2016年07月

みなさんはポケモンGOを遊ばれていますでしょうか?

…ええ、相変わらずわたしはやっておりません…

「流行のゲームをスルーする俺、かっこいい!」とか、中二病全快でいるわけでなく、通信容量制限やバッテリーの消耗の激しさから手がつけられない状態です…あれを飽きるレベルまで遊べる環境にある人はブルジョワとしか思えない…(笑)

そういや、「ポケモンGOなんか遊ぶよりも、子供たちは昆虫や魚などの自然なものを探すべし」みたいな論調を見かけるけど、私が住む大井町はゲーセンやマクドナルドやファミ通が置いてあるコンビニ(笑)さえもない田舎なのに、鳴き声がやかましいセミ以外そんなもの見たことないぞ!
なぜか路上でカエルが飛び跳ねているのをよく見るけど。

今日は夕方から秋葉原でゲーム探索してましたが、ポケモンGOプレイヤーによる歩きスマホが世間で言われるほどいなく、きちんとルールを守って立ち止まって遊んでいる人ならば結構いました(特に駅前だと目立つ)。ここら辺はゲームに理解のある街ならではの現象でしょうか。それだけに歩きながらポケモンGOをやっている人は遠征組だと丸わかりですが(笑)



本日購入したソフトはこれ
イメージ 1
・エクスランザー(MD) …6,500円
・TVアニメワンピース 幻のグランドライン冒険期!(GBC裸) …93円
・真・女神転生デビルチルドレン黒の章(GBC裸) …93円
・スーパー桃太郎電鉄II(GB裸) …93円
・名探偵コナン(GB裸) …93円
・カスタムロボGX(GBA裸) …278円
・THEテーブルゲームコレクション(GBA裸) …278円
・上海(GBA裸) …278円

『エクスランザー』は他の秋葉原の店だと一万前後するのですが、先週まんだらけでこの値段で売られているのを見て一瞬買おうとしたのですが、「安いとはいえ持っているゲームをまた買うのもなあ」と思ってパスしたのですが、今日になっても売れ残っていたので、これも運命だと思ってつい買ってしまいました(笑)
ちなみに『エクスランザー』は、当時スタープログラマーでベーマガでプログラム講座の連載を持っていたBUG太郎氏(代表作:グラナダ、ソルフィースなど)が関わっていることを関連雑誌でアピールしていた作品でしたが、後年、ご本人に「エクスランザーは高校時代ハマりましたよ!」と熱く語ったら、「営業の関係で自分が関わったことになっているけど、実際はお手伝い程度の関わり(要約)」と言われて、結構ショックでした…だってオープニングのスタッフロールでも堂々と表示されるんだもの!



●『東亜プランTシャツコレクション』販売開始!
イメージ 2
東亜プランの公式グッズがサントラCD以外で発売されるのはこれが初めてじゃないでしょうか?ライセンス的に複雑な東亜プランのグッズを発売するBEEPショップさんの東亜愛は本物です!なお、デザインに関してはBEEPショップの買い物袋のデザインも手掛けた大井町在住の同人作家、五月雨せつな先生が関わっているようです(どうでもいい豆知識)

ところで、東亜グッズが出るならば、コンシューマやPCへの東亜プラン作品の移植もそろそろ出るのでは?
と思い、4,5年前から「エムツーから移植の予定がある」というアナウンスがあったのを思い出し、失礼ながらも(いつもすみません…)M社のH社長(伏字する意味ないけど一応)に問い合わせたら「改めて版権の流れを見ていたら不明慮な点が見つかった」そうで、版権は版権でも、グッズ化と移植の版権はまた別ということなんでしょうね。
ということで、グッズとはいえども東亜Tシャツが発売されるのは奇跡的なことかも知れません!興味ある方は買えるうちに買った方がいいのかも?

本日でわたしは39歳の誕生日を迎えました!

39、つまり「ミク」ですよ!

イメージ 1
手元にあるミクゲーを並べました!
「みっくみくにしてやんよ!」

…一人でこんなことをしてむなしくなりました…(´;ω;`)ブワッ

これだから39歳になっても独身なんだろうけど、もし結婚してすぐに子供ができたとしても、子供が成人を迎えるそのときにはすでに還暦だと思うと気が重いですな。早婚が理想なんだろうけど、それはそれで収入的に暮らしていけそうもないしなあ。
というか今も低収入ですが(爆)

それはそうと、さっきの『初音ミクProject DIVA extend』が2本あるのは、すでに買っているのを忘れてもう一本買ってきてしまったのが理由です…
イメージ 2
2本あわせても1,000円しないからよかったですが(笑)



