カテゴリ: 中古で安く買えるお勧めゲーム

イメージ 1
ここではワンコイン(500円)以下で買えるお勧めの中古メガドライブソフトを紹介します。
秋葉原での標準価格を参考していますが、地域によっては異なる場合があります。なお、コレクションよりも遊ぶ事を前提とした紹介なので、基本的に箱&説明書無し状態の価格とします。ご了承下さい。
 
【アクション】
●アイラブドナルドダック
中間色が美しいアドベンチャー要素のあるアクションゲーム。武器がシュッポン(トイレ掃除用具)なのが漢。DECOでもやらないって(笑)
 
●アイラブミッキー&ドナルド
二人協力プレイだと、本当に協力しないと進めないマップ構成が秀逸。ミッキーとドナルドでは面構成が違うので、一人プレイも面白い!
 
●アイ!ラブ゙!ミッキーマウス!
ゲーム性の良さはもちろん、幻想的なグラフィックと音楽が世界観にマッチして最高です。見た目に反して、やや難しいですが…。ちなみに発売日がスーパーファミコンとバッティング(笑)
 
●アラジン
ゲームとしては普通ですが、映画的な演出と超滑らかなキャラの動きが芸術的です。覚えゲーなので、繰り返し遊べばクリア出来ます。
 
●E-SWAT
同名アーケードとは内容が異なるサイバーアクション。独特な操作を慣れると楽しいです。1、2面の単調さと、コンティニューが無いのが難点。
 
●ヴォルフィード
同名アーケード作品からのアレンジ移植の陣取りゲーム。いくつかのモードがありますが、あまり違いはありません。(笑)『QIX』好きにも
 
●エコーザドルフィン
青を基調にしたグラフィックが美しいアクションアドベンチャー。GENESIS版よりダメージ量が半減されたものの、それでも難易度はA級。上級者に
 
●餓狼伝説2
オリジナル版にはなかった無茶過ぎる連続コンボの応酬が熱いネオジオ対戦格闘のアレンジ移植。隠しコマンドでクラウザー&三闘士が使えるのは勿論の事、裏技のディップスイッチをいじる事によって遊びの幅が広がるのは○
 
●ゲイングランド
アーケードからの移植の戦略性の高い固定画面型アクションシューティング。画面比率の違いでアーケード版の攻略方法は使えませんが、ゲーム性はきちんと再現されています。ただ、ドラマチックなバグが無くなったのは寂しいかも?(笑)
 
●ザ・スーパー忍
メガドラ初期作品でありながら、描き込まれたグラフィックと古代サウンドの完成度が高い忍者アクション。もちろん、今でも楽しめます。
 
●シャドーダンサー ザ・シークレットオブシノビ
ノン手裏剣ボーナスを狙うのが熱い、忍シリーズの番外編。同名アーケード版とは面構成や操作系統が異なりますが、こちらも良作です。
 
●ストライダー飛竜
目まぐるしい展開と多彩なアクションが熱い、同名アーケードゲームの移植作。作りに粗さやバグが目立ったり、コンティニューが裏技扱いなのは残念ですが、この値段なら安い!
 
●ストリートファイターII’PLUS
タイトルはダッシュでありながら、SFCのターボに近い内容。値段が変わらないなら、『スーパーストリートファイターII』をお勧めします。6ボタンパッドか6ボタンスティックは必須!
 
●ソニック・ザ・ヘッジホッグ1~3
メガドラを、そしてセガを代表するハイスピードアクション。なお、2と3には二人同時&対戦プレイが搭載しているので、接待用にも○。
 
●大魔界村
ご存じ超難易度アクションゲーム。これの為に本体を買った人が多くいるほどのメガドラ初期の大傑作。移植度は良好です。無限コンティニューなので、繰り返しプレイで是非クリアーを目指して下さい!
 
●ベアナックルII 死闘への鎮魂歌
キャンセルが入る必殺技と打撃音が気持ちいいベルトスクロールアクション。センスのいい古代祐三氏によるハウスサウンドも最高です!
 
●まじかる☆タルるートくん
ファンタジックなグラフィックと演出が優れた良質アクション。見た目の可愛さに反して少々難しいので、それなりに覚悟は必要です。開発はポケモンで有名なゲームフリークによるもの。
 
●ロケットナイトアドベンチャー
当時、コナミが売り出してたキャラ、『スパークスター』を主人公としたアクションゲーム。グラフィックやBGM、演出の丁寧さは流石コナミです。魂斗羅スタッフが手掛けた事もあり、関係者の間では『アニマル魂斗羅』と呼ばれたとか。
 
●ワンダーボーイV モンスターワールドIII
難易度の低下、シナリオのボリュームアップ、セーブ機能等、初心者にも優しいRPG風アクション。気にいったなら、『~IV』もお勧めです!
 
