2015年09月

イメージ 1
本日はメガドライブソフト『ストリートファイターIIダッシュプラス』(カプコン)の発売22周年、『ヘルファイアー』(メサイヤ)の発売25周年となります!おめでとう御座います!
 
中でも『ストリートファイターIIダッシュプラス』は、前年に発売されたスーファミの初代『ストリートファイターII』を指をくわえて羨ましがっただけに、この発表はどれだけ喜んだか!
実際は発売日が半年ほど遅れた上、しかも後に発表されたスーファミの『ストリートファイターIIターボ』が先行して発売されたけれど、それに見合う完成度には感動したなあ。他機種版ではオミットされたタイトルのデモシーンが再現されたのは何気に嬉しかったです。
音声が風邪気味声と言われようが文句はないぜ!
 
 
『ヘルファイア』は東亜プランとしては珍しい横スクロールシューティングです。アーケード版では「パワーアップするとショットの連射が効かなくなる仕様」ですが、メガドライブ版は常に連射しまくれるので、それにともなって爽快感がアップし、またダメージを防ぐ「シールド」や前方に強力なレーザーが撃てる「ハイパーカノン」の追加のため難易度はかなり下がった印象です。
メガドラ2で遊ぶと曲のテンポが速くなるので注意!
 
 
 


話は変わって、メガドライブ最末期に海外のみで発売された『バーチャファイター2』
イメージ 2
某3D復刻シリーズで有名なS社のO氏の発言によると、ディレクターこそはセガであるものの実開発はなんとデータイースト!
しかも、デザイナーは過去に『ファイターズヒストリー』『トリオザパンチ』といったデコゲーの中でもSランクのタイトルを手掛けていたり、他社になりますが『ジノーグ』『重装機兵ヴァルケン』『メガドライブFAN』の表紙を手掛けた中井覚さんも一部のキャラグラフィックで携わっているとのことです。
 
90年代後半のセガタイトルの多くがデコが開発しているとのことで、『水滸演武』をST-Vローンチタイトルとして他社に先駆けて発売したり、その後には『ウインターヒート』『熱闘ゴルフ』などを開発したり、デコ末期になると元デコ社員の多くはセガのAM2研で『シェンムー』の開発に携わる事になります。
 
つまりシェンムーはデコゲー
…ちと強引だな

みなさん、シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?
私は最後の二日間だけ連休をいただけたので実家に帰省したいたのですが、家ではほとんど寝ていたか、3DSの『チャリ走』シリーズをやってたかのどちらかでした(笑)
 
実家で手持ちのゲームを探索するのは帰省時の楽しみだったりするのですが(笑)、今回発掘したソフトの中で興味を持ったのがこれ。
イメージ 1
シスムのセガサターンソフト『メッセージ・ナビ』。なんと未開封!
 
ジャンルは出会い系サイトのように個人情報を閲覧できるデータベースソフトですが、そのデータベースには個人の携帯電話やポケベル(!)の番号が堂々と掲載されていて、今の視点で見ると「これやばくない?」と思うこと必至です!
 
詳しい内容についてはこちらを参照して欲しいのですが、最後のオチが…こんなオチを見せられたら利用したくなくなるよ!
 
 
 
話は変わって、メガドライブの名作SFアドベンチャーゲーム『スタークルーザー』ですが、海外でも発売の予定があったんですね。先日初めて知りました。
イメージ 2
あちらでのタイトルは『STAR QUEST』で、販売元はナムコ(日本版はメサイヤ)。
中学生時代初めて『スタークルーザー』をやった時、「これナムコのスターラスターのアドベンチャー版だな」という印象を持ってたので、ナムコ販売はある意味で納得です。
 
ダメ元で『スタークルーザー』の作者である吉村先生に当時のことを伺ったのですが、この海外版はアルシスソフト自ら関わったようで、原作者の吉村先生も付き切りで作業してはいないものの製作に関わり、ローカライズに2年を要したとのことでした。
日本版の発売が1990年末だったので、ローカライズ終了直後に無事発売できたとしたら1993年はじめ頃なので、何とかメガCDの『シルフィード』発売前に出せたと思います(スーファミのスターフォックス発売前後?)。
つまり、コンシューマではまだポリゴンゲームが珍しい時代だったので、日本版の2年遅れでもまだギリギリ通じるゲーム内容だとは思いますが、やはり発売中止は残念ですね。
 
