2016年01月

イメージ 1
本日はフリューのニンテンドー3DSソフト『レジェンドオブレガシー』が発売されて1周年です!おめでとうございます!
発表時、スクウェア・エニックスの『サガシリーズ』に関わったクリエイターの一部が参加していると聞いて楽しみに発売日を待っていたのですが…ストーリーよりもゲームシステムで楽しむ方向性のゲームといえば聴こえがいいのですが、あまりにもシステムが特殊すぎて自分には合わずに4時間でギブアップしてしまったんですよね。ストーリー性が薄いから逆にいつでも辞めても気にならないのは利点ですが(笑)
 
…その一週間後に発売されたアトラスの『デビルサバイバー2 ブレイクレコード』面白くなかったら絶望でしたよ(笑)
 
 
話は変わってレトロフリーク目的でファミコンとかスーパーファミコンソフトをヤフオクで落札しまくってますが、今回一番のヒットはこれ。
イメージ 2
この内容で落札価格1,000円だぜ?
ぶっちゃけスーファミの『ファイナルファイト』『ファイナルファイト2』『サムライスピリッツ』だけでも1,000円の価値があると思っているぐらいです。満足満足。
 
しかし、レトロフリークを買ってから結構色々とレトロゲームを買っているけれど、ここまでくるとレトロフリークの2万という価格なんて大したことないですね。むしろレトロフリークを買った以降の方がお金が掛かります(笑)
 
 
そして、最近同じくヤフオクで100円で落札したハドソン(現コナミデジタルエンタテイメント)の『ドラえもん』をレトロフリークでプレイ。
イメージ 3
大山のぶ代版『ドラえもん』劇場版の初期3作をゲーム化したソフトで、全部で3つのステージをそれぞれ異なる3人のプログラマーが手掛けているだけあって各ステージのゲームの作りが異なるのが特徴です。
ゲーム内容を語ると長くなるので省略しますが、個人的にハドソンのこだわりを感じるのはドラえもんのドット絵。
イメージ 4
この粗いドット絵の中にきちんと「3本のヒゲ」が再現しているのが凄まじいです。
開発初期では2本のヒゲだったそうですが、藤子プロに見せた際にダメだしを喰らい、今の形に修正されたようです。
ところでこのゲーム、エンディングまで遊ぶとかなりプレイ時間を要しますが、作り手はそれを考慮してかステージセレクトの裏技が用意されています。
しかし、裏技を使ってクリアすると完全なエンディングにはならないので(通しでクリアしてもバグで簡易エンディングになることもあるらしい。地元友人談)、レトロフリークの中断機能で何とかなりそうです…最終ステージは当時でもクリアできなかったのに、腕がなまった今クリアできるかはかなり微妙ですが。

 
(引用)
ニンテンドーDS用「マジコン」の販売をめぐり、任天堂らソフトメーカー49社が販売業者を提訴していた件で、最高裁判所が上告人(被告・控訴人)であるマジコン販売業者の上告を棄却する決定が下されました。これにより、ソフトメーカー側の勝訴が確定したことになります。
(引用終わり)
 
数年に渡って争われたマジコン裁判ですが、結果は任天堂の勝訴で終わりました。
自作ソフトを配布する目的でマジコンを利用する人以上に、ネット上で違法で出回っている市販ソフトのイメージROMをダウンロードして遊ぶ人が多く、ゲームメーカーにかなりの打撃を受けたとされています。
 
 
マジコンが善か悪かどうかは話が長くなるのでさておき、メタルギアの小島秀夫監督をパロった名前で知られ、マジコン販売業者の被告人代理弁護士として知られるおぐりんの見苦しさは酷いを通り越しすぎで、
イメージ 1
なんとTwitterで敗訴確定直後に任天堂公式アカウントに対し喧嘩を売るような発言をするという弁護士として常識を疑うことをしてたりします。ひでえ。
 
ぶっちゃけ有能なプログラマーがiOSに移ったかどうかわからんけれど、少なくともマジコンで稼いでいるプログラマーなんてゲーム業界に要らないし、iOSをはじめとしたスマホでの大ヒット作『モンスターストライク』『パズル&ドラゴンズ』がニンテンドー3DSに移植されて(?)ミリオンヒットになったわけで、スマホゲーで結果を出しているメーカーでさえもコンシューマの重要性を意識していたりします。
というか、マジコンで稼いでいたその有能なプログラマーって誰なのか教えてくれよ?有能なら何かしらのヒット作をiOSで出してるんだろ?
ちなみにどのスマホOSでもプラットホームの審査がないと配信できない。つまり、マジコンで同人ソフトを配信する感覚でスマホで配信することは不可能ということを、おぐりんは知っているのだろうか。まあネット事情に詳しいおぐりんならわたくしよりも詳しいんでしょうけれど(棒)
 
しかも、おぐりんだんだん見苦しくなってさ、
イメージ 2
スマホゲー全盛期でフルプライスのパッケージソフトを売るのが難しいこの時代で何を言っているんだこいつ、という以前に、そもそも『ルイージマンション2』は2013年の時点で100万を売れているわけなんだが。弁護士なんだからその辺しっかりと調べようぜ?
 