【シューティング】
●アフターバーナーコンプリート(32X)
ジェット戦闘機を操り、バルカンとミサイルを駆使して、戦闘機を破壊していく、アーケードの同名3Dシューティングの移植。ギターサウンドも含めて、出来は良好です
 
●エアロブラスターズ
アーケードの『エアバスター』の移植で、MDでは珍しい2人同時プレイ可能な横スクロールシューティング。面ごとの読み込み時間以外は良好な移植です
 
●エレメンタルマスター
いかにもテクノソフトらしい、パターン性の強いファンタジー縦スクロールシューティング。相変わらずBGMも素晴らしいです
 
●グラナダ
マップ上に点在する全てのターゲットの破壊を目指す、任意スクロール型シューティング。桜庭サウンドも熱い作品です
 
●鮫!鮫!鮫!
東亜プランシューティングではお馴染みの、緊急回避用ボンバー搭載の縦スクロールシューティング。オリジナルより難易度が低いので、初心者でも大丈夫です。
 
●サンダーフォースIII
覚えて叩く、パターン性の高い横スクロールシューティング。パターンを覚えると気持ちよく進められて爽快です!
 
●サンダーフォースIV
前作より進化したグラフィック、かっこいいギターサウンドが最高に熱いのですが、二部構成の展開によりクリアまでが長いのが難点です。
 
●スペースハリアー(32X)
ファンタジーの世界観が魅力のアーケードの同名3Dシューティングの移植。フレームレートが半分になったものの、爽快感は未だ色褪せません。シンプルなゲーム性も素晴らしい
 
●ゼロウィング
敵をキャプチャーするのが新しい、横スクロールシューティング。元はアーケード作品ですが、東亜プランみずら移植しただけあって出来は良好です。
 
●ダライアスII
調整不足に感じられたアーケード版よりもバランス調整されていて遊び易いです。BGMの移植度も良好です
 
●フェリオス
溜め撃ち重視のファンタジー縦スクロールシューティング。アーケード版に比べるとかなり見劣りしますが(特にヒロイン"アルテミス"のグラフィックと音声)、ゲームそのものはなかなか楽しめます
 
●ヘルファイアー
敵の出現位置に合わせてショット方向を切り換えるのが楽しい、東亜プラン製横スクロールシューティング。敵がやや固いのが難点です。販売元はメサイヤですが、東亜プラン自らが移植を手掛けています
 
【シミュレーション】
●ヘルツォークツヴァイ
分割画面での対戦プレイが可能なリアルタイムシミュレーションゲーム。一人プレイだと同じマップを数回クリアーしなければならなかったり、対戦プレイは泥沼化しやすいですが、初期の名作の一つです
 
【スポーツ】
●球界道中記
選手全員が『妖怪道中記』の主人公たろすけというのが移植の野球ゲーム。色もの要素があるものの膨大なデータ量は圧巻
 
サイバーボール
選手が全てロボットのSFアメフトゲーム。元はアタリの作品。ルールの簡略化で初心者にも理解出来ます。あのセガ広報の竹崎氏もこのゲームのおかげでアメフトのルールを覚えたとか。ところでモデム対戦した人はいる?
 
●ジョー・モンタナ・フットボール
シンプルさが売りのアメフトゲーム。とにかくCPU戦がヌルヌルでバカスカ点が取れるので、手応えよりも爽快感を求める人やアメフト初心者へ。100円以下を狙え!
 
●スピードボール2
架空の球技を題材にした、近未来格闘スポーツ。洋ゲーらしく大味なところもありますが、その分豪快さを楽しめます。一部では『レッスルボール』より高い評価も…

●炎の闘球児ドッヂ弾平
くにおくんのドッヂボール風スポーツゲーム。必殺技返しの応酬で対戦が熱い!多人数でのトーナメント対戦では、テンポのいい一発死ルールをお勧めします

●レッスルボール
乱闘アリのオリジナル格闘球技ゲーム。同チーム対戦が出来ないのが残念ですが、攻撃時の爽快感や打撃音が気持ち良すぎです。度なる再販でこの値段。買い!
 
【パズル】
●コラムス
次々と降ってくる宝石を操作し、同じ種類の宝石を縦・横・斜めのいずれかを3つ以上揃えて消していく、落ち物パズル。幻想的なBGMが美しく、続編でこの曲が引き継がれないのが疑問です。
 
●コラムスIII
対戦重視の続編。幻想的なイメージが無くなったのは残念ですが、五人まで多人数対戦出来るのが売りです。私は5インチモニターで多人数対戦しました(笑)
 
●紫禁城
同じ牌を二つ以上くっつけると消える牌を動かし、プレイヤーをゴールに導くパズルゲーム。控え目な難易度や、グラフィック、BGMを変更出来るのが嬉しいです。
 
●上海IIIプラスドラゴンズアイ
テーブル系パズルの王様。シンプルなだけに、ついつい遊んでしまう中毒性は流石。対戦モードのドラゴンズアイは、あくまでおまけと思って結構です。(笑)
 
