2014年05月

今日はゴールデンウィーク最終日ですが、皆さんいかがおすごしでしょうか?
実は私、ゴールデンウィーク唯一の休みが今日なのです(涙)
 
そんなわけで昨日は仕事だったのですが、それ以降の予定が埋まっていて、なかなかの忙しさ(?)でした。
 
午前6時出勤
  ↓
14時仕事上がり
  ↓
それから中央林間にある地元友人の新居に遊びに行く
  ↓
夕方過ぎに実家に向かう
  ↓
実家で夕飯を食べて21時に大井町に向かう
 
上京して18年(ぐらい)、実家にトンボ帰りした日はこの日が唯一でしたが、予定がなければ一日中実家でゆっくりしたかったなあ。それは次の機会にするか。
 
その前の日は池袋でレトロPCの同人イベント『マイコンインフィニティPRO-68k』が開催され、ゲストにマインドウェア(旧MNMソフトウェア)の市川取締役が来られ、個人的にメガドライブ版『スラップファイト』及び、当時の貴重な裏話を聴けたのですが、それが次の機会に(笑)
 
 
ところで今遊んでいるゲームは相変わらず3DSの『ブレイブリーデフォルト フォーザシークウェル』ですが、たまたま何かの用でヤマダ電機に行ったら気になる新作ソフトが売っていたので、予算的に非常にヤバいのにも関わらず買ってしまった(爆)
 
イメージ 1
●マリオゴルフワールドツアー
●おさわり探偵小沢里奈ライジング3
 
ゴルフゲームが苦手ということもあり、当初『マリオゴルフワールドツアー』は全く買うつもりがなかったのですが、店頭でパッケージを眺めていたらマリオの魅力でうっかり買ってしまったという(笑)
ところであまり触れられることがありませんでしたが、このソフトの発売日って、ファミコンの『ゴルフ』の発売からちょうど30周年にあたる日に発売されたんですよね。
任天堂はこの発売日を狙っていたんでしょうか?気になるー
 
もう一つの購入ソフト『おさわり探偵小沢里奈ライジング3』は、シリーズは一度もやったことはなく、いまだどんなゲームだか知らないのですが、主人公の助手のなめこの可愛さで買ってしまいました(笑)
私の大変親しい友人Gくんがペコちゃんグッズを集めているので、それに対抗してなめこを集めているのですが、
これ以上部屋に物を増やしてどうするのかと反省しました(笑)
 
イメージ 2
せっかくなんで所有する3DSマリオシリーズを並べてみました。
アクションにレースにRPGにテニスに今回のゴルフ。多種多様なジャンルが揃っているのが素敵です。
 
ゲハ板で「任天堂はマリオ頼みで飽きたよ」とコメントしているのを見て、彼らは明らかにマリオシリーズやっていないだろ。と思いました(笑)
 
マリオシリーズは基本的に任天堂各機種に現状1ジャンルしか出していないし、続編が出るとしてもそれは次の世代だったりするので、発売は数年後。
数年ごとにしか出していないシリーズを「マリオばかりで飽きた」というのは納得しないんですよね。
 
飽きるほど遊んだのなら彼にとってそのゲームが面白いわけですが、ゲハのコメントから察すると、単にディスっているとしか思えません。
それに、幅広い層に向けてゲームを作るにはマリオのネームバリューが必要なわけで、実際にマリオシリーズは一定の信頼性もあります。
口だけデカい自称評論家(あるいは自称動画評論家)の好みに合わせてゲームを作るよりも、世代交代からくる若いユーザーに向けて作った方がいいのは言うまでもないでしょうね。

本日、愛用していたプレイステーション3がついに電源が入らなくなりました!
ゲームはやらないのですが、DVDやBDはこれで観ていたのでショックが大きく、これを機にプレイステーション4を買うのもアリのように感じました。
正直、プレイステーション4で遊びたいゲームはないのですが、そもそもプレイステーション3でもほとんどゲームをしていないので無問題で、ぶっちゃけAVさえ観れれば何でもOKだったりするのは、このブログの読者だけの秘密だ(爆)
 
 
 
話は変わって現在、任天堂ハードで一番気に入っているのが、最近11台揃えてしまったニンテンドー3DSですが、デザイン面で3DSよりも気に入っているのがニンテンドーDSi。
イメージ 1
発売当初は「いくら液晶が若干大きくなったり、本体の厚みが薄くなっても、DSliteがあれば十分じゃん!ゲームボーイアドバンス遊べなくなるし!」と思っていました。
 
しかし、時が経つにつれ、スリープ機能がないゲームボーイアドバンスソフトを外で遊ぶには今では不便でしかなく、DSがメインになってからはほとんど遊ばなくなったんですよね。
 
それから私がDSi本体を手にしたのが3DS本体を手に入れてからと、かなり遅い時期で、購入理由も「安かったから」(笑)
 
でも使ってみると、いくら3DSでDSのソフトが遊べるとはいえ、DSソフトを遊ぶことだけを考慮すればグラフィックが綺麗に表示される専用機のDSiが上で、しかも筐体がコンパクトで物としての魅力もある。
まあ、DSソフトも個人的にはいまさら感があるし、未プレイの3DSが腐るほどあるので、そうそう活躍することは少ないと思いますが、素晴らしいハードだと思います。
 
それに今でも新作が発売され続けている豊富なDSiウェア(ダウンロード専売タイトル)が遊べるのも魅力です。
 
DSi版ニンテンドーeショップのUIが、3DSのそれに比べると使い勝手が悪すぎるのがきついですが(タイトルを選ぶにも一苦労だし、処理も重い)、裏を返せばDSiの不満点を改善したのが3DSに繋がったのですから文句はいえません(笑)
 
何だかんだ言いつつ、先月配信されたDSiウェアの『コロぱた』、DSiにもダウンロードしましたしね(笑)
イメージ 2
 
 
あとDSiウェアソフトとして配信されている『ゲーム&ウオッチ』シリーズは全て購入済み。
オリジナルに比べ一部の機能がないとはいえ、この再現度で205円(税込)で購入できるのはうれしいですね。使用ブロック数も12と容量が少ないので、ちょっとした空きで入れられるのも魅力です。
イメージ 3
 
 
ふと気づいたのですが、3DSの本体カラーにバイオレットがないんですね。
一時期、一部で任天堂カラーとも言われただけに3DSでも出してほしいですね。
 
それが12台目の3DSになったとしても買うからさ(笑)

↑このページのトップヘ