そして、
イメージ 3
おぐりんにリプった「被害総額3兆8,000億」がどこから出てきた数値なのか疑問ですが、そのリプに対し、「ゲーム購入費用を調達するために小中学生がもっと児童買春していたはずなのに!」と返すのが意味不明。
つまり、マジコン撲滅後に発売されたニンテンドー3DSソフトを買う小中学生は売春した稼ぎでソフトを買ってたらしいです、おぐりんの世界では(笑)
 
結果はどうであれ、小倉弁護士は弁護士としての責務をきちんと果したのに、呑み屋で愚痴をこぼすならともかく、不特定多数の人間が見れるTwitterでこんなことをツィートしてしまうのを見ると、せっかくのそれまでの功績が無駄になってしまうのが悲しいですね。
ただ、彼の言い分である、自作プログラムが実行できるツールがあるからこそ同人ソフトを発表する場が設けられたというのは理解できたんだけれどね。
 
 
これ以上彼を責めるのは後々恐いので(笑)、ゲハでよく見る「DSみたいなクソハード。マジコンのおかげで売れた」と仰るけれど、本当にマジコンで本体が売れたならファミコンの次にミリオンタイトルを連発した任天堂ハードがそのニンテンドーDSという事実をどう向き合うのだろうか?
マジコンのおかげでソフトの宣伝効果に繋がったという言い分も、結局お金を払わない人間に宣伝したところでゲームなんて買わないだろうし、それはゲハの住民にいえることだけどね。
 
そもそも、ゲーマーならマジコンが法的にとか、マナー的にとか、一切関係なしにコピーツールとして利用するわけないんですよね。
イメージ 4
金払って買っているソフトでさえ消化できずに積んでいるソフトが数百、数千とあるのに、タダで手に入れたゲームなんてやるわけないじゃんwwww

イメージ 1
先日、ちょっとした興味でヤフオクで『美味しんぼ』のコミックス36~40巻をヤフオクで落札しました!落札価格640円!
本当は「ラーメン戦争」収録の38巻だけでよかったのですが、ネット検索をしてたらこのセットが一番お得そうだったのでヤフオクで入札したらそのまま落札できた次第です。
 
何故、この回に興味を持ったかというと、ネットでよくネタにされる「ラーメン三銃士」の存在。
イメージ 2
 
ネットでよくコラ画像でネタにされていますが、個人的にはプロテインダイエット
のサイトの再現度が凄まじくてもう最高というか(笑)
イメージ 3
気合入れすぎだろwwwwww
 
それはともかく、個人的に興味を持ったのが作中に登場するパソコンが富士通のFM TOWNSというのが興味深い。
イメージ 4
作者の雁屋哲先生は現在マッキントッシュに入れ込んでいることは一部で有名ですが、その前に作者が入れ込んだハードがFM TOWNSではないかと思われます。
作者の趣向がそのまま作品に反映されるので(そのせいでマイクロソフトと揉めた経歴もあり)、少なくともWindows95が発売される前はFM TOWNSを愛機にしていたんでしょうね。
イメージ 5
個人的にFM TOWNSは『達人王』で興味を示してたのですが、結局買わず仕舞いで今に至りますが、買ったところで難しくて投げていただろうから結果的に買わずに良かったのかも知れません(笑)
そもそも、当時高校生の身分で高額なFM TOWNSなんて買えるわけがないのですが。
 
肝心の「ラーメン戦争」の話ですが、なんとこの38巻一冊分の大作エピソードで、ラーメンバトルになる経緯や、ピンチ時に現る人物が主人公の宿命のライバル(?)だったりと、まるで少年漫画みたいな熱い展開は単なるネットネタだけで終わらせるには勿体無いので、未読の方は一度は読んでおくことをオススメします。そして、日本人がなぜラーメンを好むか、という結論まで語っているあたりも深く掘り下げているのもよかったです。

先日の国民的人気アイドルグループSMAPの解散騒ぎは結局ファンが望まない形での継続で終わったけど、今から31年前、グループのメンバーのうち4人がマネージャーと共に離脱、既婚者であるメンバー1人は社長に恩義があったため残留…というジャクソン5の話をさっきタワーレコードさんのツィートで知りました(笑)
イメージ 1
自分は観ていませんが、謝罪会見の内容を聞く限り、SMAP本人たちの意向は視聴者へ一切口に出させず、それどころか仕事を辞めたくても辞めさせてくれない会社がどういうものかをテレビで通して教えてくれたというか、日本のブラック企業の体質のお手本を見せつけさせられた会見のように思います。
ぶっちゃけ所属事務所のテレビを利用したSMAPに対するイジメだよな。