●タントアール/イチダントアール
アーケードから移植された、複数のパズルとアクションが収録されたミニゲーム集。追加されたミニゲームや多人数対戦が嬉しいです。パーティーグッズとして是非。
 
●ぷよぷよ
落ち物パズルを代表する人気ゲーム。『~通』以降で採用された相殺はありませんが、その分テンポがいいです。他機種版に比べて音声が少ないのが弱いところ。
 
●ぷよぷよ通
前作に相殺やおじゃまぷよの種類が増えた続編。アーケード版ベースなので漫才シーンはないですが、ゲームをやる上では些細な問題です。やや貧弱なもののボイス完全収録は○。
 
●メガパネル
パネルを25パネルの要領で動かし、縦横に3つ以上揃えて消していくパズルゲーム。対戦では上級者同士でないと楽しめませんが、一人用モードでも十分遊べます。
 
【テーブル】
●ぎゅわんぶらあ自己中心派 麻雀道場
各キャラクターの個性的な打ち筋が楽しい麻雀ゲーム。今となっては処理がやや重たいですが、出来自体は良質。ストーリーモードのゲームオーバーの演出は一度は見る価値があるかも?初心者向けのクイズ方式の麻雀道場モードは意外と楽しい。

イメージ 1
ここではワンコイン(500円)以下で買えるお勧めの中古PCエンジンHuカードソフトを紹介します。
秋葉原での標準価格を参考していますが、地域によっては異なる場合があります。なお、コレクションよりも遊ぶ事を前提とした紹介なので、基本的に箱&説明書無し状態の価格とします。ご了承下さい。
 
【アクション】
●アドベンチャーアイランド
海外セガマスターシステム&ゲームギア用ソフト『ワンダーボーイIIIドラゴンの罠』のキャラ替え移植。変身別に異なる特技を駆使して攻略するのが楽しい。続編『ダイナスティックヒーロー』(スーパーCDロム専用ソフト)もお勧め!

●暗黒伝説
女神転生シリーズで有名なアトラス開発の高難易度アクション。見た目がなんとなく、タイトーの『ラスタンサーガ』を思い出します。衝撃なラストのオチは必見!

●ヴェイグス
パソコン版から移植された強制スクロールロボットアクション。癖のある操作は慣れが必要です。制作にはオリジナル版のスタッフも手掛けてます。

●ヴォルフィード
同名アーケードのアレンジ移植で、QIXのリメイク。ラインを引いている途中に敵がラインを触れると即ミスになる等、異なる点もありますが、十分楽しめます。

●ジパング
パッケージセンスの無さで損しているものの、実はテクモ『ソロモンの鍵』のキャラ替え&ステージ再構成移植。元のゲームの完成度が高いだけにお勧め出来ます。

●ソンソンII
買い物式パワーアップを採用した、カプコン『ブラックドラゴン』をベースに、同社の『ソンソン』のキャラが活躍するアクション。カプコン自ら開発しただけあり良質です。

●ドラえもん~迷宮大作戦
掘った穴に敵を埋める、『平安京エイリアン』タイプのアクションゲーム。面数は多いですが、パスワードコンティニューがあるので、気軽に遊べます。

●虎への道
カプコンの同名アーケードの移植。同社の魔界村系列の高難易度アクションなので、上級者のみ挑戦してみて下さい。ステージごとにセーブが出来るのは親切です。

●ビックリマンワールド
セガ&ウェストンのアーケード作品『モンスターランド』のキャラをビックリマンに替えて移植。若干難易度が下げられてます。ちなみにラストダンジョンでは、モンスターランドシリーズお馴染みの曲が流れます。

●魔境伝説
ビクター音楽産業のPCEデビュー作。タメ攻撃の爽快感が気持ちいい。バランス、グラフィック、BGM、初期ソフトながら高い完成度を誇ります。

●妖怪道中記
マップデザイン等、変更された部分がありますが、プレイ感覚はアーケード版に近い出来です。ただ、難しい割にはコンティニューがないのが難点です。

●ワルキューレの伝説
同名アーケード版のファンからは不評の声もあるようですが、オリジナルと見たら良質なアクション。ぬるめの難易度、かつパスワードコンティニューがあるのでアーケード版を挫折した人にも。
 
【シューティング】
●R-TYPE I
アイレムを代表する同名アーケードの移植作品であり、PCエンジン初期のキラータイトル。容量の都合で四面までしか収録していませんが、移植度は良好です。

●R-TYPE II
前回『R-TYPE I』で収録出来なかった5~8面がプレイできる後編。難易度が高いので、復活パターンを好む上級者へ。

●イメージファイト
縦スクロールシューティングでは珍しい、当たり判定のある地形を採用したアイレムのアーケード移植。省略された部分もありますが、プレイ感覚は○。バランスが再調整され、アーケード版を挫折した人にも。

