カテゴリ: 過去のフリートーク

※この記事は2008年に書かれたものです。
 
セガがハードメーカーを降りた今、それは恐らく任天堂ではないかと。低年齢層ユーザーが多いと思われる会社だけに意外と思う方も多いでしょうが、真相はこれです。

Wikipedia『任天堂』項目より(但し、2008年に書かれた記事)。

>クリーンなイメージを大きく逸脱しない範囲ではあるが、ゼルダの伝説シリーズ、『MOTHER3』における狂気・無情な描写(著名なファンタジー作品の表裏的世界を再現した表現)、『ピクミン』『巨人のドシン』における無邪気な残酷さ、『どうぶつの森』のカッペイの歌、『ポケットモンスター ダイアモンド・パール』の小ネタ等におけるセクハラ的表現、『スーパーペーパーマリオ』におけるおたく向け表現等、表現を必ずしも制限しないところも見受けられる

>(ゲームキューブの)『バイオハザード4』ではプレイステーション2(PS2)版より敵の首が飛ぶ描写が多く、『killer7』では残酷描写はもちろん、PS2版には収録されていない露骨な性表現(目に見えるヌードではない)が存在する。このため、独自の規制基準が存在するSCEよりも規制は緩いことが伺える

>DSのタッチスクリーンを利用した性的表現なども、テクモのデッドオアアライブシリーズで中心開発者である板垣伴信が、「かすみちゃん(デッドオアアライブのキャラクター)に触るゲームとかも、いいですか?」と尋ねた際に「別にいいです」と任天堂が返答していた


それはそうと、日本のゲームって世界的に見たらもっとも表現がやばいゲームが多いような気がします。そう言うと、「北米はバイオレンス表現は世界一だ!」と言う輩がいると思いますが、それは向こうはあくまで18禁ゲームとして発売しているから(一応)問題ありません。でも日本じゃ数年前はそれらのローカライズ版(GTAシリーズとか)を年齢規制無しで発売してましたから、日本はなんてフリーダムなんだろうと思います。
フリーダムと言えばまだまだあります。性的表現、特にロリータキャラは北米ではNGだし、宗教関連も同様です(女神転生海外版がないのはこれが理由)。

…まあ、デコのフリーダムさには全てのメーカーには勝てませんが…

タイトルを聞いてピンときたらかなりの銀銃マニアですね。この本は今から10年前に発行されたレイディアントシルバーガン(アーケード&セガサターン)の攻略同人誌です。当時私はよくコミケに行ってたので、ゲーム関連の同人誌はいくつか持っているのですが、その中でも特にクォリティが高いので今回紹介します。

内容はシステム解説、ステージ攻略は勿論、シルバーガン元ネタをバラしたり、開発者である井内ひろし氏のインタビューなど、超盛り沢山です。
攻略に関してはプロ顔負けのクォリティで、普通の書店で列んでも違和感ありません。得点の計算式なんかもよくここまで調べたものかと関心するばかりです。

そして、井内氏のインタビューも興味深い話ばかりでファンなら間違いなく必見です。現在井内氏が在籍しているトレジャー時代の話は勿論、井内氏が最初に在籍してたコナミ時代の話(ロケテだけで終わった急降下爆撃隊は氏の作品だとか)や、タイムワーナーインタラクティブ時代の話(心霊呪殺師太郎丸を作った後にレイディアントシルバーガンの企画書を提出したら、しばらくしたらタイムワーナーインタラクティブが解散したとか)等、非常に読み応えがあります。
インタビューの最後に語られる商業誌には掲載されなかったセガサターン版ステージ1の音声の説明には井内氏の心の叫びを感じます。あの台詞にはそんな意味があったのか…

ちなみにこの本の編集者の一人である藤原氏は、この同人誌がきっかけで井内ひろし氏と結婚したとか。そういう意味でも伝説的な同人誌ですので、最近レイディアントシルバーガンのファンになった人にも是非お勧めしたいです。この間、この同人誌がまんだらけで9000円だったけど(笑)

この本読むと、どうやら井内氏は日本物産(ニチブツ)シューティングが好きみたいですね。若いゲーマーにとってニチブツは麻雀ゲームというイメージが強いでしょうけど。

※この記事は2009年10月14日に書いたものです。
 
ドリームキャストの全種類のゲームを揃えたセガ信者の鑑のような漢が現れる

http://blog.livedoor.jp/htmk73/archives/382450.html

集めた当人のコメントによると、「全種類とは書いたけど一部のドリコレや通常版は持ってない。あくまで全種類のゲームね。パッケの違いやらは考えてない。(インタールードとかね)」との事です。確かに後期ドリコレは未開封じゃないと意味がないですからね。しかし、ドリキャスソフトをコンプした人は他にもたくさんいる訳ですし、敢えて記事にする必要もないとは思うのですが…(さらにそれを記事にする私もアレなんですが)
それにしてもフルコンプリートしたという話を聞いてもあまり驚かないのは何だろう?やはりゲームコレクターはコンプリートして当たり前というのが頭の中に入っているからかも。まあ、ドリキャスコンプしていない私が言っても全く説得力ないんですがね(爆)