イメージ 3
AKBのトップアイドルだった秋元才加とお泊りした広井王子氏と、31歳下の美少女コスプレイヤーと出来婚した藤島康介先生の黄金タッグによる『サクラ大戦』が今年で20周年を迎えるのですが、このネタを先日Gallさんに言ったら「無理矢理スキャンダルなネタにしなくても…」と叱られてしまいました(笑)
それはともかく、イベントの概要はリンク先を参照してもらうとして、開催時期が8月の11~13日とちょうどコミケ時期にぶつけてきたので、コミケ目的で上京する方には嬉しい日程ですね!
ところで、何年前かに発表された今振り返ってみてもブラウザ版は配信中止となって正解だと思います。PS3最盛期においてセガサターン以下のあのグラフィックはいくらなんでも手抜き以前かと。



●押忍!闘え!応援団!
イメージ 4
ニンテンドー3DSがある程度普及している今、旧世代機であるニンテンドーDSのソフトがお求め安い価格で見かけることが多くなりましたが、反面、値上がりしているソフトもありますが、その中のひとつが秋葉原のまんだらけで売ってたこの『押忍!闘え!応援団』の3,300円でした。
イメージ 5
消費税5%時代に同じ店で210円で購入しましたが、今ではえらい上がりようです。いったい何故?任天堂音ゲーの中では3DSで続編がまだ出てないから?うーんわからん…



●スクランブルガンダム
イメージ 6
新たなガンプラバトルを描く新作アニメーションガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ』が来月8月21日午後4時テレビ東京系列にて放送されるそうですが、上記のスクランブルガンダムはファミコンソフト『機動戦士Zガンダム ホット・スクランブル』(開発ゲームスタジオ)を由来としたガンダムのようで(だからZガンダムベースのデザインなのか)、まさかガンダムゲーム30周年記念をビルドファイターズトライの作中で絡めてくるとは予想外でした(ちなみにホット・スクランブルの発売日が1986年8月なので放映時期も狙ったのでしょう)
イメージ 7
とりあえず30周年のうちに何とか一周(16面)はクリアしたいところ(笑)

イメージ 1
5枚あわせて3,500円弱ぐらい(適当)

久しぶりにフェイスの『サイバークロス』と、その続編『クロスワイバー』をやったけど、昔の記憶のままの大味なゲームでしたね。メタルヒーロー番組をオマージュとしたアクションゲームとしては日本物産の『コスモポリス ギャリバン』(アーケード&ファミコン)ぐらいしか思いつかないので、そういう立ち位置的には貴重なゲームかも?

なお、『サイバークロス』を開発したITLは後に『強殖装甲ガイバー』をオマージュとした『Aランクサンダー』(日本テレネット/RIOT)を製作しているのは何かの因縁を感じます(そんなわけない)

UPLの『ゴモラスピード』はゲーム内容的に同社の『宇宙戦艦ゴモラ』と関連がなさそうで、開発にどちらも藤沢勉氏が関わっているとか。あと、どちらもヘンなゲームシステムが共通しているのかも?(笑)



●コロコロアニキを買ってきた!
イメージ 2
表紙を見てのとおり、小林よしりんの『おぼっちゃまくん』の新作が目玉のひとつ。
イメージ 3
小学生時代に好きだったコミックでしたが、まさか自分が中年になった現在に新作が読めるとは思いもしませんでした(笑)
作者が最後に同作を描いてかなりの年月が経っていますが、そのブランクさえ感じない安定した作画は見事としかいいようがありません。茶魔たちが私の小学生の記憶のまま復活したといっても過言でもありません。
読んでみて一部のキャラの性格に「?」と思うこともありましたが、面白かったです!
人間としての小林よしりんは好きになれんけど(爆)

実はコロコロアニキはのむらしんぼ先生の『ファミコンロッキー誕生秘話』が目的で買ったんですよね。どんな内容だかは実際読んでもらうとして(笑)、個人的に気になったのは『ファミコンロッキー』の作者であるあさいもとゆき先生がプロデビューする前に描いたという「クリィミーマミのえっちな同人誌」
イメージ 4
これ、すっごく読んでみたい!(爆)
しかし、よく伏字なしに堂々とタイトルを載せているのはすごいよなあ…まさに中年向けの雑誌は只者じゃない!(笑)

この他にも、80年代(一部90年代)をコロコロコミックやビックリマンやミニ四駆やハドソンで過ごした元少年はまさに必携の雑誌なので一度は手にしてみてはいかがでしょうか?自分としては久々に最新号が気になる漫画雑誌です!
…だってジャンプはHUNTER×HUNTERが休載中だしな…



詳しくはリンク先を読んでもらうとして(手抜きw)、この手のソフトってどうやって流出するんでしょうね。メガドラのテトリスとか。
レアソフトになると海賊版が出回る可能性も出てくると、その点、カセットビジョンソフトは今のところ安心ですね。ハードの仕様から、CPUは本体側ではなくソフト側にあるので(本体はあくまで電源の供給のための装置みたいなもの)、海賊版を作るにはCPUまで複製しなければいけません。やろうと思えばできなくはないんでしょうけど、本体普及率を見るとその手間を掛けてまでのニーズがカセットビジョンにはなさそうです(笑)

