IMG_3460
アーケードアーカイブスの今後の配信タイトルが発表あったけれど、今回はジャレコの『エクセリオン』『天聖龍(セイントドラゴン)』とUPLの『ぺんぎんくんWARS』『XXミッション』が新規タイトル。

中でも『エクセリオン』は、『フォーメーションZ』『ももこ120%』等のジャレコの定番クラシックゲームだけに、むしろ配信が少し遅いと思ってるくらい(笑)…個人的にはこの流れでワルキューレの騎行が印象に残る『フィールドコンバット』が欲しいところ。そこまで猛烈に遊びたいわけじゃないけど、近年のレトロゲーセンで見たことないんだよね。あ、フォーメーションZは今でも面白さが理解できん!(爆)


ジャレコといえば先日、突如Switchで配信されたゲーム天国 CruisinMix Special』を購入した。
IMG_3458
追加要素として東亜プランの『TATSUJIN』の自機が使えるなど、内容的に先行して発売されたプレイステーション4と同内容っぽいけれど、配信するなら配信すると事前に言ってくれ。予算確保するの大変なんだから!(笑)

それと合わせて同日配信されたテクノスジャパンのアーケード移植であるアーケードアーカイブス エキサイティングアワー』を購入したんだけど、いつもエキサイティングアワーをファイネストアワーと間違えて言ってしまう。それはナムコだ(笑)


あとは前から微妙に気になっていながらも、体験版遊んで買うのを辞めた(爆)、コナミの『魂斗羅ローグコープス』を2980円のセールだったからついつい買ってしまった…
IMG_3461
GEOではパッケージ版が新品で1480円と聞いて近くのGEOを何店舗か寄ったんだけれど、どこも売ってないどころか、秋葉原のゲームショップではそもそも中古さえなかったので、あまりにも悔しくなって値段が倍になってもダウンロード版を買ったわけ(爆)

あとはあらかじめダウンロードで配信された『DESIRE remaster ver.』『ToeJam & Earl: Back in the Groove!』

DESIRE remaster ver.』は、コンシューマでは最初にセガサターンに移植されたマルチサイトシステムが売りのアドベンチャーゲーム。同じくマルチサイトシステムを採用した『EVE  bursterror』と比較するとせっかくのシステムが上手くシナリオにハマってない気がするけれど、最後のオチはEVEよりも遥かに納得はする(笑)。どちらにせよヒロイン可哀想だけど。まだ遊べないので出来は分からないけれど、元からそこそこのボリュームあるこのゲームのリマスター版を980円で売るなんて頑張りすぎだろうに!

ToeJam & Earl: Back in the Groove!』はメガドライブでオリジナルが発売されたアクションゲームのリメイク。リメイクに際してグラフィックがHD画質に合わせて描き直されているのと、多人数プレイが可能になっている点。オリジナルはセーブができない上にクリアまで半日近く掛かる極悪仕様だったけど、リメイク版では当然なんとかしてくれてるよね?


ちなみにこれまで買ったNintendo Switchソフトはこれで582タイトルだけれど、年末年始セールの対象タイトルはいっぱいあるので、来月辺りは600を超えそうだ。