2013年05月

イメージ 1
もう何日前の話になりますが、職場の後輩たち3人がAKB握手券&投票券目的で大量のCD『さよならクロール』を買ったので、そのうちの一枚をもらいました。.
 
イメージ 2
私もCDを買ってもいいのですが、なかなか握手会に行ける余裕がない(しかも私の住む大井町からだと会場の幕張メッセまでかなり遠い…)ので、3DSの音楽配信サービス『レコチョク』で同曲をお布施として購入しました(笑)。250円也。
 
個人的にAKBは夏の曲が好きで、古くは『ポニーテールとシュシュ』『Everyday、カチューシャ』、昨年では『真夏のSounds good !』が気に入っています。AKBの夏の曲が好きな理由は、爽やかな感じの曲であることと、あとはPVの水着姿がえろくって、それだけでご飯三杯ぐらい食べられるとこでしょうか(笑)
まあPVのエロさでいえば『ヘビーローテーション』も捨てがたい(爆)
 
 
それにしてもだ。今回のCDは選挙券が付いているだけに相当売れているようですね。
イメージ 3
本日(5/31)の毎日新聞の夕刊一面によると、初週売り上げが176万枚と音楽業界の歴代最高を記録だとか。よく「握手券が~投票券が~」と言われていますが、特典付き商法はAKB以前にもあったので(電子の歌姫の初音ミクさんもやっているしw)、やっぱ凄いと思います。
というか、夕刊とはいえ、一般紙の一面のトップ扱いなんて国民的アイドルは違うな(笑)
いくら特典商法を付けても売れないアイドルが同じことをやっても成功するとは限らないですからね。まあ相変わらず自称某ゲームアイドルさんはディスってたけれど、妬みにしか見えん(笑)
裏を返せば、「複数枚買わせるほどの魅力がある」ということになりますからね。
 
 
で、他社もAKBにならって総選挙を行っていますが、現在私がハマっているスマホゲー『ガールフレンド(仮)』でも来月総選挙(実際はミスコン)が開始されます(笑)
イメージ 4
『ガールフレンド(仮)』では毎日投票券が無料にて発行されますが、なんと課金でカードを購入することでオマケにもう一枚獲得することができます。だから総選挙が始める前にすでに5枚持っているという(笑)
さて、誰に投票しまくろうかな~
 
 
AKB総選挙に対抗して、うちのブログでメガドライブ25周年総選挙を行ったら、間違いなく『闘技王キングコロッサス』がぶっちぎり一位になりそうですね。
それこそ2位以下を圧倒的な差で(笑)
イメージ 5
 
 
次は今はなきウルフチームのメガCDローンチソフト『アーネスト・エヴァンス』。画像では9枚ですが、実家には最低でももう2本あります。しかも新品未開封。これだけの本数を個人で未開封で所有している人間は私だけでいい…
イメージ 7
 
 
三位はかつてメガドライバーに帝王ソフトとして恐れられていた『ソードオブソダン』。実は結構お気に入りのソフトだったりします。難易度イージーなら20分以内でクリアできるまでやり込みましたし(笑)
イメージ 6
 
前にも書きましたが、全メガドライブソフト(554タイトル)のうち、大半がダブリで持っているので、他にもこういった複数持ちソフトが出てきそう…
 
世間的にレアと言われている『バトルマニア大吟醸』『バンパイアキラー』『スラップファイトMD』『エイリアンソルジャー』なども複数本持ちなので(しかも数年前に秋葉原で数千円程度で買えた)、あまりレアという実感がありません(笑)
 
それにしても、安売りのメガドラソフトを見かけたらつい買ってしまう癖を直さないと大変なことになるなあ。上記のレアソフトと言われるものも秋葉原ではたまに安く売られているので、ついもったいなく買ってしまうんですよね。病気かも?
 
だからレアソフトを貧乏人である私でも買える価格帯で安く売るのはやめて下さい。特にまんだらけさん!(笑)

もう4日前の話になりますが、先日の日曜日に川口でレトロゲームオンリー同人イベント「ゲームレジェンド」が行われましたが、以前紹介した同人誌以外にもレトロゲームグッズをいくつか購入しました。
 
どのグッズもゲーム愛を感じられるものばかりですが、出来が良すぎるのがかえってもったいなく、実用できないものばかりです(笑)
 
その購入した中で、実用性があり、お気に入りの一品はこちら。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
ピットファイターの「残虐行為手当Tシャツ」
 
シンプルなデザインかつインパクトのある言葉が最高な一品です。このデザインなら街で着ても恥ずかしくはありません。多分。
 
 
あと、実用的かどうかはともかく、『ゼルダの伝説』の刺繍風缶バッジも購入しました。
イメージ 2
買った理由は簡単。
売り子の女の子の二人が可愛かったからです(爆)
 