とはいえ、吉村先生も近いうちに何かしらを発表するとのことで、
「(発表まで)一足先に大赤斑で待っているぜ!」

先日、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『みんなでまもって騎士』を10本購入したことを販売元のエインシャントのグラフィックデザイナーであるkaru_gamoさんに報告したら、なんと描き下ろしの「ノルマ10本達成」イラストを描いていただきました!
イメージ 1
karu_gamoさんありがとうございます!
 
しかも、いつも公式で使われているファミコンパレット(?)ではなく、私が「メガドライブ好きだから」という理由で、メガドライブのグラフィックの仕様に合わせて「512色中16色パレット1本」ルールで描いていただきました!すごい!
 
元々はkaru_gamoさんの「先着1名に名前入りスペシャルイラストプレゼント」の発言を(非公式の場で)聞いたのがきっかけで実際に10本買ったのですが、まさか本当に描いていただけるとは思っていなかったです(笑)
 
karu_gamoさんとは私が『闘技王キングコロッサス』を大量に集めていたことをきっかけで知り合ったのですが(karu_gamoさんの前の会社の社長が企画したゲームがキンコロだった)、そこからオリジナルイラストを描いてもらえるようになったのだから、今思えばキンコロをたくさん集めてよかったです(笑)
イメージ 4
本音を言うと、大量にあるこいつのせいで実家の物置が余計狭くなって仕方ないのですが(爆)
 
 
…先ほどのオリジナルイラストの話に戻りますが、「メガドライブのパレット仕様で描いたなら、実際にメガドラ実機で映し出せるはず」と中にはそう思う人がいると思いますが、本当にそれをやってしまった人がいました(笑)
 
実際にメガドラ実機で起動させてブラウン管モニターで映したのがこれ。
イメージ 2
イメージ 3
この微妙な滲み具合、まさにメガドラ実機だ!
 
ちなみにこのメガドラ実機で映し出したのはチョコ山さんという方で、ゲームレジェンドやマイコンインフィニット、レトロエクスプレスなどの展示会によく参加されるのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。
チョコ山さんは主にメガドライブの高音質化の改造を得意とし、実際に会場で彼の手掛けた高音質メガドラを聴いた人ならわかると思いますが、あのクリアな音を聴いたらメガドラファンなら欲しくなること必至です!
 
あと、私と年齢が変わらないながらも、あれだけ間食しながら体型を維持しているチョコ山さんを見ると「ぐぬぬ…」と言いたくなるのはここだけの話です(笑)
 
 
私が10本(本当は11本)買わせるほどの魅力のある『みんなでまもって騎士』ニンテンドー3DSのニンテンドーeショップにて税抜800円で配信中なので、興味ある方は今すぐダウンロードして、エインシャントの次回作が3DSで発売されることを祈ろう!(他力本願)

イメージ 1
第一報から随分と待たされた待望の(?)のアクションゲーム『シャンティ 海賊の呪い』の発売日がついに11月19日に決定されました!いやー長かった!
 
私の場合、日本版が発表される数年前から『シャンティ』シリーズをチェックしていたんですよね。
個人的に好きなメガドライブソフト『モンスターワールド』を多少なりとも影響を受けたであろうその作りに惚れて、オリジナルであるゲームボーイカラー版『シャンティ』(初代。販売元はカプコン)を買おうと思ったら、如何せんゲームボーイカラー最末期作品だけあってかなり出回りが悪いでやんの!
普通に考えて、ゲームボーイアドバンス発売の2年後にあえてゲームボーイカラーソフトを買うようなモノ好きはいないっしょ!
 