イメージ 1
本日はカプコンのスーパーファミコンソフト『エリア88』が発売されて25周年です。おめでとうございます!
同社の同名アーケードゲームをベースにしたアレンジ移植で、ジャンルは横スクロールシューティング。ハードスペックの理由からか、ショットの連射が利かなくなりましたが、移植に際し、機体乗り換えの要素やステージ選択制の追加など、原作のイメージを損なわない方向へのアレンジが見事でした。特に高額な機体はチートレベルに強く、シューティングが下手な人でも時間を掛けてお金を貯めればクリアが見えてくるという絶妙なバランスは家庭用ならではの変更点だと思います。
それでもアーケード版よりも難しく感じるのは私だけでしょうか?(笑)

ところで、「88」繋がりで、町おこしの一環で四国八十八ヶ所霊場巡りとコラボさせてみてはいかがでしょうか?
「四国の激戦区88ヶ所巡り!! 生きて滑走路を踏める運はすべてアラーの神まかせ!! 」
…色々とあかん…

そういえば昨日はセガの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の発売25周年でしたね!忘れていました(爆)
イメージ 7
まあ、当のセガはこれに合わせて何かを企画している様子もないからどうでもいいけど。というかそんな扱いでいいのかよ!(笑)



●NBAプロバスケットボール'94入荷
イメージ 2
通常市販のメガドラソフトのコンプの壁としてアクレイムタイトルではなく、こちらを挙げるあたりにわかっているな(笑)



●Jリーグプロストライカー2実演サンプル
イメージ 3
先日、秋葉原のスーパーポテトでこれが42,800円で売られていたんだけれど、ぶっちゃけ内容は商品版と変わらない気がするんですよね。もしかしたら『ダイナマイトヘッディー実演サンプル』のように何もしないでしばらくすると強制リセットになる仕様かも知れませんが。



●WiiUでゼノブレイド配信!
イメージ 4
私が歴代任天堂タイトルを選ぶ際に間違いなく5本の指に入るぐらいの傑作オープンワールドRPG『ゼノブレイド』が遂に先日の水曜日に配信されました!大作すぎてクリアに90時間掛かるのですが、それでも複数クリアするほど好きなゲームなので、これを機に遊んでくれる人が増えるといいなと思います!



●ぐるみん、3DSに配信!
イメージ 5
日本ファルコムのアクションRPG『ぐるみん』がニンテンドー3DSソフトとして配信が決定しました!日本での配信時期は未定ですが、北米では今年の夏の配信を予定しているそうです。3DSのファルコム作品は今回が初なので、これを機に次々とファルコム作品が出るといいですね!

そういえば数年前にPSP版『ぐるみん』をPSVitaにダウンロードしていたのを思い出しました…
イメージ 6
忘れていたということは、もちろん一度も起動させていませんが(笑)

先日の日曜、スーパーポテトのメガドラ棚を眺めていたら…

NBAプロバスケットボール'94が!?

…と思っていたら、名前がよく似ている『NFLプロフットボール'94』でした…(お約束)
イメージ 1
タイトルが似ているし、背表紙に同じ赤文字ロゴを使っているし、なんて紛らわしい(笑)
似たような例だと『ジノーグ』『ジ・ウーズ』もそうですね。

ところで『NBAプロバスケットボール'94』は凄いことになってますね。秋葉原では値段構わずまず見ないレアゲーですが、直近のヤフオクでは4万弱で取引されたと有澤さんから聞きました。あのゲームをレアだと明言している人間はうちのブログしか聞かないので、あの取引価格はうちのブログがそれなりに影響を与えているのかも知れませんね…某ステーショナリーセットのように…
というか、おかげで私が2本目が手に入らなくて困っているのですが(爆)



そんで今回買ったソフトはこちら
イメージ 2
・ちびまる子ちゃん わくわくショッピング(MD) …500円
・ちびまる子ちゃん うきうきショッピング(FC裸) …93円
・バベルの塔(FC裸) …278円
・不動明王伝(FC裸) …278円
・Pocket Dogs(GBA裸) …93円

奇しくもちびまる子ちゃんのボードゲーム2作を同時に買うとは自分でも思いもしませんでした(笑)。最近どちらも見ないし、そして安かったのが嬉しいですね!メガドラのはこれで33本目ですが(笑)

『Pocket Dogs』は海外のゲームボーイアドバンスソフトですが内容は不明。海外版ソフトがジャンクコーナーに普通に置いてあるなんて秋葉原らしいですが、とりあえず93円だったから買っただけです(笑)

↑このページのトップヘ