへの嫉妬はないですよ(爆)
 
…来月からマジメにゲームブログやりますので、よろしくお願いします…多分だけど(笑)
 
ますます女性読者が減るなあ…(爆)

給与計算などまだまだ月末進行が終わっていませんが、取り敢えず3DSバーチャルコンソールタイトルを購入したので報告。やる暇ないですが(笑)
 
 
ファミコンソフト『マドゥーラの翼』
イメージ 1
 
 
ゲームギアソフト『ぷよぷよ』
イメージ 2
 
うーん、この頃のアルル(ぷよぷよの主人公)は可愛いなあ(爆)
 
 
来週配信予定の3DSバーチャルコンソールタイトルはこちら
 
ファミコンソフト『ダブルドラゴン』
イメージ 3
 
 
ゲームギアソフト『アーリエル クリスタル伝説』
イメージ 4
 
 
『ダブルドラゴン』はテクノスジャパンの同名アーケードの移植で、元のアーケード版は元デコ社員様でおられる岸本良久氏(代表作:サンダーストーム、ロードブラスター)が企画した作品でもあります。
アーケード版とは異なり二人同時プレイが不可になりましたが、当時のファミコンソフトに見られた「何が何でもRPG的な要素を入れる」という時代の流れに合わせてか、一定数の敵を倒すたびに新しい技を覚える成長要素を取り入れたのが特徴です。
ファミコン版の数ヵ月後に発売されたマスターシステム版は、二人同時プレイができたり、システムがアーケード規準となっていますが、肘打ちを含めた全ての技がリーチが短すぎて簡単に敵に打ち負かされる」という欠点が全てを台無しにしているので、個人的にはファミコン版が遊べる出来だと思います。
 
 
『アーリエル クリスタル伝説』は、九月姫キャラが活躍するシミュレーションRPG(ファイアーエムブレム的な)で、自軍ユニットが敵対ユニットに接触するまでどんなユニットだかわからないのが特徴です。
実は当時『メガドライブFAN』(徳間書店)誌上で九月姫先生によるマンガが連載されていましたが、内容はほとんど忘れてしまったものの、続編を作って欲しいとの魂の叫びがネタとして毎回使われていたのが印象深かったです(笑)
その続編は『ロイヤルストーン』として発売されましたが、ハード末期の発売だったため、実際にプレイした人は少なかったんじゃないかなあ。『ロイヤルストーン』というタイトルからも続編とわかりにくいですしね(笑)
 
九月姫先生といえば、PCエンジンやセガサターンで発売される予定だった『モンスターメーカー』の悲劇を思い出してしまうゲーマーはすでにオッサンなので気をつけましょう(爆)

●ドリームキャスト向け新作が年内発売予定
http://gs.inside-games.jp/news/385/38508.html(インサイド)
イメージ 1
昨年の『ガンロード』に続き、今年もインディーズながらも新作ドリキャスソフトが出るようです。
前回の『ガンロード』は、100人中100人が「これタリカンじゃね?」と思うぐらいタリカンってましたが(笑)、今回の『ゴーストブレード』は開発中のスクリーンショットを見る限り、PCエンジン時代のキャラバンシューティングみたいな感じになりそうです(記事を読んでみると、キャラバンシューティングのようにスコアアタックモードが搭載されているようですしね)。
ぶっちゃけ海外の2Dシューティングは微妙なモノがばかりなのであまり期待はしておらず、買う予定もないですが(買ってもやらないし)、一度はプレイしてみたいので秋葉原トラタワ7Fで稼働してくれると助かるなあ(トラタワは歴代のインディーズドリキャスソフトを稼働させていたことがあるので。他力本願ですがw)
 
しかし、配信じゃなくてパッケージとして売り出すのは凄いよなあ。今の私なんてシューティング好きながらもフルプライスでシューティングを買う気がないし、世間的にもそんなものかと思いますが、それを敢えて製造中止となった機種で発売するなんて自殺行為に等しい(笑)
(ソース&イメージ: hucastgames via )
 
 
 
 
●米Atariが破産法適用を申請 独立モバイルゲームメーカーとして再建を目指す
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1301/22/news035.html(ITmedia)
一週間ぐらい前の記事で申し訳ないですが、この記事を取り扱った某ゲハブログでの「Atariといえば老舗中の老舗 是非とも債権して欲しいね」というコメントを見て、あまりにものゲーム知識のなさに失笑してしまった(笑)
 