それからしばらくしてその続編が海外のニンテンドーDSiのDSiウェアで配信されたと聞いて本体ごと買おうと思ってた時期があったのですが、色々とあって買い逃してしまい、結局3DS時代まで購入を先延ばししてしまったのですよね(笑)
 
そして、北米3DSを買ってからはシリーズを全部買ったのは、以前のブログ記事に書いた通りです。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
DSiウェア版だけでなく、3DSバーチャルコンソールでゲームボーイカラー版まで配信されていたのは何気に嬉しかったなあ。しかも、三部作全部買っても今回発売される日本の3DS版の価格(4,200円)よりも安いのだから、現地の3DSユーザーは羨ましいです(笑)
とはいえ、今回の日本版をパッケージで買いますので発売日が待ち遠しいですね!
 
任天堂以外の2Dアクションがパッケージソフト(しかもフルプライス!)で出すという奇跡はそう滅多にないですからね!
 
 
 
 
 
●テンポ(スーパー32X版)ゲット!
イメージ 5
つぶれた玩具屋から流出したデッドストック品のゲームソフトがいくつかヤフオクで出品していたので、つい今となっては貴重なスーパー32X版『テンポ』を落札してしまいました。4,500円ならまあいいか…
『カオティクス』ならこれのさらに倍以上出してたと思いますが、落としたところで今月のお小遣いはピンチなので結果的に出品されなくてよかったです(爆)
 
 
 
 
 
●プレイステーション4値下げ決定!
イメージ 6
来月1日よりPS4本体が34,980円に値下げということで、従来価格より5,000円ほど安くなります。
発売から一年半ほど経ちながらも、従来のように一万の値下げじゃなくて、5,000円とほんの気持ち程度の微妙な値下げ価格を見ると「下手に安売りさせないぞ!」というSCEの意気込みが感じられます(笑)
値下げのことを知らずについ最近本体を買ってしまった人でも「5,000円ならいいや」と思いますしね(笑)
 
ところで、知り合いの19歳のゲーマーとゲーム話をしたのですが、彼いわく
「僕はセガサターンが発売された年に生まれて、小学校高学年に発売されたWiiやPS3は自分にとって懐かしのハードですよ!」
と言われた時はちょっとしたショックでしたよ。もちろん彼が高校の時にPS4です。
まあ十代ならば一年前でも随分と昔の話に思えるので、発売から十年前後経つWiiやPS3は彼にとってレトロゲームというのも納得します。
中には「今でもPS3の新作が出ているじゃん!」と言われそうですが、新作でPS3ソフトを買う人はいまや少数派ですし、ファミコン時代に言い換えれば、私が中学生時代のマリオカートブーム(1992年)の時に「いまだにファミコンソフトが出ているの?」と驚かれたのと同じ反応です(笑)
私のように昔のゲームをいまでも触れている人にはピンとこないですが、一般人にとってPS3は過去のハードなんでしょうね。なるほど、一般人に向けたPS4にPS3ソフトを対応させなかったのも納得はします(笑)
 
ところでこの19歳の彼、現役でアタリLYNXを愛用しているのだから何か色々と間違っている気がします(笑)
てん●ちさんェ…
 
 
 
 
 
 
●松屋券売機で思うこと
イメージ 7
最近、諸事情で松屋をよく利用しているのですが、この券売機のインターフェイスが悪くて食べたいメニューが一目で見つけることはできないし、特に混雑時ではそのせいで返って混雑してしまうから困ったものです。
ぶっちゃけ液晶画面になる前の方がメニューが選びやすかったですよ!
 
そういえば故飯野賢治氏は『Dの食卓2』以降、ゲームを作らなくなってからも「ゲームデザイナー」を名乗ってましたが、それはゲームデザイナーの仕事は他にも応用が利くという意味でずっと名乗っていたと雑誌インタビューなどで答えていました(事実、彼はかつて某コーラ社の自販のUIを手掛けていたこともある)
今のゲームは説明書がなくて当たり前。ぱっと見で遊び方が分からないとユーザーが離れている時代です。それ故にユーザーインターフェイスに関する考えは非常にシビアです。松屋の券売機もそんなゲームデザイナーが設計すればもう少しはマシなデザインになったと思います。
 
 
 
 
 
なんつーか、記事内容からマスコミさんの煽って注目してもらおうと必死さが目立つし、別のところでは「以前品薄だった妖怪ウォッチが今ではどこでも買える」と、かつてほどの盛り上がりがないとが指摘されているけど、むしろ流通が改善されたおかげで転売屋が活躍できないほどの健全な市場になったと思うべきなんだよなあ。
そもそも『妖怪ウォッチ』は今年で2年目のコンテンツで、飽きの早い子供のブームではかなり長期のブームなんですよね。80年代、子供たちの間で爆発的なブームとなったビックリマンシール、キン消し、ミニ四駆は実質三年ぐらいのブームでいったん終了したことを思うと、これで「早くも」という表現は間違っていると思いますし、子供にとっての2年は大人が実感する2年よりも長く感じますよ!
 