●オーダイン
ナムコの同名アーケードの移植。回転機能をフルに使った演出が特徴でしたが、PCE版はハードに合わせた手法で再現しています。難易度も手頃。

●ギャラガ’88
ナムコの同名アーケードの移植で、前作『ギャラガ』に三機合体やスクロール面、ステージ分岐の要素を加えた作品。画面比率の変更に伴ってバランスはPCエンジン版が上です。

●究極タイガー
東亜プランの名作シューティングの移植。難易度が控え目になってファンには物足りないかも知れませんが、初心者でも十分楽しめます。

●グラディウス
移植度ではセガサターン版、プレイステーション版に劣りますが、出来自体は良好です。長いレーザーやMSX版にあった骨ステージ収録(正確には違う)も○。

●サイドアーム
ロボットが自機のシューティング。カプコンみずら移植してあるだけあり出来は良好。2Pモードがないのでそれにともなう要素が削除されたものの、アーケード版の攻略はほぼ使えます。BGMの差し替えがあったり、ポーズ中にしか武器選択が出来ないのが残念。

●沙羅曼蛇
同社の『グラディウス』同様、移植度ではセガサターン版、プレイステーション版に劣りますが、こちらの方は値段が安いので、買って損はありません。二人同時プレイ可。

●ダブルリング
多彩なウエポン、幅広い難易度調節が特徴の横スクロールシューティング。コナミシューティングを意識したような作りで完成度高し。

●ダライアスプラス
出来こそはCD版に劣りますが、巨大戦艦の再現やゲームバランスは良好です。GBA版よりはお勧めできます。(笑)

●ドラゴンスピリット
ドラゴンが自機の縦スクロールシューティング。アーケード版から二面分カットされてますが、PCエンジン初期タイトルとしてはクオリティはなかなかです。BGMの再現性もなかなか。是非、裏技の縦画面モードでプレイして下さい。
 
●ドラゴンセイバー
『ドラゴンスピリット』の続編。ハードに合わせた移植具合が良く、二人同時プレイが出来ますが、効果音が無いのは寂しいです。
 
●パラノイア
サイケな極彩色が特徴で、やや難しめの横スクロールシューティング。一面道中の芋虫を助けてボス戦に挑むと…(以下略)
 
●ファイナルソルジャー
お馴染みキャラバンシューティング。本編はやや単調ですが、2分間モードはかなり熱い!スコアが保存出来るのも○。

●ファンタジーゾーン
セガの同名タイトルの移植で、パステル調のグラフィックと買い物式パワーアップが特徴の任意横スクロールシューティング。移植度はそこそこですが、BGMは音痴。

●メタルストーカー
任意スクロール型シューティング。マップが広く冗長、さらに見た目も地味ですが佳作です。グラフィックとBGMの質はなかなかです。
 
【RPG】
●凄ノ王伝説
『イースI・II』『天外魔境II』『エメラルドドラゴン』を手掛けた岩崎啓眞氏PCEデビュー作。タクティカルバトルや時間の概念等、様々な要素が消化されているのは流石です。

●ダブルダンジョン
二人同時プレイが可能なオムニパスシナリオ式3DダンジョンRPG。一人プレイはイマイチですが、二人プレイならなかなか楽しめるので、環境のある人は買い。

●ダンジョンエクスプローラー
5人同時プレイが可能な、アタリの『ガントレット』タイプのアクションRPG。一人用は難易度が高いですが、十分ノーミスクリア可能な範囲です。BGMの質も高さも見所です。

●ニュートピア
初代ゼルダの伝説のようなアクションRPG。謎解きやアクションの難易度がちょうど良く、初心者でも手軽にプレイできます。隠し部屋を探す楽しさもゼルダ同様です。

●ニュートピアII
斜め移動ができ、操作しやすくなった続編。難易度が上がったので、シリーズ未プレイの方はまず前作から。なお、パッケージデザインは安彦良和氏です。

●桃太郎伝説ターボ、桃太郎伝説II
『~ターボ』はFC『桃太郎伝説』のリメイク。『~II』はその続編。システムに新しさはありませんが、バランスは良好。あとはギャグを楽しめるかどうかで評価が分かれます。
 
【シミュレーション】
●ネクタリス
生産の概念を無くし、詰将棋ライクな戦略性を持つSFシミュレーション。考え抜かれたマップデザインは芸術的です。SCD『ネオネクタリス』にも初代ネクタリスが収録されています。
 
【モータースポーツ】
●F-1サーカス
90年代の日物の代表作でもある、スピード感抜群のトップビューレース。見た目ナムコの『ファミリーサーキット』と似てますが、敵車との当たり判定があるのが大きな違いです。コーナーを攻める緊張感がたまりません。

【スポーツ】
●ファイナルマッチテニス
上手くなっていく過程が面白い、至高のテニスゲーム。狙った場所へ打てる絶妙な操作性は他の追随を許しません。テニス好きなら、ハードと一緒に買い!
 
