2016年04月

皆さんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
私の場合、カレンダー通りの休みを取る事ができないのですが、昭和の日はたまたま休みだったので秋葉原に行きました。当日はくたばって夕方まで気絶していたのですが(涙)
 
とりあえず秋葉原での戦利品
イメージ 1
・メダロットガールズミッション(3DS) …2,800円
・モンスターハンタークロス(3DS) …1,680円
・YOSHI'S New ISLAND(北米3DS) …800円
・コナミワイワイレーシングアドバンス(GBA裸) …500円
 
イメージ 2
この中では『ヨッシーNewアイランド』の北米版が目立って安いですね。リージョンフリーじゃないので日本の3DSでは遊べませんが、北米本体を持っている私には無問題。そもそも私は日本版をとうの昔には買ってはいるのですが(笑)
 
 
それと発売前からチェックしていたものの、遊ぶ時間が確保できそうもなかったので放置していた『モンスターハンタークロス』も大分お求め安い価格になったので買ってきたのですが…
イメージ 3
シリーズ毎に買っているのに、やり込む前(というか村クエストをクリアする前)に続編が発売されてしまい、プレイが全然追いつかない状態なんですよね。ファンの皆さんはシリーズが発売されるたびに数百時間遊ぶと聞きますが、ファンのみんな高橋名人の一日一時間を守っていないだろ!(笑)
 
 
イメージ 4
『コナミワイワイレーシングアドバンス』は、『マリオカートアドバンス』っぽいのが遊びたくて購入。そういえばWiiUでも配信されてましたね。
実際に遊んでみると驚くほど『マリオカートアドバンス』に似ているのですが、これを敢えて任天堂ハードに出したのが、任天堂に訴えられないように様子見として企画書を任天堂に提出したのかな、と勘ぐってしまいます(笑)
 
 
そして『メダロット ガールズミッション』
メダロットシリーズは特に思い入れもないのですが、ただ一つある目的で購入しました!
イメージ 5
それはヒロインたちの乳袋!!
元々メダロットは小中学生を中心に人気を博したタイトルでしたが、本作ではCERO C、つまり15歳以上を対象となっています。もっとも、本作は元の対象年齢のユーザーではなく、かつてのシリーズファンに向けての新作扱いなんでしょうね。
登場人物が全員女の子ですが、女の子向けソフトではなく、大きなお友達向けなんでしょう(笑)

●ヤフオクでの戦利品
イメージ 1
・カプコンバルセロナ'92(FC裸)
・高橋名人のBugってハニー(FC裸)
・魔城伝説II大魔司教ガリウス(FC裸)
・超魔界村(SFC裸)
・桃太郎まつり(GBA裸)
・ロックマンエグゼ4トーナメントブルームーン(GBA裸)
・テイルズオブザワールド サモナーズリネージ(GBA裸)
・ヴェイグス(PCE裸)
8本合わせて3,000円
 
安いのか高いのかよくわからないですが、取り合えずレトロフリークに取り込みたかったのを適当に落としました。適当といってもジャンルはそれなりに厳選してますが(笑)
 
この中だと『カプコンバルセロナ'92』のタイトルが秀逸ですね。ご存知の通り、その年のオリンピックのスポンサーにならない限り商品に「オリンピック」の名前を冠することができません。当時のスポンサーではなかったカプコンは苦肉の策でこのようなタイトルとなりましたが、年号と地名をタイトルにいれるだけでオリンピックを連想させるのはさすがだと思いました。もっともスーファミ全盛期の1992年にすでに落ち目だったファミコンで敢えて出すという度量も凄いですが(笑)
 
『高橋名人のBugってハニー』は、確かセガのブロック崩し『ピタゴラスの謎』の移植が発端だったと思います。ここからは推測になりますが、ブロック崩しとして出すにはゲームとしてのバリエーションが乏しいと思ったのか、アクションステージ面を追加し、完成したのが現在のパッケージ版になったと思われます。まるでバンダイナムコの『機動戦士Zガンダム ホット・スクランブル』の開発の経緯と同じ流れですね(笑)
 