もしレジェンドに参加される方で、同人グッズの売り上げに自信がなかったら、売り子を若い女の子に依頼することを激しくお勧めします。そうすると間違いなく私がグッズを購入しますので、まず売り上げゼロになる心配はありません(笑)
 
 
次のレトロゲーム関係の同人イベントは8月の夏のコミケか…少し間が長いなあ。今のうちお金を貯めないとグッズを買う予算が厳しいぜ(笑)

ふと、『ダブルドラゴン』をパズル化して『パズルドラゴン』の名で売り出したら、うっかり『パズル&ドラゴンズ』と勘違いして買ってしまう人が続出して思わぬ大ヒットになるんじゃないかな、と3DSバーチャルコンソール版『ダブルドラゴンII』をプレイしてそう思ってしまった宮田です(笑)
 
そんなわけで本日は3DSバーチャルコンソールの『ダブルドラゴンII』『ワリオの森』をダウンロードしました(笑)
イメージ 1
イメージ 2
今回、約20年ぶりにファミコン版『ダブルドラゴンII』をプレイしたんだけれど、前作ファミコン版の発売から一年のブランクがあっただけに技術的進化が見られる作品ですね。
特に前作ファミコン版にはなかった二人同時プレイを実現しながらも処理速度を確保しているのはさすがです。
つーか、処理速度だけでいえばメガドラ版『ダブルドラゴンII』よりも上なのはどういうことだ(笑)
あとは、他のテクノスジャパンファミコン作品に言えることですが、色数の少ないファミコンのパレッドでメリハリのある色使いは素晴らしいと思います。
 
 
『ワリオの森』は一応ほぼリアルタイムで買ってプレイしたゲームですが、発売時期の悪さからその頃から売れなくって、『ゼルダの伝説1』とほぼ同時期に300円ぐらいで買った記憶が(笑)
『テトリスフラッシュ』と並び任天堂パズルゲームの中でもシステムを理解するのが難しいゲームですが、パネルではなくキノピオ自身を操作する内容が好きで結構ハマりました。終盤は条件が厳しすぎて最後まで行かなかったけれど(涙)
 
 
今回ダウンロードしたソフトはこれだけではありません。
 
そう、それは……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
セガ3D復刻プロジェクト第4弾『3D獣王記』!!!
 
某2chでは「あんなクソゲー、日本じゃ100人も買う人がいない」とかほざいた書き込みを見たけれど、それはありえない。何せ私は2台の3DSにダウンロードしたからだ。これで『獣王記』の二人同時プレイが堪能できる。
もっとも、一緒に遊んでくれるヤツなんていないけど(笑)
 
 
 
 

さて来週配信の3DSバーチャルコンソールはこちら
 
イメージ 5
●ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島
 
 
イメージ 4
●がんばれゴエモン外伝 消えた黄金キセル
 
 
今回の『新・鬼ヶ島』で任天堂アドベンチャーシリーズの配信が3作目となりますが、この流れで『遊遊記』『タイムツイスト』が配信されたら嬉しいですね。まあこの時期のコマンド入力アドベンチャーは今やるとかったるく面倒なので(そのせいで菅野作品を再びプレイする気が起きらない)、配信されたとしても遊ぶかは微妙なところですが。そう考えるとアドベンチャーゲームの主流がコマンド入力式(選択式)からノベルゲームに移ったのも納得します。物語の面白さと難易度の高さは比例しないですからね。
 
 
『がんばれゴエモン外伝』はシリーズ初のRPGですが、ファミコンの比較的末期に発売されたこともあってグラフィックの綺麗さに当時(私が小学6年生の頃)惹かれるものがありましたが、なかなか遊ぶ機会に恵まれずにいました。買ってもやらないと思うけれど、とりあえずおさえるつもり。この流れで同じコナミファミコンRPG『MADARA』『ラグランジュポイント』が配信されたら嬉しいけれど、権利的に絶望的だよなあ…
 
 
さて、これから『獣王記』でもやり込もうかしら。やっぱクマちゃんは最高だぜ!(笑)
イメージ 6

いよいよ明日配信の3DSのセガ復刻プロジェクト『3D獣王記』ですが、私のように「待ってました!」という人もいえば「こんなゲームを出すなら他のゲームを出せ!」といった意見も多いのですが、それだけ反響が大きいゲームなんでしょう。

個人的には、この「B級感」こそがセガらしいと思っていますが(笑)
 