【パズル】
●コラムス
セガのアーケード落ち物パズルの移植。誰でも気軽に楽しめるので、この値段なら損はないはず。しかし、PCエンジンGTの通信対戦をした人はいるのだろうか?(笑)

●上海
説明不要のテーブル系パズルの王道。CDロムロムユーザーには、配置パターンが増えた『~II』をお勧めします。こちらも安く買えるはずです。

【ボードゲーム】
●スーパー桃太郎電鉄II
ハドソンを代表するボードゲームの王様。キングボンビーや様々な効果のあるカードの存在がゲームを奥深くしています。接待用としてお勧め!

 ここではワンコイン(500円)以下で買えるお勧めの中古ファミコンソフトを紹介します。
秋葉原での標準価格を参考していますが、地域によっては異なる場合があります。なお、コレクションよりも遊ぶ事を前提とした紹介なので、基本的に箱&説明書無し状態の価格とします。ご了承下さい。
 ※バッテリーバックアップ採用作品は除いています。
 
【アクション】
●悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん
FC版のアレンジ移植。キャラが大きいので、液晶画面でも見易いのがいいです。悪魔城シリーズのアレンジBGMやパスワードコンティニューも○。

●アレイウェイ
『アルカノイド』よりもシンプルなブロック崩しゲーム。ハードの仕様上、パドル操作がデジタル入力ですが、それほど気にせず遊ぶ事ができます。

●QIX
今でもリメイクされ続ける、名作陣取りゲーム。シンプルながら、すでに完成されたゲームシステムは流石です。押さえて損無し!

●スーパーマリオランド
ご存じマリオのアクション。シューティング面もあり、単調さを感じません。ややステージが少ないですが、携帯機なので気になりません。

●ソロモンズ倶楽部
テクモの名作パズルアクション『ソロモンの鍵』をベースにした作品。元のゲームの完成度が高いだけにお勧めです。

●星のカービィ
カービィのデビュー作。FC版から採用された敵をコピーする能力がないので、新規プレイヤーからすれば物足りないですが良作です。熱い2周目も○。

●ボンバーボーイ
旧作『ボンバーマン』と、新作『ボンバーボーイ』が収録されたお得なカップリングソフト。シリーズ初の対戦プレイも有り。FC版が好きなら損はしません。

●ロックマンワールド1~5
それぞれ、FC『ロックマン』からセレクトされたボスが再登場する番外編。画面サイズに比べキャラが大きいですが、プレイ感覚は割と忠実です。
 
【シューティング】
●R-TYPE
アーケード版を可能な限り再現した作りで、特に長い対地レーザーには衝撃を受けました。ステージのカットはありますが、大戦艦ステージがあるので許せます。(笑)

●R-TYPE II
一部ステージカットはあるものの、カットされがちな発進デモも再現された続編。GBなりの高い移植度は前作同様です。元のアーケード版からそうだったのですが、面構成は前作の方がいいです。

●スペースインベーダーズ
とにかく押さえておきたい、シンプルイズベストゲー。手軽なゲーム性は携帯機にぴったり。こういう定番ゲームって、毎回コメントに困ります。(笑)

●ネメシス
面構成は完全オリジナルの『グラディウス』のGB版。最初から面セレクト等の設定変更が出来るので、ちょっとだけ遊ぶのに適してます。難易度の高い二周目も熱い!

●ネメシスII
演出面やグラフィックを強化した続編。「GBでここまで!」という出来が素晴らしいです。個人的には、面構成やBGM等、GBA『グラディウスジェネレーション』よりお気に入り。

●パロディウスだ!
面の削除はあるものの、グラフィックの再現や長いレーザー等、移植度はFC版より上。コナミの技術力を伺える完成度です。見やすくて大きいキャラも○。

 
【モータースポーツ】
●モトクロスマニアックス
現実的にありえない変化に富んだコースを絶妙なコントローラさばきで乗り越えるのが熱いサイドビューモトクロスゲーム。GBAリメイク版よりこちらを。
 
【パズル】
●上海
シンプルながら、ついついやってしまう有名パズルゲーム。手軽に遊べるGB化によって取り返しつかない事に。(笑)小さい画面ながら、牌の判別には問題ありません。

●テトリス
ご存知落ち物パズルの王様。無難に楽しめるので、他のテトリスを持っていない人は是非。ただ、通信対戦モードに駆け引きを感じられませんが、当時としては斬新でした。

●Dr.マリオ
画面内のウイルスを消していく落ち物パズル。モノクロ画面ながらプレイに支障はありません。ただ、最近のパズルゲームに比べると爽快感が薄いですが…。

●パズルボブルGB
撃ち出し台から泡を発射させ、同じ柄の泡を三つ以上くっつけて消していくパズルゲーム。個人的には、メイン曲『パオパオ島へようこそ』がお気に入りです。

