カテゴリ: 日記

IMG_7875
アーケードアーカイブスのナムコタイトル、ここしばらくPCエンジンに移植されたタイトルが続いたけれど、6/2配信タイトルは『ドルアーガ塔』と、やはり意識しているのかな(PCエンジン版はアレンジ移植だったけれど)。

意識しての発表といえば、ドルアーガの塔のキャラクターデザイナーである篠﨑さんの60歳の誕生日前日での発表だったんだけれど、それを意識してでの発表ならばハムスター社のサプライズが素晴らしすぎる!アケアカの番組にもゲストとして篠﨑さんも参加するようだから、ある程度意識してたと思うのは考えすぎかな。

そしてドルアーガの生みの親である遠藤さんがしっかりとした音楽をBGMとして使いたかったと雑誌インタビューで発言するくらい、小沢さんが作曲したBGMがとにかく上質でカッコよかった。それまでゲームミュージックらしくて軽快だった大野木さんの曲とは対称的で、自分の中ではかなり新鮮な音楽に聴こえたんだよね。

なおNintendo Switchでドルアーガの塔が移植されるのは『ナムコミュージアム』収録版に続き2回目だけれど、アケアカ版ならではの要素(キャラバンモード以外)がちょっと気になる。ナムコミュージアム収録版は独自の要素として宝箱の出現の条件がゲーム画面に同時表示されるから、自分のようなニワカなプレイヤーでもすごく遊びやすかったんだよね。おかげでファミコン版ならば10面を越えなかったのに、ナムコミュージアム収録版ではコンティニュー使いながらも30面ほど進められたのは嬉しかったなあ。剣を出しながら魔法を防ぐ操作には相変わらず苦戦したけれど(笑)






●後輩とどうぶつの森
職場の21歳の新人とゲームの話をしていて、どうやら彼は『どうぶつの森』が好きらしい。さらに聞いてみると初代から遊んでいると豪語しているんだけれど、どうぶつの森の初代にあたるニンテンドウ64版が出たのは21年前で、彼の年齢からすると計算合わなくない?
そこで彼にどの機種で遊んでいたかと聞いてみると、なんとニンテンドーDS版とのこと。DS版は初代ロクヨン版から3機種目(4作目)なんだけれど、彼の年齢だとニンテンドウ64やゲームキューブのリアルタイム世代ではないから知らなくても当然とはいえ、なぜDS版を初代と言ってしまったのかは本人もよく分かってない。
DS版以前のシリーズが出たハードはプレステシリーズ一強の時代のタイトルだけに、ゲーマー層には知られたタイトルかも知れないけれど、ライト層にはそこまでのタイトルじゃなかったのもありそう。それがDS版で日本だけで500万本以上売れたのだから以前のシリーズと比べ知名度が抜群に違うのもわかるけれど、それでも知らなかったとはいえ初代と言ってしまうのは…(汗)

来月の引っ越しに向けて相変わらず部屋を片付けているのだけれど、またまた珍しいアイテムが出てきた。
IMG_7870
ゲームキューブ用ゲームボーイプレイヤー同梱のディスク2枚。

ゲームボーイプレイヤーはゲームキューブでゲームボーイアドバンス含むゲームボーイシリーズを遊ぶためのアダプターなんだけれど、これはゲームボーイプレイヤーを起動させるためのディスク。つまりこれがないとゲームボーイをゲームキューブで遊ぶことができないわけ。使い勝手が悪いなゲームボーイプレイヤー(笑)

当時普通にゲームボーイプレイヤー一式を持っていたんだけれど、ゲームキューブ本体を処分した際、ゲームボーイプレイヤー本体も一緒に処分(本体に取り付けたまま処分したはず)したけれどディスクはそのままにしてたみたい。

ディスクだけなんてどこも買い取ってくれなさそうだし、二束三文の値段ならばそのための買取手続自体が面倒なので捨てる気でいたんだけれど、万が一まともな値段で買い取ってくれるならばと思い、商品のデータベースが充実している駿河屋のサイトをダメ元で見たら…
FullSizeRender
なんとディスクのみの買取もある!
しかもディスクのみで千八百円!!
マジか!?ゲームボーイプレイヤー本体のみよりも高いし!

