先日、エムツー社のM2 Shot  triggersの生放送を観ていたんだけれど、
ケツイPS4の新展開、ダライアスコズミックレベレーション、ゲームギアミクロ、データイースト作品の移植…と盛り沢山の内容の中で、個人的に一番興味持ったのはSwitch/PS4リリース予定の『アレスタコレクション』!
セガ8bit機で発売されたアレスタシリーズ4作品収録で、エムツーがアレスタシリーズの版権を獲得してから12年経った成果が今ようやく披露できると思うと涙を禁じ得ない(言い過ぎだけどそんな感じ)。
image
image
SNSの感想を見ると、やはり発売当時からなかなか見なかった『GGアレスタ』に注目している人が多い印象。あと日本未発売ながら『Power Strike II』割と持ってる人が多いんだな。さすがセガマニア!(笑)


生放映の翌日である9/17よりアレスタコレクションの予約が開始されたんだけれど、当日0:00から開始したBEEPでは速攻で予約終了、9:00から開始したヨドバシも数十分で収録したのだから凄い!(通常版はまだ受付中)
image
聞くところにあると数は十分に用意してあるみたいだから、受付再開まで待ってみるか…(予約が間に合わなかったw)




●ニンテンドー3DSシリーズ生産終了
image
何年か前にNewニンテンドー3DSが終了したというアナウンスは聞いてたけれど、それ以降にに出た同LLやニンテンドー2DS、Newニンテンドー2DSLLも生産が終わったのね。

パッケージソフトの供給自体は2019年発売の大戦略が最後となったので、本体も近いうちに終わると思ってたけれど、今は良い感じでNintendo Switch Liteに移行してきたので需要は満たされたんだろうな。
Newニンテンドー2DSLLとSwitch Liteの価格差を見ても5000円しか変わらないので、今から3DSシリーズを買おうとする人は既にソフトを幾つか持っている既存ユーザーくらいだろうけれど。予備ハードとして買うならば今年中に買った方が良いのかも。

既に生産終了したハードであるWiiやDSiのストアが終了したのを見ると、3DSのストアも近いうちに終わるかも知れないから(実際に一部の海外では終了)、いつかは買おうと検討してたユーザーは今のうちにダウンロード販売専用ソフトを購入した方がいいかも知れない。
取り敢えずセガ野郎はセガ3D復刻シリーズだけでも必ず買え!(笑)




●マッドストーカーMD発売中!
image
image
新潟のゲームショップ・メディアマックスで予約してた9/17発売のメガドライブ互換機対応ソフト『マッドストーカー』が発売日到着。メディマ購入特典はアクリル製キーホルダー。

セガ非ライセンスソフトとはいえ、元々工画堂スタジオより発売予定にあった没タイトルがコロンパスサークル&オペラハウスの手によってこうやってROMカートリッジとして復活し、そして今手元にあるなんて、当時期待してた自分にとって夢のようだ。流石に26年も待てば途中で存在を忘れてたけれど(汗)