前回の記事に対するコメントでGEOは数年前からXboxOneの取り扱いをやめてた事実を知ったんだけれど、GEOほどの店舗が取り扱いをやめたという事は他にも取り扱いをやめたところも多数あるだろうし、その流れからか、サードパーティがパッケージソフトを出さない事を含め、マイクロソフトは店頭でゲームを売る事を意識しなくなったんだろうな…と思ってきた。

それはそれでマイクロソフトの戦略だからいいんだけれど、メディア展開がほとんどなく、例えばファミ通でも殆どXboxOneの情報を載せないから、非ユーザーにはXboxOneには一体何が出ているのか?どんなサービスが用意されているのか?それどころかレトロゲーム大好きおじさんが好む下位互換機能さえ知らない可能性も大きい(笑)

ネットで調べればいいと言われそうだけれど、わざわざネットで調べる人は最初から興味ある人しか居なく、ファミ通でも店頭デモでも何でもいいけれど、それまでXboxOneに興味ない人に伝える手段を自らの手で断ち切っているとしか思えないんだよなあ。
Xbox360まではXboxシリーズを買ってきた自分だけれど、日本を疎かにした時点でもういいやと思ったもの。360の時なんてJRPGや2Dシューティングがそれなりに充実してだけれど、それに勝る魅力が感じないんだよね。元テクモの板垣さんのようなカリスマがXboxに居ないのも理由としてありそうだけれど(汗)



●SNKギャルズTag Team Frenzy
5003
IMG_4667
SNKヒロインとSNK以外の格闘ゲームメーカー各社でお馴染みのキャラがゲストとして登場する対戦格闘ゲームで、先日ニンテンドーeストアでセールだったので購入。
早速有料ダウンロードコンテンツキャラクター以外で全員のエンディングを達成。
IMG_4669
各キャラクターが似てるかどうか、ゲストキャラ以外のメインコスチュームが「らしくない」という見た目の印象を除いてもかなり微妙。
読み込みは新作サムスピと同じくネオジオCD並みに長いし、相手をKOさせるのにトドメに特定の技を当てる必要があるのは更に面倒。その技自体がゲージ消費技だし、トドメを刺すのに失敗したらゲージをまた溜める必要があって、かなりテンポ悪い。通常の必殺技を出すにも共有のゲージを消費するので、トドメの為に温存する事を考慮すると無闇に必殺技が出せなくて爽快感が半減。
昔、バンダイがアーケードやスーファミで『ウルトラマン』を出していて、怪獣のライフを0にした後、最後にスペシウム光線当てないと倒せない仕様だったけれど、まさにあんな感じ(自分はメガドライブ版でクリアしたけど)。
税込2112円分は楽しめたような気がするけれど、SNKの人気対戦格闘シリーズには及ばず、最初からB級作品として楽しむのがいいのかも知れないなあ。今のところ有料ダウンロードコンテンツには手が出せない感じ。