 
 
 
●PS4アーケードアーカイブスでグラディウスII配信
イメージ 2
PS4買えるほど金持ちぢゃないので(涙)、代わりにPSNで配信されているPCエンジン版をPSVitaにダウンロードして遊んでいます。
「当時としては凄いかも知れないけど完全移植じゃないじゃん!」
と言われそうだけど、PSVitaの操作性ではアーケードのように操作ができないので、些細な違いは気にならないのです…。それよりも最終面きついなあ。ただでさえ狭い空間の中で敵が大量に弾を撃ってくるのに、ドット単位の操作はVitaには全然向きません(笑)
 
 
 
●月下の剣士第二幕、5/26よりPS4&PSVitaで配信決定!
イメージ 3
SNKプレイモアの対戦格闘ゲームが来月26日にPS4とPSVitaに配信です。
ガロスペやサムスピやKOFといった超人気作を差し置いての配信はややニッチで正直驚きましたが、裏を返せば移植の機会の少ないゲームの方が有り難味があるのかも知れませんね。それだったらADKの方がレア移植だろ、と言われそうですが。
 
それにしてもPSVitaの操作性ではコンボ入力が難しいので、配信日までに前作のPS版をPSVitaにダウンロードして練習しようと思います。
イメージ 4
しかしこのPS版、ローディングがうざったいですねえ…。
 
タイトル画面→読み込み→キャラ選択→読み込み→対戦相手表示→読み込み→デモ挿入→読み込み→対戦シーン→読み込み→勝利デモ→読み込み→次の対戦相手表示→読み込み→デモ挿入に戻る
 
一度の読み込み時間が短いのは救いですが、如何せん読み込み回数が多いからテンポが悪い悪い。これがネオジオCDだったら読み込み回数だけでなく読み込み時間が異様に長いのでゲームになりません(涙)
 
 
 
●レトロげーむキャンプダンジョン店、近日秋葉原にオープン
イメージ 5
昨年秋のBEEP、今月の駿河屋に続き、また新しくレトロゲームショップが誕生です!
とはいってもレトロげーむキャンプはすでに秋葉原あるので、今回は秋葉原での二号店といえそうですが(笑)
ここまで次々と秋葉原にレトロゲームショップが出来ると、名所が当然増えていくので秋葉原探索がより忙しくなりそうで、まさに嬉しい悲鳴です!反面、昔から秋葉原で営業しているトレーダーやスーパーポテトの在庫数が寂しくなっているので、新規店に負けないよう頑張ってもらいたいですね!

●本日のヤフオク戦利品
イメージ 1
・ワープマン(ファミコン裸)
・ロウオブザウエスト(ファミコン裸)
・スーパーワギャンランド2(スーパーファミコン裸)
・SUPERヴァリス(スーパーファミコン裸)
・SUPER桃太郎電鉄II(スーパーファミコン裸)
・龍虎の拳(スーパーファミコン裸)
・TVアニメスラムダンク(スーパーファミコン裸)
・カービィボウル(スーパーファミコン裸)
・スペースインベーダー(スーパーファミコン裸)
・修羅の門(メガドライブ)
・三国志列伝(メガドライブ)
・邪聖剣ネクロマンサー(PCエンジン裸)
・ロックオン(PCエンジン裸)
 
以上13点は同一出品者によるもので、落札価格は全部で3,100円。
実はレトロフリーク目的で買ったのですが、『SUPER桃太郎電鉄II』が対応していないとたった今知って涙目です…
 
ところで『邪聖剣ネクロマンサー』の恐怖の演出は今見てもセンスありますね。今回の落札を機にレトロフリークで久しぶりにプレイしたのですが、タイトルデモの見せ方、テキストセンス、おどろおどろしい音楽、戦闘シーンの血しぶきによる演出など、1987年の家庭用RPGとしては飛び抜けていますね。大人になった今でもそう思うのだから、これを小学生当時あまりにもの恐さで夢に出そうになったのも納得のホラーセンスです(笑)
 