▼以下、このエントリーに書かれたコメントに対する私のコメント

「489タイトルしかないほうが驚きだわ」
前機種のセガサターンが1000タイトルオーバーという事を考えると、意外と少ないかも。本体の早期撤退が響いているんでしょうね。メガドライブですら554タイトルあるのに…

「犯人は竹崎(竹崎忠氏。セガ広報担当)」
私がメガドライブソフトフルコンプリートを目指したのも、この人のせいだ(笑)

「PCEとメガドライブのフルコンプなら知り合いに居たな」
やっぱメガドラコンプした人は多いなあ。

「これこそ真の愛国者…」
「真のセガ信者だ…胸が熱くなるな…」
「やっぱSEGA信者は半端ないぜ」
彼はドリキャスソフトをコンプしてセガ信者と呼ばれているけれど、私はメガドラコンプしたのにデコ信者と呼ばれている…この違いは何?メガドライブソフトフルコンプした程度ではセガ信者として認められないなんて厳しすぎるぜ!(笑)

「PSシリーズのソフトコンプする強者は居ないのかな~」
プレイステーション1のソフトだけで4000オーバーだから、コンプは鋳薔薇(イバラ)の道かも。ある意味、PS信者は気合いが足りないなあ(笑)

「信者っていうよりは自己満足だけだろう」
趣味なんて人の顔色伺ってやるものじゃないぜ!と言ってやりたい。私も、自分が満足出来ればゲームコレクターとして地上最低レベルのレッテルを貼られてもいいぐらいです。実際大したレベルじゃないのですがね(涙)

「とりあえず、斑鳩やりに行かせてくれ!」
普通に秋葉原で売っているのでは?その人の部屋に遊びに行く交通費を考えれば安上がりですし。

「MDソフトコンプしている人は結構いるからな。国内正規販売のソフトコンプぐらい普通とか、そういうレベル」
まさにおっしゃる通り!私程度の実力の人間でもネットに頼らず達成できたぐらいですし(私が集め出した高校時代はそもそもネットが普及する前ですし)、コンプ難易度は全機種中最も低いのかも。ドリームキャストだからコンプしても目立つだけで、メガドライブだったら誰も相手にしてくれないもんなあ。私とか(爆)

※この記事は2009年11月1日に書いたものです。
 
地元の友人と一緒に「田中公平作家生活30周年記念コンサート」(本当は29周年w)に行ってまいりました。会場は、神宮寺ファンの聖地である新宿の東京厚生年金会館です。
友人から、こういった場だからマトモな服装で来て欲しいと念を押されたので、Gモード通販サイトで売られている"マトモ"なデータイーストTシャツを着ようと思いましたが、残念ながら私は持っていないので、バーバリーの上着を着ました(それしかまともなのが無いのもありますがw)。
田中先生が会場に登場する前に、今まで手掛けた作品リストがモニターで表示されたのですが、そこで1発目に流れた曲がドラゴンボールの主題歌「摩訶不思議アドベンチャー」でした。小学生の頃、毎週水曜日が楽しみだったほど超好きなアニメだけに流れた時は感激したなあ。

こうやって作品郡を見ていると、2000年以降はサクラ大戦関連が集中していますね。セガ絡みのイベントだけあって、コンサートの前半2時間はサクラ大戦1~5の歌モノが中心でした。もちろん歴代シリーズの声優さんが登場した事もあり(残念ながらスケジュールの都合で5のジェミニは不参加)、サクラファンはそれだけでもお腹いっぱいになったはずです。生の「ゲキテイ!」は数年ぶりだったので、ファンの友達はそれだけでも感涙していました。

後半第2部はワンピースやGガンダム、ガオガイガー、ゲートキーパーズ(ソニー信者ではないw)、ああ女神さまっ等、アニメ作品中心でした。ゲストは影山ヒロノブ氏やワンピースのレギュラー声優陣など、あり得ないぐらい豪華なメンツでした。
Gガンダム関連では主人公(?)マスター・アジア役の秋元羊介氏と、そのバカ弟子ドモン・カッシュ役の関智一氏がサプライズとして登場。真の最終回といえる「さらば師匠!マスター・アジア! 暁に死す」を生のオーケストラでアフレコをやっていました。高校2年生だった当時の私は、毎週欠かさず観るほどのファンだっただけに(それどころか、本編放送開始前に放映された、マイケル富岡がガンダムシリーズを振り返る番組も観ていた)、感激過ぎて涙を流してしまいました。なお、会場での関氏のコメントで知ったのですが、今川監督曰く本当の最終回の"石破ラブラブ天驚拳"はあくまでオマケとの事です。

