2020年06月

発売日(5/29)からプレイし続けた『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』収録の追加シナリオ「つながる未来」を本編に続きクリア。
IMG_4423
クリアしたのが6/28なので、発売日から丁度1ヶ月でのクリアになる。
FullSizeRender
入院さえしなければちょっと前にクリアできたんだろうけれど(汗)、しかしこの期間でゼノブレイド一本だけで90時間やれたのだから自分としては随分とやり込んだなあ。

追加シナリオ部分のクリアまでのプレイ時間は10時間弱と本編に比べると軽く感じるけれど、バトルシステムは変更されて新鮮だし(ノポンジャーを全員集めた時は圧巻!)、シナリオ面でもパーティメンバーの一人であるメリアのエピソードの完結篇として見ると満足度が高かった。
ネタバレになるので詳しくは書けないけれど、本編では殆ど語られる事がなかった、ある意味でメリアの姉妹関係にあたるタルコの出番が増えて、しかもキャラクターをさらに掘り下げられていたのが個人的に良かった。
しかし、当然ながら追加シナリオのボイス収録は新規なんだけれど、ここはさすがプロ、10年のブランクを感じさせないほど本編との違和感がなく聴ける。

今月は入院したりとブログ更新が滞ってたけれど、ゲームは相変わらずやっていて、直近だと『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』の本編部分をクリア。
IMG_4419
IMG_4420
今月は色々とゲームは遊んだけれど、ゼノブレイドだけで1ヶ月弱の間で83時間以上遊んだのは自分でも凄いと思っている。そのうち3日間は入院で遊べなかった割には頑張ったよなあ(笑)

初代ゼノブレイドはクリアまでに100時間掛かる超大作で、この10年間でWii版、New3DS版、そして今回のSwitch版で合計3回クリアしているのだから、今まで遊んだ歴代のRPGでも上位クラスで遊び込んだゲームといってもいいだろう。今のところ5年おきに出てるゲームでもあるので、今度遊ぶのは5年後かな?

勿論今は後日談の「つながる未来」に挑戦中。





●ナムコットコレクション
IMG_4403
トラブルによって現在配信が停止されている『ナムコットコレクション』だけれど、配信再開が待てず海外ダウンロード版を20ドル程で買ってしまった…。どうしてもNES(ファミコン)版『ギャプラス』を遊びたかったんだ…




●ホーギーヒューSwitch版
IMG_4413
元はPC用の横スクロールシューティングなんだけれど、これをNintendo Switchへ移植するクラウドファウンディングに参加していて、その時のCDが先日到着。申し込んだのが随分昔だったのでクラファンやってたことを忘れてたところか、そもそもホーギーヒューの存在自体を忘れた(爆)

先週の話になってしまうんだけれど、バンナムから配信されたNintenndo Switchソフト『ナムコットコレクション』内の有料ダウンロードコンテンツに不具合があった話、たまたま当日は入院というアクシデントのせいでこのお祭りに参加できず、実は悔しい思いをしている(笑)

ナムコット…80年代のナムコってゲーセンではナムコ黄金期と言われているけれど、ゲーセンには馴染みなかった自分にはむしろファミコンソフトの方が思い入れあるんだよね。そんなナムコファミコンソフトが復刻される嬉しいニュースがあったのに、今回のトラブルのせいで出鼻を挫いてしまい、せっかくの企画が盛り下がらなければいいなあ。早くダウンロード再開して欲しい!





●まいてつ
IMG_4396
秋葉原のトレーダーに貼ってあったまいてつ -Pure station』のポスターの絵の可愛さに興味を持ったんだけれど、たまたまニンテンドーeショップでセールだったのと、ポイントがかなり貯まってたので購入。ゲーム内容は全く知らないけれどね(爆)

まいてつといえば先日知ったんだけれど、先日発売されたばかりの『テックジャイアン 2020年8月号』に、なんとPC用の製品版とドラマCDが丸ごと入っているという情報が!
IMG_4397
元々まいてつがPC用のアダルトゲームだったことは、実はこの時点で初めて知ったんだけれど(爆)、それほど古くはないであろうゲームを雑誌の付録にするとは純粋に凄いなあ。しかも新作ドラマCDまで付いてるし!
なるほど、Switch版のセールはPC版の新作に合わせてのものだったんだね。Switch版からアダルト要素のある新作を遊ぶ人がいるか分からないけれど。

IMG_4385
現在進行形で遊んでた『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』も、終盤に近い機神界に辿り着いて、これからクライマックスか!?