現在のアタリというのは今のタイトー(実質はスクウェア・エニックス)のようにブランド名だけで中身は別メーカーということはオールドゲーマーならずとも、若いゲーマーでも元ソース(ITmediaの記事)をしっかり読めばわかるのに、該当記事を読まずに見出しだけで書いたのが丸わかり。まあ見出しだけで煽るのがゲハブログの本質なので、言うだけ無駄かも知れませんが。
 
それはそうと、8年ぐらい前にハワイに行った時にゲームボーイアドバンスの『幽★遊★白書』のゲームを2タイトル購入しましたが(アクションRPGとシミュレーションのヤツ)、アタリブランドでの発売にびっくりしました(笑)
 
 
 
 
●そのゲハブログがマスゴミよりもタチが悪い
 
PVを稼ぐために見出しを誇張して扇情的にし、その記事もソースの一部分だけを抜き出して事実をねじ曲げ、読者を煽るだけ煽る。そしてその記事を鵜呑みにしたゲハブログ信者が暴れまくると。
2ch転載禁止を喰らったのもこれが理由の一つなのに全然反省していないのは、一度アフィ収入の旨みを知ってしまうとやめられないからでしょうね。
むしろマスコミをより悪い印象に仕立てているのはゲハブログだと思ったりします。
私が彼らの立場だったらそうするかも知れませんが(まあ私も金は欲しいしw)、唯一救われているのは私にゲハブログを作る才能が全くないということでしょうか(爆)
そもそもゲハブログなのに当のゲーム記事が少ないのがどうなのよと思うのだが(笑)
 
 
 
 
●「追い出し部屋」パナなど5社を実態調査 厚労省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130129-00000008-asahi-soci
この記事を読んで、セガの「パソナルーム」を思い出しましたが、その「パソナルーム」をネタにしてしまった『セガガガ』(ドリキャスで発売されたセガ経営シミュレーションゲーム)を思い出してしまったのは私だけではないはず(笑)
 
 
 
 
●週刊超ファミコン、今週より配信
http://www.poco2.jp/novel/famicom/
太田出版の『週刊超ファミコン』がファミコン30周年を記念して、今週より毎週月曜に更新されるようです。ライター陣はクソゲーハンターの面々で、今週はソフトプロの『カラテカ』を掲載。
私も対抗して、メガドライブ25周年を記念して『週刊 超メガドライブ』でもやろうかしら?いや毎週はきついから不定期連載が現実か(笑)
記念すべく第一弾は帝王ソフトとしてメガドライバーに恐れられた『ソードオブソダン』で!
…まあこんな記事を書いてもニーズがなさそうなのでやりませんが(笑)
 
 
 
●『WiiU』にゲームソフトが無いけど大丈夫?実は23年前から同じだった事実判明!
http://getnews.jp/archives/286317(ガジェット通信)
23年前のスーファミもそうだけれど、その後のニンテンドウ64もそうだったことを忘れないでいただきたい(一応該当記事でも少し触れていますが)。64のローンチなんてマリオ64とパイロットウイングスと羽生将棋の3タイトルしかなく、次の発売が3ヶ月後のウェーブレースだぜ。さらに次のタマがその2ヶ月後のワンダープロジェクトJ2とセタのゴルフゲー…WiiUの問題ではなく、任天堂据え置きハードの伝統かも知れないですね。というか、ローンチに16タイトルも用意されていたWiiが異様だっただけで(笑)
でも、ローンチタイトルが2本しかなかった上、最初の年末商戦タイトルがおそ松くんだけだったメガドラに比べれば天国だと思います(爆)
その点、WiiUのローンチなんてまだまだ万人でも楽しめますからね。
 
 
 
 
●話題のJKリフレについて
 
秋葉原の街頭で制服姿のJK(女子高生)が客引きしていたけれど、あれってホンモノの現役JKだったのかなあ。うーん惜しいことした(爆)
それはともかく(というかあの価格帯だったら泡の国に行くぜw)、もしホンモノだとしても、その容姿からいわゆるアキバ系のオタクの好みに合わなさそうな気がするんですよね。
JKリフレの女の子って私が見る限りギャル系が多い印象(少なくとも客引きの女の子を見る限り)で、反面、オタクが好みそうな女の子は基本的に純粋系なので、このJKリフレはそれとは違った層に人気があるような気がします(つーか、ネットでの「ギャル=ビッチ」という風潮は嫌い。こういう奴に限って女性経験がない)
まあ、ぼくはJK関係なしに可愛い女の子だったら誰でもOKなんですが(爆)