スーパーファミコンの『龍虎の拳』は発売当時に遊んだのですが、真のエンディングに『餓狼伝説』のラスボスであるギース・ハワードの若き日の姿が登場するのにはかなり驚いた記憶があります。オリジナルのネオジオ版は真相が明らかにされる前にゲームが唐突に終了しましたが、スーパーファミコン版は黒幕が誰だったのか明かされます。しかもスーファミ版の発売がネオジオで続編『龍虎の拳2』が出るかどうかのタイミングだったので、尚更この展開には驚かされました。
 
 
 
 
●駿河屋秋葉原店の3DSコーナー
イメージ 2
どこかで見た光景だな…と思って自分の部屋の3DS棚を見たら…
イメージ 3
どっちがゲームショップの棚だかわからなくなってしまいますが、何気に在庫数が自分の方が多いのが何とも(笑)
 
 
 
そういえばこんなのがあったなあ。これを発表した『シューティングゲームサイド』も、この企画自体も、結果的にはどちらも消えたけど。
リンク先の記事にも書かれていますが、東亜プランのシューティングをリスペクトした作品をファミコンで開発するというクラウドファイディングで、スタッフに元東亜プランの上村建也氏も参加していることで少し気になっていたけれど、発表の時点でゲームの形にすらなっていなく、それどころか参考となるスクリーンショットさえも発表されていない上に、製作期間が半年すら設けていないので、発表当初から雲行きが怪しく見えたんだよなあ。
そういえばエムツーさんが東亜プランシューティングを移植するという話が数年前にありましたが、あれから一切の続報がないのを見ると、商用でシューティングは金にならないと判断されたのかも知れませんね。そもそも東亜プラン自体が90年代前半で倒産しているので、「東亜プラン作品のリスペクト」「東亜プラン作品の完全移植版」という売り文句があっても若いゲーマーには通じず、一部のおっさんしか反応しないのも理由としてありえそうですが。

念願の日曜の休日は疲れが溜まりまくって夕方まで布団にはいってました(爆)
 
ずっと部屋に引きこもっているわけにもいかないので、夕方から秋葉原に行きました。いや、前日から行く予定だったのですが、また夕方まで寝ていたとは不覚。
 
今回の探索で中古価格が気になったソフトをいくつか。
 
・究極タイガー(メガドライブ)
イメージ 1
状態並みの完品で11,000円!
 
 
・XDR(メガドライブ)
イメージ 2
状態中の下の完品で7,500円!!!!!!!!!
 
マジっすか…やはり外国人による買い占めが問題なのか()
イメージ 3
まだ売っているだけマシで、個人的に探している『カース』に至ってはどこの店も品切れでした…ヤフオクで何度も競り負けているから人気はあるのは確かなんだよな。やはり海外未発売ゲームは要注意ですな。
 
ちなみに先週まであった11,000円の『ガイアレス』と12,000円の『アローフラッシュ』はすでに売れていました…。
最近のメガドラ相場を知らない人には信じられないかと思いますが、少し前まで数百~数千円で売っていたシューティングゲームが今や定価超えが当たり前で、しかもその値段でも余裕で売れてしまう市場となってしまったのが今の秋葉原の現状です…偽物が出回っている世の中だから、「安心」という保障を買うという意味ではヤフオクより安全ですし、その安全を求めて高額であることを知りながらも秋葉原に買いに来るんでしょう。地方のリサイクル店でも偽物が売られるような時代ですし。
 
働きも悪いのでさすがにこんな高額ソフトを買えるわけないので(涙)、とりあえず2本だけソフトを買いました。
イメージ 4
・ポポロクロイス牧場物語(3DS) …1,200円
・闘いの挽歌(FC裸) …1,000円
 
『ポポロクロイス牧場物語』はプレステ時代にシリーズが出ていた時から気になっていたのですが、なかなか縁がなく、気付いたら任天堂ハードで新作が発表されて驚いた記憶があります。結局発売当時に買いそびれ、そして先日お求め安い価格で売っていたので買ってきました。絵の雰囲気が好きなのですが、今のソニーハードのカラーに合わないので、任天堂ハードで新作が出たのは納得しました。ただ、ゲームとしてのポポロクロイスがソニーハードで出たのが今から11年前なので、今の子供たちには馴染みのないシリーズかと思います。
 
