子供達に人気があると言われる『フォートナイト』。これがプリインストールされたNintendo Switch本体が11/6に発売が決定されたけれど、まさか基本無料タイトル仕様の本体まで発売されるとはフォートナイト人気は自分が思っている以上に凄い。しかも、ゲーム内通貨を含む各種特典が付きながら本体価格は変わらないというのだから、これがきっかけでフォートナイトプレイヤーが増えそうな予感。
フォートナイトは最近Appleと揉めたけれど、それとは逆の展開となったな(笑)



フォートナイトで思い出したけれど、知り合いのレトロゲーム好きのおじさんが子供達と一緒にレトロゲームを遊びたがっていたのに、実際はフォートナイトやマインクラフトばかり遊んでいてレトロゲームに見向きしてくれないと嘆いていたなあ。
彼(レトロゲーム好きおじさん)の気持ちは分からないでもないけれど、個人的に子供達には今流行りの物を率先してやって欲しいと思っている。
自分の少年時代を振り返って見ると、今思えば何であんなのにハマっていたんだろう?と思うものでも、少年時代の記憶に残っているのは当時の流行の物ばかりで、あれから20年30年経った今でも世代同士での共通のネタにできるからあの時に熱狂した思い出は決して無駄じゃなかったと思っている。
だから今の子供達には好みの程度はあるけれど、自分の世代には馴染み無いレトロゲームよりも、自分が興味を持った流行のものをどんどん触れて欲しいんだよね。特に基本無料のフォートナイトなんてサービスが終了したら(基本的には)遊ぶことができず、当時のプレイヤーの思い出にしか残らないから尚更そう思ってしまう。

というか、自分の父親が少年時代だったゲームを自分の少年時代に遊んだか?それを今でも遊んでいるか?と言われたら基本的にノーでしょ!少なくとも自分の父親の少年時代に流行ったベーゴマなんて一度しか遊んでないぞ!
だから、世のお父さんは自分の子供にレトロゲームを押し付けるとは言い過ぎでも、レトロゲームをやらせて興味を持たなくても嘆いちゃダメですよ。せめてやらせるならば実機じゃなくて現行機で遊べるレトロゲームじゃないと!

「レトロゲームは遅延ない環境で実機でやるべし」
と、ブラウン管テレビ用意しろ、フレームマイスター用意しろ、それぞれの機種に合ったケーブル用意しろ、とか言ってきたら、若者どころかオレでさえ面倒になってレトロゲームが嫌いになるわwww
「昔のゲームは今と違って手軽に直ぐに遊べるから良いよね」というのは今のゲームをまともに遊んでない人による嘘だよね。レトロゲームを実機で遊ぶだけでもこれだけの手間と物が必要な時点でマニア以外には敷居が高すぎるよ…(それを理由に自分でさえメガドライブ実機を10年近く触れてない訳だし)





●ダライアスコズミックリベレーション
image
Amazonプライムセールで注文した『ダライアスコズミックリベレーション』。結局Switchの通常版を選択。年末に掛けてレトロゲーム系の出費が多すぎて、とてもじゃないけれど特装版を買える度胸がなかった(笑)

ところでダライアスコズミックリベレーションは略して『ダライアスCR』と呼ぶらしい。なんかパチンコみたいでいいな(嘘)





●ダライアスEXTRAのMD互換機版のBEEP特典
まさかの巨匠・末弥純氏描き下ろしのアナザージャケット!
メガドライブユーザーにとっては『ハイブリットフロント』『シルフィード』のジャケットイラストで知られるイラストレーターだけれど、よくBEEPさんは店舗特典を超ビッグネームに依頼できたなと感心してしまう。
デザイン発表が楽しみ!






●ダライアスEXTRA関係者の座談会
MD互換機をメガドライブと言えない大人の事情…。

そういえばよくハードメーカー公式で実機でも遊べるファミコンソフトやらメガドライブソフトやらの新作を出せ!という意見をいまでもよく見かけるけれど、ハードメーカーにして見れば何十年前に生産終了どころかサポートが終了したハードの新作ソフトが動くかどうか保証するのは困難だし、そもそもサポートに絡むコストが掛かることを思えば現実的じゃないよね。

その意見に対する反論で、昔のハードは頑丈だから今でも起動するファミコンやスーファミやメガドライブ本体の入手は容易と言われそうだけれど、それはたまたまで、その意見は生存バイアスでしかないよね。そもそも今のテレビに接続する事でさえ難しいというのに(汗)