2015年12月

いよいよ2015年も今日が最後になりましたねえ。

ところで私は大晦日でありながら今日は出勤日でしたが、仕事を終えてから(実際は途中で抜け出して)コミケに行ってました(爆)

今日は早朝の4:00出勤で、仕事あがりが14:00前。そしてコミケ終了時間は16:00。
あまりにも無謀すぎるスケジュールですが、行かないわけにはいきません!

というわけで行きましたよ東京ビッグサイト!

イメージ 1
男性向けの薄い本(隠語w)目的で本当は一人で行くつもりでしたが、「コスプレイヤーを見てみたい!」と知り合いの女の子(何と!まだハタチ!)に誘われて、結果的に2015年をリア充な日を過ごすことになりました。超久しぶりに(笑)

会場に入る前にコスプレ広場でレイヤーさんを撮影しましたが、その中でお気に入りのレイヤー画像を貼っておきます。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
普段、女の子を堂々と見る環境で過ごしていない為、「ギャラリーが付くことを目的としたコスプレイヤー」が集まるコミケは、コンマ1ミリも女運がない私にとって天国でしかありません!

画像を載せませんでしたが、この寒い会場において中には露出度の高いレイヤーさんもいて、ここでは大きく書けないものが色々と奮い立ちました(アホ)

実は今回はもう一つ目的があって、某所で知り合った方々がサークル参加していたので挨拶まわりを適当にしつつ、薄い本を買い漁りました(笑)

最終日に買った同人誌はこちら。
イメージ 10
ご存知の通り同人誌は商業誌に比べてページ数の少なさの割りにやや高価なので購入は慎重にせねばなりません!
つまり立ち読みして厳選しなければ(自分にとって)はずれを引く可能性があるので内容チェックは入念にしましたが、前述の通り、横に女の子がいて、しかも男性向けのえっちぃ同人誌が並ぶサークルのブース内でそれをやったのだから、セクハラ以外の何者でもありません!

イメージ 11
「これじゃクレオパトラとのデートが台無しだぜ!」

…すみません。台無しにしてしまったのはこの自分です…
これじゃ彼女ができないのも無理はないな…(そもそも女の子に声を掛けられないぐらいは奥手だし)


今年最後のブログがゲームとは関係ない内容どころか、
「若くて可愛い女の子最高!」
となってしまいましたが(笑)、いつも当ブログを愛読いただいた皆様ありがとうございました!

ではよいお年を!

イメージ 5
明日はいよいよ冬コミですね!残念ながら明日は出勤日ですが、なんとか昼ぐらいまでは会場に行けるかと思います。欲しい同人グッズはゲームレジェンドである程度手に入りましたが、コミケの別格なので何がなんでも最低一日は行きたいんですよね。

というか可愛くてセクシーなコスプレイヤーさんを見たいのが理由の大半を占めるのですが(爆)



ところで先日、ヤフオクでメガドライブの『マキシマムカーネイジ』を出品していた方が同時に裸の『エリミネートダウン』を出品していたのですが、ここだけの話、私も入札に参加していたんですよね。
『エリミネートダウン』は現在、メガドライブソフトでもトップクラスの高額取引ソフトとなっていますが、そのせいかヤフオクのみならず、Amazonでもコピー品が多く出回っています。それだけに本物を持っている私でも実物を見ないと本物かどうかを判別ができず、ネットで入手するなら信用性の高いところからの入手が無難だったりします。

今回入札したところは過去の履歴から信用できる出品者と判断し、それなりの金額(2万以上)を入札したのですが…

イメージ 1
ええ、見事に競り負けましたとも…

…ヤフオクで連敗するのはこれで何回目だろ?(笑)

駿河屋で完品18万のゲームが裸とはいえ21,800円で手に入るなら安いとは思いますが、そこまでの金額を出せなかった自分はチキンだな、と思い知りました…

だってさ、すでに持っているソフトにそう何万も出せるわけないじゃないですか!
イメージ 2
イメージ 3

記事の為に久しぶりにカートリッジを取り出してみたのですが、これもカートリッジのラベルが剥がれやすい材質なんですね。さすがにセガ製のタイトルはハードメーカーだけに、ここら辺の対策はできてたりします(笑)
比較用にラベルが剥がれやすいと一部で悪評(?)の『バンパイアキラー』『魂斗羅ザ・ハードコア』と並べてみました。
イメージ 4
これに限らず、コナミのメガドラカートリッジ全般が剥がれやすいのですが(笑)
こいつの解決策としては両面テープを小さく切って粘着性を強化するのがいいのですが、カートリッジに手を入れるのが好きじゃないのでそのままだったりします。
私の場合は常にケースに入れて保管しているので問題ないのですが、カートリッジを取り出して保管している人はラベルに気をつけないと折れ目がついたり破れたりして泣くに泣けません…ソフトが高額だけに。

裏を返せば、ラベルが剥がれやすい素材を採用しているかどうかで本物かどうかの判別材料になるかと思います。

何気なくヤフオクでメガドラソフトを眺めていたら…
イメージ 1
え!マキシマムカーネイジが残り5時間の時点で153,000円!?

当時からレアだから仕方ないとはいえ、まだ終了まで時間があるのに皆さんぶっ込みすぎじゃない?

とはいえ、今自分が持っていなかったら15万ぐらい普通に出しちゃいそうで、実はそこまで驚く金額じゃないかも?

