日本では7/15より『真・女神転生』が配信がされたけれど、内容が内容だけに海外じゃ配信できないだろうな…と思って、海外のラインナップを見てたら…

IMG_4484
えええ!? The Immortal!?

日本ではエレクトロニックアーツビクターがメガドライブで『ウィザード オブ イモータル』として発売されたタイトルだけれど、なぜこのゲームが選ばれたの?

というかエレクトロニックアーツのクラシックタイトルが任天堂ハードで配信されるなんて凄く珍しい気がする。それがよりによってイモータル…日本の『真・女神転生』に合わせて北米もダークな世界観なコレを選んだのかも知れない。そう思うと任天堂やるな!(笑)

ジャンルで説明するならばアクションアドベンチャーに分類するゲームなんだけれど、少しだけ遊んだ感じ、メガドラ版を引けを取らないグラフィックで、ファミコン(NES)とは思えないクオリティが凄い…もっともメガドラ版自体が地味なのもあるけれど、特にデカキャラが動く戦闘シーンの再現度は素晴らしいよ!
IMG_4485
IMG_4487
レーティングの関係(Nintendo Switch Onlineは全年齢対象の為)でメガドラ版にあった残酷描写は当然無くなっているけれど、それでもよくできているなあ。
IMG_4486
ゲームとしては理不尽なトラップが結構あるので、今のプレイヤーには「死にゲー」のレッテルを貼られそう(笑)





●カンガルー
IMG_4490
数年前、今は亡きナツゲーミュージアムで遊んだサン電子の『カンガルー』を購入。
駄菓子屋ゲーセンに似合いそうな原色バリバリのグラフィックがもう最高なんだけれど、ゲームの方も目的が分かり易い演出のおかげでインストカード見なくても遊べたんだよね。ファミコン以前の、過去に移植例のないゲームがアケアカでもっと出るといいなあ。