というか、
イメージ 8
2ヶ月前に発売された『妖怪ウォッチバスターズ』は現在140万売れていますが(ファミ通調べ)、この売り上げで「早くも下火」という表現はどうなのかと(笑)
しかも、本編じゃなくてスピンオフ作品でこの本数ですよ!(ポケモンなら不思議なダンジョンシリーズみたいなもの)
140万本でオワコン扱いだったらほとんどのコンテンツはみんな死亡ですよ(笑)
 
それにしてもかなりリニューアルされるといわれる『妖怪ウォッチ3』の発売が楽しみだなあ。




●ファミコンソフト「ノース&サウス わくわく南北戦争」発売25周年!
イメージ 9
というか、
南北戦争でわくわくしちゃダメだろ!!!

南北戦争で亡くなった遺族の人にはこのゲームのこと内緒だよ!

イメージ 1
先週末は東京ゲームショーが行われましたが、皆さまは行かれましたでしょうか?
 
私は風邪気味ながらも何とか会場に向かいました…(寝てろ!)
 
実はかなり久しぶりのゲームショーだったりしますが、会場前がやけに女性客が多いなあ、と思ったら隣の会場では『黒子のバスケ』のイベントが行われていたんですね。
むしろ会場の外の盛り上がりは黒バスが圧倒的に凄まじかったですが。
 
 
肝心のゲームショーの方は前回よりも入場者数が多いせいか、企業ブースの混雑は凄すぎて、それこそ一歩歩くにも苦労するほど。ぶっちゃけ今の体力で企業ブースをまわるのは実質不可能と判断したので、ほとんどスルーしました。
 
ここ以外。
イメージ 2
…………
 
そしてゲームショーといえばコンパニオン!
もちろん撮影しましたよ!
イメージ 3
イメージ 4
セクシーな衣装のお姉さんがたくさんいたのですが、胸元ばかり見ていたらヘンな人に思われそうだし、実際にそうなので(笑)、ここは無難にJKコスのお姉さんを撮影してきました!
いや、JKコスだからこそ撮影したんじゃないすよ、たぶん。
 
 
さて、今回なぜ風邪気味ながらも幕張に向かったかというと、きちんと理由があったのです!
もちろんJKじゃないっすよ!
 
それは物販ブースで販売されるゲームグッズ!
今月分のお小遣い全てつぎ込む勢いで買ってきましたよ!
 
超奮発して買ったグッズはこれ。
イメージ 5
三万近くの予算をつぎ込んでメガドラグッズを買ってきてしまいました!
 
メガドライブキャップの裏側にはコントロールパッドのデザインがプリントされているというこだわりようです。
イメージ 7
 
ここにはないですが、メガドライブシューズの予約までしちゃいました(前金8,000円支払済み。10月中旬発送予定)
イメージ 6
メガドラシューズは分かっている人がデザインしたところが素晴らしいのですが、それを収納するパッケージがメガドラ本体のパッケージデザインを模しているので、これだけでもキャッチザハートタイトーですよ!
 
そして、セガのレシートがシンプルなデザインながらお気に入り(笑)
イメージ 8
 
メガドラキャップにメガドラTシャツ、メガドラパーカーにメガドラシューズ…これをフル装備をすればメガドライバーをアピールするには十分ですね。
いや、
「俺が…俺がメガドライブだ!」
 
と言いたいのですが、それじゃ単なる痛いおっさんですな…
 
しかし、メガドライブ関連で一気にこんな予算を注ぎ込むのは久しぶりだなあ。どんだけメガドライブ好きなんだよ。そして、
ここ数年、メガドライブを立ち上げていないなんていえない…

↑このページのトップヘ