IMG_2754
秋葉原のゲームセンター「ナツゲーミュージアム」が休館すると聞き、最終日に行ってきた。

しかし休館するとアナウンスしながら、タイトルの入れ替えが結構あって
本当に休館する気があるのか!

と思った(笑)

取り敢えず遊んだタイトルを適当に。


・ジャンプバグ
IMG_2740
ジャンプスクロールアクションとしては最初期に当たるのかな?同ジャンルの『パックランド』『スーパーマリオブラザーズ』よりも時代を先取りして出す辺りがセガ!(棒)
それはともかく駄菓子屋ゲーセン定番タイトルとしても有名だけど、当時はそれだけ基板が売れたんだろうなあ。コピー基板も多かったとPC98版を作ったマインドウェア市川社長が言ってたけど(笑)


・スクランブルフォーメーション
IMG_2751
セガの『スクランブルスピリッツ』といつも間違えてしまうけど(汗)、当時としては超絶的じに描き込まれた背景グラフィックが圧巻のタイトーの縦スクロールシューティング。
難易度が高くて苦手なゲームなんだけど、地上の敵が破壊し難いのが難易度を上げている要因なんだよなあ。
IMG_2749
ちなみにナツゲーに置いてあったのは東京ネズミーランド(笑)が設置されてある初期バージョン。後期版では該当部分が差し替えられたバージョンが存在するけど、噂だと舞浜の遊園地関係者に叱られたらしい。ここで疑問なんだけど、もしそれが本当ならばその関係者って相当ゲームが上手いぞ!何せ東京ネズミーランド(笑)が出るのが最終面だし!このゲームを最終面に行ける腕前って相当なものだぞ!



・ハレーズコメット
IMG_2741
こちらも同じくタイトーの縦スクロールシューティング。奇しくもどちらもフォーメーション要素があるゲームだ(笑)
敵の攻撃をかわすだけでなく、地球側にダメージを受けないよう可能な限り敵を撃ち落とす必要があり、その両方を意識しないといけないから難しい。
家庭用ではファミコンディスクシステムとゲームギアに移植されているけど、タイトルは『ハレーウォーズ』に改題。商標的に問題があったのかしら?



・フィッター
IMG_2760
こちらもタイトー作品で、ジャンルは固定画面のアクションゲーム…
というか、ルールが複雑すぎて遊び方が理解できん!
昔のゲームはシンプルで分かりやすいんじゃないの?昔の人と今の人のシンプルの基準がよくわからないなあ(棒)



・ガーディアンズオブザフードIMG_2748
IMG_2744
今回遊んだゲームで初めて知ったタイトルがアタリのこれ。
アタリの実写格闘だけに『ピットファイター』の続編のように見えるけれど、動きとか操作系統は大体そんな感じ。
IMG_2745
IMG_2747
ステージ序盤ではベルトスクロールアクションのように次から次へと登場するシーンが始まり、ステージの最後にボスとのタイマン3本勝負が始まる流れ。相変わらず大味な部分があるけれど、遊びやすさ、抑えめな難易度から『ピットファイター』よりは遊べる出来だけど、知名度が低いのが前作が偉大すぎたのかも知れない。
やっぱ残虐行為手当以上のインパクトには勝てないヨ!


他には『THE END』『ジュノファースト』『ゴールデンアックス デスアダーの逆襲』『ファイナルスターフォース』などをプレイ。

最終日とあってか混雑が凄まじくてゆっくりゲームを遊ぶ事が出来なかったけど、それでも珍しいタイトルが遊べて満足!
ナツゲーミュージアムは珍しくて貴重なレアタイトルを可能な限りオリジナル筐体での稼働を目指しているので、当時の感覚のまま遊べるのが魅力。今回のアナウンスでは閉店ではなく休館となっているので、いつかは再開してくれることを願います。