ところでこの出品者、「本物だな」と思ったのがコメント欄の一文

「説明書は非常に粗悪なホッチキスを使っていますので、ホッチキスが錆びてきて、その錆が溶けて説明書に赤茶の錆がどんどん付着してきます。私の所持品はそれを防ぐため、ホッチキスを外して保管しておりますので予めご了承ください」

わかっていらっしゃる。
アクレイムタイトルはご存知メキシコ産ですが、とにかく粗悪な素材で生産しているせいで経年劣化が目立つんですよね。自分の持っているソフトの説明書なんて赤錆で滲んでますし(爆)

コピー品が目立ち始めたヤフオクにおいて、「本物の」コレクターさんによる出品を見て、なんだかほっとしました(笑)


アクレイムメガドライブソフトついでに、まんだらけのメガドラ買取表を眺めていたら…
イメージ 2
『フォアマンフォーリアル』の買取が10万?

…でも、気になることがあって、あくまで「応募ハガキ必須」なんですよね。
夏にゲームコレクターの有澤さんとお会いした時に
「フォアマンフォーリアルにハガキなんて付いていませんでしたよね?」
と聞かれたことがあったのですが、確かに私が買ったソフトは新品なのにハガキがありませんでした。欠品の可能性もあったので気にはしなかったのですが、同じくコレクターさんからそう言われると疑惑に変わりました(笑)

もし、『フォアマンフォーリアル』のハガキの情報をお持ちの方がいましたら、私のところまで教えてくれると嬉しいです。


ところでこの買取表にある『フリントストーン』の買取2,000円は納得いかん。
イメージ 3
タイトー最後のメガドラソフトだけど、数があまり出回っていないせいか持っているのがこの一本しかないんですよね。
他のタイトーメガドラソフトは最低2本持っているのに(爆)
この流通量の少なさならもう少し買取が高くてもいい気がしますが、やはり欲しい人は少数なんでしょうね。
そのくせ、最近ヤフオクで競り負けましたが(笑)

今年のクリスマスはみなさんいかがお過ごしだったでしょうか?

ええ、恋人がいないわたくしは一人でクリスマスパーティをしてましたよ!事務所で!給与計算しながら(涙)
イメージ 1

まあ普通に考えて年末は忙しいのでいつも通りのクリスマスですが、クリスマスだし、ボーナスが出たことだし、奮発してアニメのDVDボックスを買っちゃいました!
イメージ 2
1984年に放映された高橋良輔監督の『機甲界ガリアン』全話+OVA三作収録のDVDボックスです。
ここ最近、同じ高橋監督作品の『ドキュメント太陽の牙ダグラム』『蒼き流星SPTレイズナー Act3 刻印2000』と立て続けに観ていたので、定価が安い(15,000円)だし、この機会に買いました!
ブルーレイに慣れたこともあってボケボケの画質は気になるところですが、30年以上前とは思えない安定した作画は今見ても見劣りしないですね。
と、現在絶賛放映中の『ドラゴンボール超』を観てそう思いました(笑)

リアルタイムで観て以来ずっと観ていなかったので内容までは覚えていませんが、少しずつ観ていこうと思います。これが終わったら同監督の『ガサラキ』かな?

ところで高橋良輔作品のブルーレイ化が恵まれていないのは何故か?




話は変わって、セガの『モンスターワールドII ドラゴンの罠』をインスパイアしたような作りの『モンスターボーイ』が開発中との発表がありました!
イメージ 3
開発の経緯はこちらを読んでもらうとして(笑)、見た目だけでなく、人間状態の他に5種類のモンスターに切り替えて攻略するところがまんま『モンスターワールドII ドラゴンの罠』ですが、実際に『モンスターワールド』シリーズを手掛けた西澤氏が開発に関わっているので、ある意味で公式のインスパイア作品と言えそうです!

また作曲陣に古代祐三氏(ベア・ナックル、アクトレイザーなど)、桜庭統氏(グラナダ、テイルズオブシリーズなど)、山根ミチル氏(ドラキュラ、ゴエモンなど)などなど、名作タイトルを数多く手掛けた方々が楽曲を提供しているのも、往年のゲーマーには注目すべきところでしょう。

個人的には、元となった『モンスターワールドII ドラゴンの罠』がきっかけで中学時代に海外のマスターシステムソフトに興味を持つようになった思い出深いタイトルなので(日本未発売だったので)、それをインスパイアした『モンスターボーイ』も同様に気になります。

しかし、
モンスターボーイってあまりにも安易すぎるタイトルじゃね?(笑)

クリスマス当日になって任天堂よりびっくり発表がありました!

3年近く前に海外のみで発売されたニンテンドー2DSがついに来年2月27日に国内販売をするようです!
イメージ 1

イオングループやトイザラス、ポケモンセンター、TSUTAYAでしか販売しないそうですが、4種類あるパックに最初から3DSバーチャルコンソール版『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』のそれぞれインストール済みで、お値段9,980円はお買い得ではないでしょうか?


ただ、立体視がない上に、NEWニンテンドー3DSの後だと処理の重さが難点ですが、最初からバーチャルコンソール目的や、旧機種であるニンテンドーDSソフトを遊ぶ目的ならかなり魅力的なハードだと思います(3DSソフトでもドラクエ8やFFエクスプローラーズのように最初から立体視非対応もありますし)。特に十字ボタンの配置が3DS&DSよりもいい感じですし(笑)

ところで声だけは一丁前のゲハさんが3DSを買わない言い訳に「3DSは立体視がなければ買ってた」というのをよく見かけましたが、2DS発売後はどんな買わない言い訳をするのか個人的に注目しております(ゲス顔)

4タイプ発売される2DSの中だと、個人的にはピカチュウバージョンが欲しいですね。黄色のスケルトン本体なんて、90年代後半(iMac時代)に訪れた一時期のスケルトンブームの時ですらほとんど発売されなかった結構レアな存在ですし…。

本音を言わせてもらえばNEW3DSの前に出て欲しかった…

そして…
これを機に3DSでのVCの配信を再開してください!(切実)

↑このページのトップヘ