前述した通りゲームボーイプレイヤーは起動が面倒で使い勝手が悪いし、ゲームボーイアドバンスをテレビで遊ぶ手段は他にもあるけれど、任天堂純正商品で遊びたいユーザーがいるからニーズは今でもあるんだろうね。

最近駿河屋はゲームの箱と説明書のみの買取を始めたけれど、周辺機器の付属品も取り扱い始めたのね。値段がつかなかったら危うく捨てるところだったぜ…(本当に)
ゲームボーイプレイヤーに限らず、ある程度は売れたはず商品にも関わらず今では品薄だったりするのは、買い取ってくれると思わずそのまま捨てるユーザーが相当数でいるんだろう。レトロゲームブームとか言われてるけれど、それが売り物になるなんて皆んなが思ってる以上に一般人にはメルカリヤフオクが普及した今でもあまり浸透してないしね。
中には捨てるくらいなら欲しい人にあげればいいとか言われそうだけど、欲しい人に渡す為の時間とコストを考えると、まとめて処分した方が手っ取り早いと思ってしまう。近くに欲しい人がいればあげるけれど、距離の離れた欲しい人のために沢山持ってる要らないゲームを一本ずつ梱包して伝票を書いて発送なんて普通に面倒臭いからね(笑)






●EA社とFIFAとの契約が今年で終了

ちょっと驚いたニュースだけれど、あくまでFIFAでの名称ではなく今後はEA  Sports FCの名で出すという話。

IMG_7871
つまりFIFA名義のサッカーゲームのダウンロード版は近いうちに販売終了だから欲しい人は今のうちに…と言いたいけれど、サッカーゲームは新作が出てしまうと旧作はやらなくなるから敢えて買う必要はコレクター出ない限り要らなさそう。ダウンロード版だとストレージをかなり消費(Switch版だと内蔵ストレージだけじゃダウンロード不可)するから無駄に本体に入れたくない人もいるだろうし(笑)

ゴールデンウィーク中はほぼ休み無しで、空いてる時間は引っ越しの為の部屋の片付けをしていたんだけれど、いつ買ったか思い出せない、または買ったけれど無くしたと思ってた物が出てくる出てくる。

そんな中の一つで、コンパイルが90年代後半に出したディスクステーション別冊『i Miss You』が出てきた!表紙のシャズナとかイザムとか超なついな。
IMG_7826
書籍におまけ(むしろ本体?)としてCDロムが付属されていて、そのCDロムはプレステ用とサターン用が出てるんだけれど、うちにあったのはサターン用。

いつ買ったかは全然思い出せないんだけれど、間違いなく発売当時には買ってなくて、おそらく今から15年前後前に買ったような気がする。
値札見ると購入価格はなんと50円!値札の感じからおそらく秋葉原のスーパーポテトで買ったんだろうなあ。
IMG_7827
まあ安かったから買ったんだろうね(笑)

内容的には当時活躍していたアーティストを題材にしたもので、自分には興味ない内容なんだけれど、こんな物よく長い期間手元にあったなと思ってしまった。コンパイルファンでもレトロゲームファンでも誰も興味ないのか、これについて語ってる人を見たことがない(笑)

現在サターンソフトをコレクションしてるわけじゃないので、例えレアであっても手元に置く必要性がなく、でもレトロゲーム高騰化の時代において捨てるには忍びないから、秋葉原に行くついでに駿河屋で買い取ってもらうことに。

そのお値段は…
FullSizeRender
何と7900円!!

いわゆる爆アド!ってやつですな。

こんな事をいうと一部で転売ヤーとかどうとか言われそうだけれど(笑)、50円でようやく売れたような本が15年経って高額取引されるなんて買った当時は予想できないし、そもそもこんな本チェックしてる人なんて居ねえだろwww

うっかり予約時ににダブルクイック(?)してしまいダブって買ってしまったレトロフリーク用のギアコンバーターもプレミア価格で買い取ってくれたし、結果的に儲かった…と言いたいところだけれど、こんなの一例に過ぎず、過去を振り返ると余裕でマイナスなんだろうなあ。
今現在、ゲームを資産にする気も全然ないから新作はほぼダウンロードで買ってるしね。

おそらくiMiss Youと同時期に買ったと思われるピカチュウバージョンのニンテンドウ64本体(裸)が出てきたんだけれど、
IMG_7862
本体右側にあるピカチュウが可愛くて素敵!当時でもこのバージョンを買った人は少なかった気がする。値札に記載の2000年7月が発売日ならば64末期近くだしね。

なお、自分が買ったその時の購入価格が
IMG_7861
1029円!