●フリップル
パネルを投げ付けて、同じ柄のパネルを消していく思考型パズルゲーム。携帯機では唯一の移植作品なので、そういう意味では貴重な存在。難易度は高めですが…

●ヨッシーのパネポン
SFC版からキャラを替えての移植。隣り合ったパネルを入れ替えて、縦か横に同じパネルを四つ以上揃えるパズルゲーム。値段に大差ないならポケモンver.をお勧め。

ここではワンコイン(500円)以下で買えるお勧めの中古スーパーファミコンソフトを紹介します。
秋葉原での標準価格を参考していますが、地域によっては異なる場合があります。なお、コレクションよりも遊ぶ事を前提とした紹介なので、基本的に箱&説明書無し状態の価格とします。ご了承下さい。
 ※バッテリーバックアップ採用作品は除いています。
 
【アクション】
●キャメルトライ
フィールドそのものを回転させ、ボールを制限時間内にゴールへ導く風変わりなアクションゲーム。元はパドル操作でしたが、操作性に関してはさほど問題なし。

●超魔界村
ニ段ジャンプが追加された、高難易度アクション『魔界村』三作目。恒例のニ周目もあり。個人的には、大魔界村の上方向への攻撃がなくなったのが痛いです。

●鋼 -HAGANE-
高難易度が売りのSF忍者アクション。ボタンをフルに使う操作でありながら、それぞれの動作がスムーズに行えるので苦になりません。上級者は必見です!

●リブルラブル
線で繋がれたふたつのキャラを同時に動かし、敵をラインで囲んで消す同名アーケードの移植。移植度は高いので、ファミコン版発売中止に嘆んだファンにも(笑)
 
【シューティング】
●エリア88
同名アーケードのアレンジ移植。ステージ選択式でテンポが悪いですが、ゲーム部分の移植度は良好。セミオート連射なので、連付スティックを用意すると楽です。

●グラディウスIII
アーケード版の長すぎるステージの再構成や、極悪な難易度を誇るテトリス面の削除、恒例のパワーアップコマンド等、初心者でも楽しめる調整には好感持てます。

●コズモギャングザビデオ
同名アーケード版の移植で、名作『ギャラガ』のリメイク的作品。パワーアップアイテムの存在で、狙って撃つ楽しさより、爽快感を重視した作りです。エレメカ風のボーナス面も最高です。

●スターフォックス
ポリゴンを使用した3Dシューティング。多数のボタンを使うものの、操作方法は上手くまとめられています。しかし、倍速動画を使ったCMはいくら何でも詐欺だろ!(笑)

●ソニックウィングス
問題作だったPS2版より出来がよく、テンポのいい展開が売りの縦スクロールシューティング。オーソドックな内容で初心者にも。ただ、デモ画面に猿は出ないけど。(笑)

●パロディウス
アーケード版からの移植度は良好で、処理速度に至っては前回の『グラディウスIII』より改善されています。システムが続編よりグラディウス寄りなのでまとまりはいいです。
 
【モータースポーツ】
●スーパーマリオカート
レースと言うより、レース風アクションと言うべき内容。複数のモードに加え、対戦モードがあるので、一人でも二人でも楽しめます。キャラ性能による個性も良し。
 
【パズル】
●スーパーテトリス2+ボンブリス
落ち物パズルファンなら押さえておきたい説明不要のパズルゲーム。飽きてもしばらくするとやりたくなるゲーム性は流石です。定番として買い!

●すーぱーぷよぷよ
言わずと知れた対戦型落ち物パズル。続編から採用された相殺がなく、その分テンポが早いです。MD版では一部削除された音声の収録で賑やかです。

●パズルボブル
ビリヤードのように玉(泡)を弾いて、同色の玉を3つ以上くっつけて消していく面クリアー式アクションパズル。あえて難点を言うと、CPU対戦がない事です。

●パネルでポン
左右のパネルを入れ替えて、縦か横に3つ以上同じパネルを揃えて消していくパズルゲーム。アクティブ連鎖等のテクが熱い!モードが豊富なのも嬉しいです。

●マジカルドロップ2
タロットカードを題材にしたキャラが魅力のDECOアクションパズル。難易度の高さは難点ですが、豊富なモードは○。ジョイスティックプレイが理想です。

イメージ 1
ここではワンコイン(500円)以下で買えるお勧めの中古ファミコンソフトを紹介します。
秋葉原での標準価格を参考していますが、地域によっては異なる場合があります。なお、コレクションよりも遊ぶ事を前提とした紹介なので、基本的に箱&説明書無し状態の価格とします。ご了承下さい。
 
【アクションゲーム】
●カルノフ
アーケードからの移植のデコゲー。一発死がなくなり、役立つアイテムの追加で、より遊び易くなっています。なお、コンティニュー回数でエンディングが変わります

●ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境
武器の使い分けや、面ごとに異なるクリア条件等、当時としてはかなり凝った作りのキャラゲー。登場キャラや隠しアイテムの多さも魅力の一つです

●西遊記ワールド
NMK開発による、セガのアーケードゲーム『モンスターランド』のキャラ替えアレンジ移植。オリジナル版を知らない人はもちろん、ファンの人でも比較用として楽しめます

●超人狼戦記ウォーウルフ
人間時の弱さはイラつきますが、変身後の狼状態では壁を這ったり、天井にぶら下がったりと、豊富なアクションが魅力です。B級テイストが強いですが良作です。販売元はタカラですが、開発元は実はデータイースト

●デッドフォックス
一部では『ローリングサンダー』のパクリと酷評されてますが、空中制御やジャンプ中に攻撃出来る等、元のゲームより遊び易いです。難易度セレクトも嬉しい要素です

●忍者じゃじゃ丸くん
ジャレコを代表するアクションゲーム。魅力的なキャラ、シンプルなゲーム性、ファミコンユーザーなら押えるべき名作です。続編は押さえなくてOK!(笑)

●バッキーオヘア
コナミが第二の亀忍者(TMNT)を狙ってコケたアクションゲーム。商業的には失敗しましたが、ファミコン末期発売だけあって技術的にも見所あります。もちろん、ゲーム性も上質です。あのトレジャー前川社長が、コナミ時代にプログラムを手掛けた作品でもあります
 
●ハローキティーワールド
『バルーンファイト』のゲームCを横スクロールアクションにアレンジした内容で、同作のファンなら楽しめます。あまり知られてませんが、海外GB『バルーンキッズ』の移植です

●火の鳥 鳳凰編 我王の冒険
ゲーム部分はそれなりに面白いのですが、とにかく水谷郁氏作曲のBGMが素晴らしい。しかし、ある場所にあるワープゾーンは、自力では見つけづらいかも

●飛龍の拳II ドラゴンの翼
RPG要素のあるアクションゲーム。少年漫画のような熱い展開と、場を盛り上げるBGMが最高!シリーズ一の面白さです。ラスボスは最高レベルで挑め!(攻略)

●星のカービィ
敵の能力をコピーするのが面白い、人気アクションゲーム。ルートを探すのは楽しいのですが、難易度が低く上級者には物足りないかも

●マッピー
ナムコのアーケード移植。階数が減ったものの、プレイ感覚はちゃんと再現されています。なお、このゲームのBGMは、すぎやまこういち先生のお気に入りのようです

●ワギャンランド1~3
ボス戦のしりとりや神経衰弱等のミニゲームが楽しいアクションゲーム。ミニゲームの種類やギミック以外、シリーズを通して大きな差がないので、お好みで。
 
 
【シューティング】
●ギャラガ
わざと捕虜になった自機を合体に利用したり、ボーナス面でパーフェクトを狙ったりと、より面白さを追及した『ギャラクシアン』の続編。安いので、シリーズ揃えるのも○。

●ギャラクシアン
単発ショットを狙って撃つ楽しさを味わえる固定画面型シューティング。画面比率がアーケード版と異なりますが、プレイに違和感はありません。裏技で何故か『ナウ○カ』のBGMが…

●グラディウス
アーケードの移植ですが、高性能化したバリア、フルパワーアップの隠しコマンド、ワープの存在等、シューティングが苦手な初心者でも楽しめるアレンジは見事です。

●新人類原始時代を舞台とした縦シュー。ジャンプを使って足場を渡る等、アクション要素もあります。何故か最強状態になると、長州力に変身です。(笑)

●スターソルジャー
連射主体の、ご存じハドソンキャラバンシューティング。敵が撃ち返し弾を撃ってくる裏面は表面とは違ったゲーム性なので、連射装置を使っても楽しいです。

●スターラスター
宇宙を舞台とした3Dシューティング。レーダーの存在、燃料補給やダメージの修理、惑星の防衛等、戦略要素があるのが、当時としてはかなり凝ってました。

●ゼビウス
移植度で見れば、地上絵がない、アンドアジェネシスが浮遊していない等、異なる点がありますが、ゲーム性の移植度は問題ありません。

●ツインビー
アーケードからの移植の二人同時プレイ可能な縦スクロールシューティング。二人プレイ時にはベル(パワーアップアイテム)の取り合いには気を付けて(笑)
 
●ドラゴンスピリット新たなる伝説
アーケード版の後の話ですが、ゲーム部分はアレンジ移植。グラフィックとBGMの再現もなかなかで、一部ではPCエンジン版では再現されなかったところも再現されていたり。ゴールドドラゴンモードのシナリオは必見!