早速ですが、仕事の月末進行ということで、ブログ更新は休み休みになりそうなので、前もって報告致します。


さて、主にコンビニで取り扱っていた冨樫義博先生の『HUNTER×HUNTER』の総集編コミックですが、単行本を全巻持っているのにも関わらず総集編コミックも買い集めていたのですが、総集編最終巻にあたる「グリードアイランド後編」だけは何故か買い逃してしまったんですよね。確か、発売当時は忙しくてコンビニすら行けなかった時期だった気もします。
 
その総集編ですが、劇場版の公開に合わせて重版されたので、『社長島耕作』を一緒に購入しました(笑)
イメージ 1
この総集編、ジャンプと同じサイズなのでジャンプコミック版では味わえない見開きの迫力が最高です。一部のページではカラーページがあるので、できることなら「キメラアント編」も出して欲しいところです。
 
今日本テレビで放映しているTVアニメですが、いよいよ次回はグリードアイランド製作者の一人が登場します。この製作者との戦いはグリードアイランド編の最大の見せ場でもあるので、今から楽しみだったりします。
 
 
イメージ 2
なお、今から10年ぐらい前に作られたOVA『HUNTER×HUNTER グリードアイランド編』のDVDは全巻所有しています(全22話)。
 
原作でも何度も読み返して、OVAでさらに復習、そして新TVシリーズ版でその違いを探すのがなかなか楽しい。
原作こそは絶賛休載中ですが、TVアニメ版のおかげで全く寂しい思いはしていません。
 
そういえばネットでは散々な評価な新TVシリーズですが、その評価とは裏腹に現在放映中のTVアニメでも10位に入るほどの高視聴率(ジャンプアニメではワンピース、トリコに続く3位)で、当初一年の放映を予定していたこのアニメが延長された事実からも、ネットと現実との温度差を感じてしまいます。まあ世間での高評価の作品はその分アンチがいるので仕方ないですからね(笑)
 
TVアニメで放映が延長される例は最近では珍しいですが、個人的には今週で最終回を迎えた『スマイルプリキュア』もキャラクター続投で続編を作って欲しかったのが正直なところです(キャラが続投されたシリーズって、ふたりはプリキュアとYes!プリキュア5の2タイトルだけでしたっけ?)。
イメージ 3
せっかくキュアピースが可愛かったのに、一作で終わりなんて悲しいじゃないですか(爆)

イメージ 1
先週秋葉原に行けなかったので、一週間ぶりに行ったら、ニンテンドー3DSのすれ違いで「すれ違い回数3000」を突破しました!
 
それはそうと、秋葉原のまんだらけのゲームフロアのお買い得ソフトコーナー、とうとう無くなってしまいました…あそこに掘り出し物がたくさんあったのに、かなりがっかりしました。たまーに非売品ソフトも混入していましたからなおさらです。
 
めげても仕方ないので(笑)、本日買ったソフトはこちら
 
イメージ 2
ニンテンドー3DSソフト
●プロジェクトクロスゾーン(新品) …1,980円
 
GENESISソフト
●Hard Drivin' …420円
 
『ハードドライビン』は、メガドライバーならお馴染み、メガドライブ初のポリゴンを採用したドライブシミュレーションゲームです。当然日本国内版は所有していますが、特に買うゲームがなかったのと、値段が安かったので購入(笑)
ちなみに、日本では未発売に終わった『レースドライビン』はGENESISで購入しました。
 
『プロジェクトクロスゾーン』は、安かったのと体験版が面白かったので購入。特典付きの方はあと数百円で買えましたが、場所を取るので通常版にしました。
イメージ 3
 
そういえば、ニンテンドー3DSソフト『レイトン教授vs逆転裁判』がトキワ無線で早くも2,980円になっていてびっくり。もうちょっと安くなってから買うか、それとも次に秋葉原に行った時に買うか悩むところですが、悩んでいるうちになくなってしまう可能性もありそうで怖いです(笑)

↑このページのトップヘ