これも安かったから、という単純な理由で買ったんだろうけれど、こんな値段でもレトロゲームファンが集まる秋葉原でさえ興味ある人が少なかった(=買わなかった)んだから、「安かったら買ってたのに」というのは方便で、高くなってから欲しくなったんだろうなと、当時の値札を見てそう思うなど。今ならば逆に安くても買わないかも知れないね。買ったところで今のHDMI環境でこの時代のゲーム機を遊ぶにはハードルが高すぎる!(笑)





●未来神話ジャーヴァスの攻略本
IMG_7865
この本も部屋を片付けていた時に発掘されたんだけれど、確かラスボスを倒すのに必須なクリスタルの位置が分からず止むを得なく買ったのを思い出した。確か、海に一番近い砂漠から歩いて数歩、みたいな曖昧なヒントでわからなかったんだよね。

ただ、この本に載ってるクリスタルの位置が問題で、
IMG_7864
こんな写真じゃどこかわからんのじゃwww


これは双葉社の本だけれど、同時期に出た徳間書店の攻略本も同じような感じだった。
タイトーからの規制でもあったのだろうか?当時クリアした人は普通に凄い。というか、当時の基準でもこんな微妙なゲームをここまで遊んだ人は超人としか思えん。自分なら金を貰ってもだが断る
ちなみにこれを持ってた同僚は初期不良のせいかバッテリーバックアップが機能できずゲーム以前の問題だったらしい(汗)

DMCといえばカプコンの『デビルメイクライ』だけれど、15年くらい前は若杉公徳先生のギャグ漫画『デトロイト・メタル・シティ』というくらい当時は大ブームだったんだよね。
滅多に漫画の単行本を買わない自分でさえ買って読むくらいは好きな漫画で、後半になるにつれ根岸とクラウザーとのギャップ差が縮まって途中で読まなくなったけれど、DMCファンの誤解によって数々のクラウザー伝説が生まれる序盤がシンプルに面白かった。

そんなDMCなんだけれど、大ヒットしただけに映画化やアニメ化等、当然のようにメディアミックス展開され、ゲーム化もこの中に含まれながらも、長引く開発期間の中でDMCブームが去ったのか、発売中止になったんだよね。

そんな発売中止ソフトという認識でいたニンテンドーDS版DMCだけれど、ふと駿河屋の買取サイトを見ていたら…
FullSizeRender
なんと買取ページに登録されている!

しかもJANコードまであるし!
どんな意図があって登録されたのか気になるけれど、サンプル版でも出回ってるのかしら?

駿河屋のデータベースを信用するならば本来の発売日は2010年のようだけれど、実写映画やアニメが2008年公開だった事を思うと、その2年遅れての発売はいくらゲームが面白くてもキャラゲーとしては致命的すぎる。ライトユーザーが大半を占めていた当時のDSユーザー層を見ると尚更発売中止が正解にさえ思ってしまう(汗)





●任天堂社員はSNS禁止?
昔、うちの職場に元任天堂社員が面接に来た際に「気持ちはわかるけれど(彼に)前職について訊くなよ」と言われたんだけれど、その時は特に何も思ってなくて、しばらくして今後任天堂関係者に会える可能性の無さに勿体無いなと思って、任天堂社員に接触する方法を考えてみたんだよね。
そこで真っ先にSNSが思い浮かんだんだけれど、調べてみたら任天堂社員誰もやってない!
社員である事を隠してやってる可能性も当然あるけれど、少なくとも任天堂社員と匂わせる発言をしている人が見当たらないんだよね。

これは憶測でしかないんだけれど、任天堂は社員に対してSNSを禁止している可能性があると見ている。その根拠の一つに『Downwell』の作者がかつて任天堂に所属してた時期に一切Twitterでツィートをしてないのが気になるんだよね。

守秘義務を徹底しているのが何となくわかるけれど、Bloombergの望月記者の業界関係者をでっち上げた記事を見ると確かにそういう処置をしたくなるわな(笑)