●ファイナルミッション
自機が生身の人間で、前方後方が撃ち分け可能なサイドビューシューティング。二人同時プレイが出来るのもポイント。難しいのに回復アイテムがないのが難点。

●ファンタジーゾーン
サターンで完璧な移植版が出ていますが、ファミコン版はファミコン版なりに楽しめます。メガロム採用で、先行して発売されたマークIII版を上回る完成度。

●無頼戦士
8方向に撃ち分け可能なサイドビューシューティング。難易度選択によって、敵配置やパターンが異なるのが面白いですね。

●へクタ―'87
スクロール面と横スクロール面が交互に展開する、ハドソンのキャラバンシューティング。難易度が高いので、連射コントローラは必須です!
 
【RPG】
※主にパスワードコンティニューを採用したゲームを選んでいます。
●ウィロー
同名映画を題材にしたアクションRPG。カプコン開発だけあって、グラフィックの描き込みや、アクション部分の作り込みが素晴らしい出来です。

●スーパーチャイニーズ3
中華とSFの世界観がドッキングしたアクションRPG。二人同時プレイが可能で、おまけのアスレチックモードの充実さも嬉しいです。

●ドラゴンクエスト
記念すべく国民的RPGの第一弾なので押さえましょう。安いですし。(笑)

●ドラゴンクエストII 悪霊の神々
上級者なら、バランス調整されたリメイク版よりこちら。長いパスワードは携帯のデジカメで解決!(笑)

●ドリームマスター
感覚的にはランダム要素を廃した『ローグ』『不思議のダンジョンシリーズ』タイプのRPG。ダンジョンパターンは毎回同じなので、手順を考えるパズル性の高い仕上がりです。

●ファザナドゥ
かなりアクション性が強く、『ザナドゥ』ファンからは受けが悪いですが、別物と考えればなかなかです。描き込まれたグラフィックや、見易くて大きな文字は好感的です。

●ラサール石井のチャイルズクエスト
チャイルズを一流のスターにすべく、プレイヤーが奮闘するRPG。当時としてもグラフィックはしょぼいですが、それ以外の作り込みはしっかりしています。ゲームバランスも良好です。
 
【シミュレーション】
※主にパスワードコンティニューを採用したゲームを選んでいます。
●キャッスルクエスト
将棋と同社(ハドソン)の『ネクタリス』を組み合わせたようなシミュレーションゲーム。一つのステージが手軽に遊べるボリュームなのが嬉しいです。

●キャプテン翼II
コマンド入力方式のシステムとサッカーゲームの相性がバッチリ。原作とは違うゲームオリジナルの展開ですが、少年漫画的な熱い展開は原作譲りです。
 
【スポーツ】
●エキサイトバイク
傾斜のあるコースを絶妙なコントロールさばきでバイクを制御するモトクロスレース。エディットモードで作った目茶苦茶なコースを挑戦するのも楽しいです。

●10ヤードファイト
アーケードからの移植。ディフェンスがなく、オフェンスのみの構成でアメフトを全く知らない人でも十分楽しめます。オリジナルの二人同時プレイでは、アーケード版にはなかったディフェンスとオフェンスの交互プレイが楽しめます。指が死ぬので、スティックは必須!

●ファミリーサーキット
コンマ一秒を感じ取れるシビアな操作感と、細く変更できるセッティングが魅力のトップビュー型レースゲーム。あの遠藤雅伸氏が遊ぶ為に作ったようです。

●ファミリーテニス
見た目に反して、意外とシビアで高度なテクニックが使えるテニスゲーム。対戦の駆け引きが熱い!「あかいきつねのおつゆはうまい」(笑)
 
【パズル】
●落っことしパズルとんじゃん!?
フィールド内の牌を押して、指定された牌を穴に落とすのが目的の『倉庫番』タイプのパズルゲーム。表面なら難易度が手頃なので、パズル初心者にもお勧め。

●サンリオカーニバル
一見ただの落ち物パズルですが、対戦モードではお互いのフィールドが繋がっているので、他のゲームには無い独自の戦略性があります。接待用として。

●上海II
説明不要の、麻雀牌を使ったパズルゲーム。前作は高低差を色分けされて見にくいので、買うならこちら。

Dr.マリオ
最近の落ち物パズルに比べると爽快感は薄いですが、ルールが簡単なので、接待向けとして買いです。

●フリップル
パネルを同じ柄のパネルに投げ付け、規定数以下のパネルを消していく思考型パズルゲーム。何故か視点がアーケード版とは逆なのが謎だったりします。

●ヨッシーのクッキー
クッキーをスライドさせて、同じクッキーを縦か横に一列揃えて消していくパズルゲーム。任天堂パズルの中で一番操作が慌ただしいゲームです。

●ランパート
城壁を守りながら敵を撃つ攻撃パートと、パズルゲームの要領で壁を修復するパートを繰り返す、ジャンル分けの難しいアーケードからの移植。特に対戦プレイは熱いです。

●ロードランナー
ファミコン初のミリオンタイトル。手頃な難易度で初心者にも。上級者には、個人のファンサイトでアップしてあるエディット面に挑戦してみて下さい。

↑このページのトップヘ