カテゴリ: PCエンジンレビュー

本作はコナミの代表作であり、現在では恋愛シミュレーションゲームを代表する作品でもあります。本作のヒット以来、ラジオドラマが放送されたり、キャラクターグッズや派生作品が発売されるなど、(ツインビーの例はあったものの)今までのコナミにはなかった大規模なメディア展開が行われたのも特徴の一つです。本作はコナミのPCエンジン最後のソフトとして1994年に発売されました。

ゲーム内容は、プレイヤーは三年間の高校生活を送り、勉学や部活動をする事でそれらに対応したパラメータを上げ、お気に入りの女の子(一応、プレイヤーの憧れである幼馴染みのヒロインはいますが)の求める理想に近付き、卒業式に告白を受けるのが目的です。
パラメーターはプレイヤーの能力値だけでなく、女の子達の好感度にも存在し、デートを誘ったり、イベントの結果によって上げる事ができます。但し、お目当て以外の女の子にも好感度を上げないと、周囲の人間に冷たい人間と噂され、結果的に全員の女の子から悪評を受けます。貴重なスケジュールは、お目当て以外の女の子にも割り当てなければならないという、そのバランス感覚が絶妙となっています。

今の目で見たらスタンダート過ぎますが、豊富なイベント数、イベント時のフルボイスは、恋愛シミュレーションが珍しかった当時ではとても新鮮でした。また、ある条件で遊べる各種ミニゲームも、おまけとは思えないほど作り込まれていて、CDロムメディアならではの大容量の恩恵を感じさせます。
インターフェイスはPCゲームを研究してあるだけあって、マウスにも対応した操作性、見やすいアイコン表記は、説明書を軽く読むだけでも理解できるほど遊びやすくなっています。
各キャラクターを演じる声優陣は、その当時ではゲーム業界やアニメ業界では知られていない面々が担当してましたが、それが逆に他作品のイメージがついていなく、キャラクターのイメージをより引き立てています。また、それぞれのキャラクター別に専用BGMが用意されるほどのこだわりようです。
学園生活を彩るイベント部分も、複数のイベントの組み合わせで、プレイするたびに違った三年間を送れる自由度の高さが魅力です。高校卒業した今、改めてやると、つい懐かしがってしまいます。
ゲーム中、特殊イベントが起きる前はやや長めの読み込みがありますが、何が起こるか分からないので、その間はドキドキものです。

登場する女の子はどれも原色がきつく、ステレオタイプですが、その分キャラクター性がはっきりしているので、初心者でも目的を持ったプレイスタイルで遊べるのがいいところです。それに、各キャラクターにストーリー性を高めなかったおかげで、プレイヤーなりの想像力で楽しめたのがヒットの要因でしょう。派生作品が出しやすかった背景も、それが理由だと思います。

一部では自分から告白出来ない事を批判する声がありますが(セガサターン版は告白可能)、好きな女の子に気に入ってもらう為にプレイヤーが遠回しでアプローチする部分が、自ら告白出来ないマグロ男っぽくて、ある意味リアルです(笑)。

筆者が初めて本作を知ったのは『月刊PCエンジン別冊CD-ROMカプセル4』同梱のPCエンジンハイパーカタログに収録されたオートデモ。当時、筆者は硬派(?)なメガドライバーであり、PCエンジンで乱発しつつあったギャルゲーに(出来はともかく)ウンザリしてたので眼中になかったのですが、そのCDロムを持っていた友人が「これは後に高い評価を受ける!」と絶賛してたので、そこそこチェックをしてました。
発売されてからも、パソコン通信等の口コミで本作の面白さが広がり、PCエンジン周辺機器である天の声バンクやマウスが品薄になったり、秋葉原では定価を超えるプレミア価格で発売されるなど、PCエンジン界では(恐らく)最後のブームメントが起こりました。それを見て友人の先見の明があった事に感心したのが記憶にあります。

個人的には、エンディングテーマ『二人の時』は今でも名曲の一つとして印象に残っています。一時期はそれを聴く為に、何度もエンディングを観ました。それだけお気に入りです。
高校時代リアルタイムでプレイできたのも、ある意味幸運でした。

日本ファルコムの人気アクションRPG『イース』シリーズの第三弾『ワンダラーズフロムイース』の移植で、PCエンジン版での前作『イースI・II』と同じくハドソンから1991年に発売されました。イースシリーズのナンバリングタイトルで、主人公は前作に引き続きアドルですが、物語的にも設定的にも前二作と繋がりはありません。
前作の登場人物の一人であり、アドルのパートナーであるドギの故郷を舞台にした番外編で、前作とゲーム性が大きく異なったサイドビューのアクションRPGです。
ビジュアルシーンのクオリティはドット絵の芸術品と言えるほど高く、当時のPCエンジン作品としてはかなりのクオリティを誇ります。また、人気作の待望の続編という事もあり、ビジュアルシーンをメインとしたTVCMが多く放映され、ユーザーでなくてもそのクオリティに衝撃を受けた方もいるでしょう。オープニングシーンだけで大作の貫禄が十分にあります。