…というところで、激しい腹痛を起こし、我慢できず救急車を呼んだらそのまま入院^ ^

今は無事退院したんだけれど、取り敢えず今後は食事制限しないとな。

ところで入院食はあまり美味しくないと言われているけれど、
IMG_4394
IMG_4389
IMG_4388
IMG_4387
お粥が塩気が一切なくて正直美味しくないけれど、おかずは割と美味しいから一緒に口に入ればそこまで悪くないし、朝食はパン食だから普通に食べられるし、むしろ美味しい。
入院がいきなり決まったから何も用意せず入院生活が始まり、ゲームさえもお預けだったので、1日に3度の食事は本当に楽しみだった。

しかし入院によってせっかくの給付金の3/4ほど使う羽目になってしまいショックなんだけれど、裏を返せば貯金を崩さずに助かったとも言える(汗)





●アーケードアーカイブス追加タイトル
IMG_4393
(80年代後半の作品の割に)ストイックなシンプルさが特徴のジャレコの横スクロールシューティング『P-47』と、(誤解を恐れないのであれば)任天堂のドンキーコングのフォロワー的なジャンプアクションゲームのサン電子の『カンガルー』の2本。

年齢的な問題で稼働当時はどちらもゲーセンで遊んだ事がないゲームだけれど、今は亡きナツゲーミュージアムなどで遊んで気に入ったゲームだけに今回の配信は純粋に嬉しい。
特にカンガルーは、駄菓子屋ゲーセンの定番として比較的有名だった聞くので、幼少時代によく遊んだ現在アラフィフの方々には嬉しい移植じゃないかな?
この調子でサン電子繋がりで、主に『マイコンBASICマガジン』(電波新聞社)にバカ受けだった(誇張)、『ぺったんピュー』をアケアカに出してくれないかな?ルールが特殊かつ難解なので、今まで類似作品が出てないオリジナリティの高いアクションゲームなんだけれど、移植される機会があるとしたらこのタイミングしかなさそうなんだよね。というわけでハムスターさん宜しくお願いします!

アーケードアーカイブス新規参入メーカーとして『雷電』で有名なセイブ開発が遂に参入!

…というか、セイブ開発の代表作として雷電しか思い浮かばないくらいは自分はセイブ開発にわかなんだけどね。あとメガドライブに移植された『ダイナマイトデューク』もか。
IMG_4363
移植タイトルは『雷電』は当然として、レア移植の『ウィズ』『ゼロチーム』がラインナップに挙がっているのが嬉しい(ウィズはMSXにアレンジ移植されているけれど)。

あと任天堂関係だと『VS.ベースボール』『スーパーパンチアウト!!』の2本が新規タイトル。どっちも今となってはレトロゲーセンでも見ないタイトルだけにこれは気になる。もっともVS.ベースボールなんて今どきの野球ゲームに慣れていると全体的な動きがもっさりして厳しいんだろうけど(汗)





●PS5ディスク不要のデジタルエディション 中古ゲーム市場に与える影響は?
ようやく本体デザインが好評されたけれど、同時に通常のディスクドライブを搭載した本体の他に、ディスクドライブのない本体の2種類が出ると聞いて、これも時代かなと。

それはそうと見出しには、ディスクドライブ不要のデジタルエディションに対して「中古ゲーム市場に与える影響は?」
とあるけれど、そもそも中古ゲーム扱ってる店が壊滅的な今の現状を見ると考えすぎなんじゃないかな?
しかも今どきの子供はFortniteやMinecraftを延々と遊んでいるというデータがある以上、レトロゲームを安く中古で買って楽しんでいるユーザーは思っている以上に少ないし、もしそれで市場が成り立っているのならば街の中古ゲームショップなんて壊滅しねえよ!(笑)

正直、個人の中古ゲームショップが成り立った時代は西葛西のゲームズマーヤが存在した2017年で終わったと思っている。
その後はヤフオクやメルカリ等で中古ゲームを個人で取引するようになった人が増え、中古ゲームショップは成り立たなくなった感じがする。当然パッケージソフトが存在し続ける限りは永遠と中古ゲームは無くならないけれど、近い将来中古ゲームを知らない世代も出てきそうな予感がするなあ。
しかも今どきのハードは、不特定多数の安い中古ゲームを買わずとも、各種ハードの会員になって年会費を払えば特定のタイトルを無料で遊べるサービスもあるので、ゲームを安上がりで楽しむ手段が公式に用意されているとなると、どうしてもパッケージソフトが欲しい人以外は多くの人はそこで満足しちゃうよね。

↑このページのトップヘ