豪華絢爛な4時間に渡るコンサートでしたが、これがたった一回しか開催されないだけに、チケットはかなりの競争率のようでした。イメージ的には心霊呪殺師太郎丸5枚ゲット並みの入手難易度かと(大嘘)。一応、今回のコンサートを映像化したDVDが発売されるのですが、権利の関係で大半が収録されないようです。そう考えると、チケット代8000円の価値はあったかも知れませんね。
取り敢えず本人には直接言わなかったけど、とても感謝します。来月、某サクライベントでまた会おう!(内輪ネタですみません…)

それにしてもきつかったです、スケジュールが。前日の仕事が午前3時上がりで、出勤はその4時間後。午後1時まで仕事をして、新宿アルタ前に14:30友人と待ち合わせ。そして翌日の仕事が午前2:45からで、はっきり言って寝る暇ありません。しばらくこんな感じかも。睡魔に襲われながらもコンサートでは眠くならなかったから、田中先生は偉大かも。

というスレッドが某所で見付けたので、突っ込んでみたいと思います。

>クソゲーっていったら初代ドンキーコング(FC)。3面で終了という超アホゲー

と言う事は、初期ファミコンソフト(ポパイ、ドンキーコングJR&3等)は皆クソゲーになるのか…メガドライブの『コミックスゾーン』も全3面だったなあ。

>GBなら星のカービィ。最初の画面で裏コマンド入力すると行けるエキストラ面は最凶(笑)。エキストラ専用キャラに当たると体力が2減るのがたまらん

そっか、裏面が難しいとクソゲーになるのか。開発者の皆さん、クソゲーと呼ばれたくなければ裏面なんか作らないように!(笑)

>SFCはロックマンX。初期段階でダッシュできないのはシリーズ中これだけ。不便なぶん、オモロい

クソゲーなのにオモロいって…どっちやねん!(笑)

>私がお勧めする良質のクソゲーは
クソゲーは良質なゲームの事を言うのか…初めて知った…。

>『さんまの名探偵(FC)』私は好きですが世間の評価はクソゲーらしいです

世間的にも言われていない気が…

>『マッハライダー(FC)』バラバラになって一瞬の内に再生するのが素敵です
 
ちなみにこのゲームにメイン曲が2曲あるなんて最近知りました。難しくて高次面なんて行けないからなあ。

>『北斗の拳(FC)』アベシを取るのが生きがいだった

今の若いゲーマーに"あべし"を取ってパワーアップと言っても訳わからないだろうなあ。当時の小学生なら知らない子供を探す方が困難だったのに。ちなみに私は1面もクリアしていません…

>『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境(FC)』難易度高すぎ!セーブ機能なくて死んだら最初から

昔のゲームはセーブ機能やコンティニュー機能がないから、初期ファミコンどころか、スペースインベーダーやそれ以前のアーケードゲームは全てクソゲーになりますね。覚えておこう。

>『アイドル八犬伝(FC)』取説の絵がヘタすぎ。手抜きもいいとこ

世間的には、ゲームが面白くても、説明書のイラストが下手なだけでクソゲー入りになるそうです。大発見。そういえば、オールドセガソフトの説明書イラストは微妙に下手だったなあ(爆)

>『シムシティ(SFC)』サッカーの試合で192-64とかマジすごい市です
ゲームと全く関係ない部分でクソゲー扱いされるなんて、もし生みの親のウィル・ライト氏が知ったら泣くよ(笑)

>『ドラゴンズマジック(SFC)』笑ろた。攻撃が剣をゴルフのように振り回すしあと飛び道具しかないし。フッ!フッ!て攻撃、ジャンプ、何かにのぼる、ほぼフッ!です。 座った時のみ、くぃぅう、とか意味不明な言葉を出すし。 死んだ時がうざい!手を組みながら骸骨になって死。うざすぎてクリアする気力もありません(ナムコだし)カセットの絵もまたウザイ!主人公の鼻でかいし姫がバニーのかっこうだし。ドラゴンがいるし…ナムコはクソゲーの代表会社か?

言っている意味が理解できないのは、私の解読力が足りないだけでしょうか?それはともかく、販売元はコナミであってナムコではなかったりします。そういえば、昔はコナミとナムコを間違う人が結構いたなあ。


しかし読んでいると、ゆとり教育ゲーマーらしい発言だな、と思います。そんな事を言ったら「逆に名作ゲーの条件って何?」と問いたくなります。これも一種のジェネレーションギャップと言ったところでしょうか。彼らの話をまとめると、若年ゲーマーにとってレトロゲームは全てクソゲーなんでしょうね。(笑)

↑このページのトップヘ