オリジナルがアーケード版ということもあり、当然ながら「どうせ出すのならここはオリジナルのアーケード版だろ」という意見もありますが、改めてアーケード版をやってみて…と言いたいところですが、今どきアーケード版を置いてあるモノ好きなゲーセンはそうないので(笑)、PS3ソフト『SONIC's ULTIMATE GENESIS COLLECTION』収録に収録されているアーケード版(隠しで収録)をプレイしてみました。
イメージ 1
で、その感想は
「やっぱ移植するならメガドラ版でしょ」
 
アーケード派の人たちは多分思い入れ補正でアーケード版の方が優れていると思っているかも知れませんが、3DSで遊ぶ場合、必ずしもそれが正しいとは思えません。確かにアーケード版こそがオリジナルですが、それが3DS化に向いているかどうかになると話は別です。
 
アーケード版とメガドラ版と遊び比べると、メガドラ版の方がバランスや操作性が改善されて遊びやすいのですが、それよりもアーケード版ではメガドラ版では実現していた背景の二重スクロールがないので、3DSの立体視には向かないんですよね(というかやりようがない)
 
確かにアーケード版はメガドラよりも性能が高いボードを使っているので、音に迫力があるし、容量に余裕があるせいかキャラのサイズや動きのパターンはメガドラ版よりも豊富ですが、それでもメガドラ版の二重スクロールに見慣れてしまうとアーケード版はあまりにも平面的で、静止画ならアーケード版の方が上ですが、動画ではメガドラ版の方が上です。
それに難易度自体もアーケード版は高く、さらに操作がメガドラ版以上に重く、そんなゲームをゲーセン環境ならともかく、3DSのインターフェイスでプレイするのはあまりにも無理があります。
だから私はメガドラ版でよかったと思います。
 
つーかさ、メガドラには『ザ・スーパー忍II』『エイリアンソルジャー』といった名作アクションがたくさんあるけれど携帯ハードにテクニカルな操作を求めるのは酷ですし、『ベア・ナックルシリーズ』『ゴールデンアックスシリーズ』といったベルトスクロールアクションは背景にパースがついていないので立体視に不向きなので、実のところゲーム内容が大味な『獣王記』こそが携帯ハード向けのゲームかも知れませんね(笑)


話は変わって、ヤフオク!でコナミのGENESIS(北米メガドライブ)ソフト『SUNSETRIDERS』を5,500円で落札、そして本日商品が届きました。
 
元はアーケードで稼働していたアクション・シューティングゲームで、ゲーム内容は同じコナミのゲームで例えるなら西部劇版『魂斗羅』と言えば話が早いです(笑)
イメージ 2
すでにソフトは持っていて、さらに欧州メガドライブ版と、メガドラ版よりもアーケード版の内容に近づいたSUPER NES(北米スーパーファミコン)版を持っていますが、秋葉原での相場(9千円前後)よりもはるかに安い設定で出品していたので、ついうっかり落札してしまいました…これぞ金の無駄遣い(爆)
 
それにしても送料300円なのに、梱包が無駄にしっかりされていて恐れ入ります(笑)
イメージ 3
イメージ 4
ソフトの状態も海外のソフトの中古品であることを考慮すれば満足する取引でした。
まあ、複数本手にするほど好きなゲームと言われたら微妙です(爆)

昨日のゲームレジェンドで入手したプチコンmkII(ニンテンドーDS)の『タイニーバトルス』のペーパーを見てかなり興味を持ったので、早速プチコンmkIIをダウンロードしました(旧プチコンは所有済み)。800円なり。
イメージ 1
 
早速ソフトを起動して、ペーパーに掲載されている28個のQRコードを読み取って、『タイニーバトルズ』を起動!
イメージ 2
イメージ 3
すごい。まさにP6版『タ○ニーゼ○ウ○』!!!
まああまり似すぎると権利的に問題がありまくるのでこれ以上は言いませんが(笑)、プチコンmkIIではそれ以上の出来のゲームを作成することができるのにも関わらずそれっぽく作られているのが愛を感じます。マップ構成は異なるものの、グラフィックや動きや音楽に至ってはそのままで、パックマンに登場するアカベエもきちんと出現します(笑)
 
そういえば元となったPC-6001ソフトのアレをプログラムしたのは、なんと当時中学生の少年というのが驚きです(しかもゼビ○ス初移植作品)。
当時としても非力な能力を持つ機種で、ハードの限界に挑む技術力はまさに天才です。私の中学生時代なんてBASICでゲームを作るのが精いっぱいだったのに(笑)
 
ここまでの力作を見てしまうと自分も一作作ってみたいですが、今からプログラム言語を覚えるのはきつすぎです…できれば自分が中学生の頃に出して欲しかったです。その時はベーマガとセットで(笑)

↑このページのトップヘ