任天堂ネタの取材に熱心なオロチさんのでさえ

>あと任天堂に問い合わせるのが筋というコメントもありましたけど、任天堂は基本的に公表していること以外は教えてくれません。

同じく任天堂コレクターとして有名な山崎功さんと数年前の忘年会にお会いした時(あの酒缶さんも同席!)に著書の事を聞いたことがあるけれど、本を出す際に任天堂に問い合わせたら(ニュアンス的に何を書いても自由だけれど)自己責任的な対応以上のことはなかったと仰ってたのが印象的だった。そしてその時にちゃっかり山崎さんにサインをいただいたのはここだけの話だ(爆)

なので、任天堂のことを調べようにも過去に公開されてる資料以上のことを調べるのは、関係者に接触できない以上は難しいんだろうなあ。

山内元会長や岩田元社長、ファミコンの生みの親の上村氏、G&WとGBの生みの親の横井氏等、当時を知る関係者が亡くなられるのを見ると今後ユーザーが知り得る機会もなくなり、そういった意味で任天堂社員にはSNSで過去の逸話を発信して欲しいんだけれど、この現状を見る限りは無理っぽいね。資料をそのまままとめればいいと思うかも知れないけれど、メディア向けに脚色する事もゲーム業界には普通にあるので鵜呑みにすると危険…というのが、近年ハドソン関連で思い知らされたんだよね(笑)

IMG_7789
FullSizeRender

他のゲームをやりながらも少しづつ進めていたNintendo SwitchのアクションRPG『ペルソナ5スクランブル ザファントムストライカー』(以下P5S)を35時間強かけてクリア。

クリアといっても当初は難易度ノーマルでやってたんだけれど、コーエーテクモ開発ということもあって無双シリーズの感覚で遊んでたせいか属性の概念が馴染めずに途中でイージーに変更。まあ高難易度ゲームで知られるアトラスのゲームだから仕方ない(笑)

本作は『ペルソナ5』本編の後日談を舞台としたスピンオフ作品なんだけれど、本編PS3版を持っているにも関わらずPS3本体が壊れてしまったため未だに遊んでおらず、本編の事前情報さえ知らずにP5Sを始めたんだけれど、最後まで遊んだ感想はこれ単体でも十分に楽しめた。もちろん本編を知ってるとさらに楽しめるのは間違いなく、いつかはSwitchに本編出してくれないかなと思ってしまうくらいキャラクターが魅力的。それ故にクリアした後、彼らとの別れは寂しくて仕方なかった。卒業式のような寂しさを覚えるんだよね。まあ、ストーリー物のゲームをクリアした後はいつもこんな感想なんだけれど(笑)

あ、そういえばペルソナ5のもう一つのスピンオフRPGである『ペルソナQ2』が、Switch発売後に関わらずニンテンドー3DSでの発売だったので未だ未プレイなのを思い出した。プレイ優先順位は低いけれど、いつかはやってみたいなあ。本当にやるのか?(笑)

ちなみに今は1週間ほど空けていた『十三機兵
防衛圏』を再開。相変わらずアトラス作品だけれど(笑)






●R-TYPEタクティクス1&2のリメイク政策決定!

オリジナルのPSP版が今や希少なのと、もしソフトがあってもUMDドライブが動くPSP本体が貴重なのと、ダウンロード版が存在しないのもあって、今では遊ぶ機会に恵まれない2タイトルがリメイクという形とはいえ現行機(ハードは未発表)に出るのは嬉しい限り。


シューティングゲームのシミュレーションゲーム化という事もあって当時はそこまでチェックしてなかったんだけれど、自分の中ではシューティングゲームとしての新作を期待してたんだろうな。『R-TYPEファイナル』発表時にR-TYPEシリーズ終了すると言っておきながら、まさかその後に別ジャンルで新作出るとは思ってなかったよ、流石に(笑)







●アケアカ5/6配信タイトルはファイティングホーク!
IMG_7797
実は知らないタイトル(汗)

しかしこの頃のタイトーって究極タイガーとか大旋風とかツインイーグルとか飛鳥&飛鳥(笑)とか、似たような縦スクロールシューティングを出しまくってたので、その中で自分の中で埋もれてしまったのかも?(汗)

↑このページのトップヘ