ところで先日の日曜は珍しく午前のみ出勤日でしたが、昼過ぎに部屋に着いた頃には爆睡でなんと21時まで寝ていました(笑)
せっかくの日曜の午後は疲れてて(というか爆睡)で何もできなかったし、翌日は東京は雪で仕事が大変だったし、踏んだり蹴ったり…

雪といえば雪国から見た東京って「雪が降ると交通機関が麻痺して情けない」とよくDisられますが(笑)、東京の人間からすれば「雪の積もっていない晴天の日でさえ一時間に一本あるかどうかの雪国は常に交通機関が麻痺しているんじゃね?」と思ったりする(笑)
まあ、電車の待ち時間を10分も待てない体になってしまったのが問題ですが、それが理由で十数分に一度のりんかい線でさえコミケや幕張メッセ目的以外は使わないという…これも一種の東京病ですな(笑)


話は変わって、最近プレイしたゲームはPCエンジンの『ドラえもん 迷宮大作戦』
イメージ 2
著作権表示こそありませんが、日本物産の『キッドのホレホレ大作戦』のキャラ替え移植という、当時のハドソン(現コナミデジタルエンタテイメント)らしい販売方法ですね(笑)

このPCエンジン版は『キッドのホレホレ大作戦』の生みの親である藤原茂樹氏が日物からハドソン(現コナミデジタルエンタテイメント)に移籍した直後に企画・開発したものですが、藤原氏のハドソン(現コナミデジタルエンタテイメント)での仕事の最大の功績はPCエンジン以降で展開された『ボンバーマン』シリーズでしょうか。
イメージ 3
ファミコン版のルールに「多人数対戦」の要素を加えただけで、ここまでシンプルに短時間でみんなで盛り上がる対戦ゲームに仕上げたのだから、この発明は本気で凄いと思います。
ゲームシステム的にも覚えることは少なく、故に今でも接客時の多人数プレイの定番となっています。

そんな素晴らしい発明をした藤原氏ですが、その後ハ・ン・ドを設立してデータカードダス『アイカツ!』を手掛けるという展開は予想すらつかなかったですが(笑)
イメージ 4

2016年が始まって2週間しかなっていないのに芸能関連ニュースが凄いことになっていますね。
ざっと並べるだけでも、
 
・ゲスの極みベッキー不倫騒動
・デヴィット・ボウイ死去
・キンタロー結婚
・DAIGO北川景子入籍
・高岡奏輔暴行事件
・SMAP解散報道
 
密度が濃いというか、報道番組は芸能ニュースだけで時間が埋まったんではないのでしょうか?実は今年になってまともにテレビを観たのが正月だけなのでよくわからないですが。
とにかくSMAPの解散には驚きましたね。中年アイドルグループでありながら未だ一定の人気があるだけに、第一報を聞いた時は東スポのネタ記事が拡散したのかと思いました(笑)
 
そして、SMAPというと彼らが出演した『聖闘士星矢』のミュージカル版がネタとして定期的に出てきますが、
イメージ 1
メンバー6人(森クンが在籍していた時代)のうち5人が青銅聖闘士でしたが、何故かキムタクだけがラスボスのポセイドン役なんですよね。
SMAPメンバーのうちキムタクだけジャニーズに残留するという話ですが、実はこのミュージカル版で暗示していたのかも知れません(笑)
 
デヴィット・ボウイの訃報について、一部報道では「Dボゥイ」と略されていましたが、亡くなられた方にこんなことを言うのは申し訳ないですが、
イメージ 2
該当記事を読んで『宇宙の騎士テッカマンブレード』の主人公Dボゥイを思い浮かべた人は255人ぐらいはいるはず。本人知らないとこんなものだろうなあ。デヴィット・ボウイファンの方々すみません…
 
 
話は変わって、家庭用では久しぶりに横スクロールシューティングの新作『ダライアスバーストCS』がPS4&PSVitaに発売されましたね。
え?自分?
貧乏すぎて買えないからPSP版の前作をPSVitaにダウンロードして遊んでいますよ(´;ω;`)ブワ
イメージ 3
それはさておき、90年代前半シューティング好きのユーザーが多かったメガドライブやPCエンジンでさえフルプライスで横シューが売れなかったのに、それを今、金をかけた超大作タイトル並みの価格帯で発売してしまう度量が凄まじいですが、裏を返せば高い価格設定にしないとペイできない事情もあるんでしょうね。シューティングを買う層なんて限られているし。
買ってない人間がとやかく言う資格はないですが(笑)

↑このページのトップヘ