 
そして『ゲームラボ』最新号
イメージ 5
今回は
「ドラクエ30周年特集」
「スーパーファミコン非売品ソフト特集」
「ディスクシステム30周年特集」
目的での購入です。というか、数ヶ月ぶりに買った(笑)
気になった特集を軽く紹介。
 
・ドラクエ30周年特集
イメージ 6
歴代シリーズの紹介だけでなく、ふっかつのじゅもんを用いたネタ、レトロフリークの改造コードネタ、ゲームブック版の紹介、女体表現の歴史など、単なるゲーム紹介で終わらないゲームラボらしいディープな特集が特徴です。
 
 
・スーパーファミコン非売品ソフト図鑑
イメージ 7
担当ライターは、なんと伝説の非売品ソフトコレクターのじろのすけさん
…というか、ゲームラボの非売品ソフト特集記事の常連ですな、じろのすけさん(笑)
ご本人もうちのブログを読まれているので(いつもすんまへん)うっかりヘンなことは書きませんが(書くつもりもないけどw)、ここだけの話、『デンジャー』なるソフトは初めて聞きましたよ!
 
 
・ディスクシステム30周年特集
イメージ 8
ディスクシステムで発売された代表作の紹介のみならず、ディスクシステムの売りだったソフトの書き換えやネットワーク構造(ディスクファックス)について、ゲームラボらしく本体の内部の構造の紹介など、15ページにわたる特集ですが、ディスクの歴史を軽く振り返るには十分な内容となっています。
それにしても、ディスクシステムの修理依頼って2007年まで受け付けていたことに衝撃。発売から21年もアフターサービスをやっていたことに驚きです!世の中、WiiやDSの時代だったのに…さすが任天堂です!
プレステ3なんて現在流通しているバージョン以外はすでにアフターサービスが終了しているというのによ!(爆)

イメージ 1
今回のヤフオクでの戦利品
・はらぺこバッカ(SFC) …300円
・ワイルドトラックス(SFC) …300円
・ファイナルファンタジーIV(SFC) …300円
・ファイナルファンタジーUSAミスティッククエスト(SFC) …300円
・ピットマン(GB) …200円
・タイトーチェイスH.Q.(GB) …300円
・ぽけっとぷよぷよSUN(GBC) …300円
・ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(GBA) …300円
・ファイナルマッチテニス(PCE) …200円
・まじかるタルるートくん(GG) …500円
 
メジャー、マイナー取り揃えたラインナップですが、ほとんど裸状態とはいえ合計3,100円で落札できたので満足です!
 
この中で唯一ゲーム内容を知らないで好奇心と勘(?)だけで、魔法社の『はらぺこバッカ』を落札しました。
イメージ 2
パッケージイラストから想像するに、
巨大な恐竜が上半身裸になって、迫り来るフード男をなぎ倒し、道中で飛んでくる烏龍茶をキャッチして体力を回復していき、ステージ最後に待ち受けるボスキャラを目指すアクションゲームに違いありません!
 
…違っていたらどうしよう…
 
 
個人的に掘り出し物だったのはゲームギアの『まじかるタルるートくん』
イメージ 3
ゲームギアソフトは基本的に箱と説明書付きで集めていたのですが、このソフトは裸状態ではそこそこ見ているのですが、完品状態ではなかなか見つからず、探しているうちに状態関わらずなかなか見なくなったので、今回の出品を機になんとか落札しました。というか、ゲームギアのサードパーティ製ソフトってレア度高いよな。
 
ふと気付いたのですが、販売元のツクダグループって過去にセガのSG-1000の互換機(オセロマルチビジョン)を出していたのに、同機種で対応ソフトをいくつか出して以来、それ以降のセガハードはこれ一本しかソフトを出していないんだよなあ。

↑このページのトップヘ