ゲーム部分は体当たり攻撃が基本だった前作とは大きく異なり、今回はサイドビューのアクションゲームなので、ジャンプや剣技による各種アクションが豊富です。それだけに、PC版ではキーボードによる操作が難しかったので、本作は前作以上に家庭用向けだと言えます。
その他、PCエンジン向けにアレンジされた部分がイベント時の音声による演出とオープニングとエンディングのビジュアルシーン(今でいうムービー)だけで、基本的な部分はPC-8801版を踏襲した作りとなっています。大幅なアレンジを加えた『イースI・II』に比べると本作は目立ったアレンジはありませんが、それだけにオリジナル版のファンによる批判は少ないかと思います。

前作に引き続き、米光亮氏によるアレンジBGMは熱く、ステージ開始曲の「翼を持った少年」や、クライマックスに流れる「バレスタイン城」の曲を聴くとテンションが上がります。PCエンジン版の為に作曲されたオリジナルのオープニング曲も爽やかでお気に入りです。

移植度で言えば問題ない出来ですが、PC版の売りだった多重スクロールが、PCエンジン版では再現に無理があったのか、なんと8ドット単位のスクロールで表現されています。元々PCエンジンには二重スクロール機能がないので苦肉の策ですが、ガクガクするスクロールはプレイしていて目が痛くなってきます。
仕方ないとはいえ、クリア―までのプレイ時間が少ないのは、最近のゲーマーどころか、当時でさえ物足りなく感じます。そもそもイースシリーズはプレイ時間は短めですが、PCエンジン版の前作は『I』と『II』のカップリングだった事を考えると、イースファンならともかく、PCエンジンユーザーにはあっさり感は否めないでしょう。演出を楽しむアクションゲームとしてプレイするのがいいかも知れません。

人気作だけあり、当時は本作を始め、ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブと多機種に移植されましたが、ゲームバランス的にはPCエンジンが遊びやすく、演出が最も優れています。
ただ、オリジナル版同様、後半は必然的に最強レベルで進む事になるので、高レベルによるゴリ押しが効かず、アクションが苦手な人には厳しいかも知れません。逆にガルバラン(ラスボス)戦は他機種ユーザー(特にスーパーファミコンユーザー)には物足りないかも知れません。

出来は悪くないし、むしろ良作なのですが、CDロムロムのデモンストレーション的な完成度を誇る前作と比較すると、パワー不足を感じてしまいます。大作という言葉が荷が重い作品です。
ゲーム性が前作と大きく違う事を批判するファンも多くいますが、設定が前作と繋がりがないせいか、筆者的には気になりませんでしたが…

他機種版もやってきた筆者的には、エンディングの展開が機種ごとに違ったのが面白かったです。機会があったら是非とも比べてみて欲しいところです。どの機種版も出回りがよく、中古相場も比較的安価のはずです。

それにしても今回のヒロイン「エレナ」は、歴代ヒロインの中でも活発的なのが、筆者には一番印象的でした。アドルがレベルを上げてようやく進めるところを平気で歩き回るんだもんなあ(笑)。

ナグザット開発によるHuカード゙の横スクロールシューティングで、PCエンジンオリジナルタイトルとして1991年に発売されました。発売当時のPCエンジン界は、"シューティングキャラバン(ハドソン)"や"サマーカーニバル(ナグザット)"等のシューティング大会が全国で開催された背景もあり、本作は大会用ソフトではありませんが、当時のユーザーのニーズに合わせてスコアアタックモードが搭載されているのが特徴です。

シューティングゲームとしてはオーソドックスなパワーアップ方式ですが、かわいらしい自機のドラゴンを始めとするファンシーなキャラクターや世界観、ラスタースクロールを使った奥行きのある背景グラフィック、そしてやたらめったら画面一杯に出現する得点アイテムが目を引きます。
敵キャラや敵弾以上に画面いっぱいに大量に出現する得点アイテムを取るのは気持ちいいのですが、逆に言えば画面が見づらくなっているので、初プレイはミスを乱発しがちです(画面が見難い&アイテムを取ろうとしたらミスなど)。
流石に初心者にも対応して作られただけあって、得点によるエクステンド(1UP)は頻繁で、クリア―までに数十回は自機が増えます。また、パワーアップした状態でダメージを受けてもパワーアップが解除されるだけでミスにはなりません。ある程度シューティングに慣れたプレイヤーなら初回クリア―も楽勝でしょう。パッケージにある「小さな子も遊べるやさしいモード付」のコピー通り、誰でも楽しめるゲームを目指して作られています。それ故に、上級者がクリア―を目指すなら物足りない難易度とも言えます。
何気に嬉しいのはハイスコアを『天の声2』等の外部装置に記録できる点。クリアーするだけなら物足りないと思う上級者でも、ハイスコアを狙うとなるとまた違った魅力があります。前述したスコアアタックモードの存在を含めて、長く楽しめる出来です。好みの問題もありますが、誰でも楽しめると言うコンセプトに間違いはないでしょう。

残念なのが、シューティングゲームが下火になりつつあった時期での発売だった事、パッケージがお子様的なデザインである事(PCエンジンより任天堂ユーザー向けデザイン)、アーケード移植ではないという知名度の問題等、様々な理由で出荷本数は少なめでした。同年に発売された『マジカルチェイス』(販売パルソフト/開発クエスト)は再評価され、再販されたりゲームボーイカラ―でリメイクされましたが、こちらも再評価される事を願う事ばかりです。確かに難易度的には緩いゲームですが、逆に家庭用だからこそ出来た緩さでもあるので、家庭用オリジナルシューティングが滅多に発売されない今となっては貴重な存在だと思います。

なお、キャラクターデザインは元サン電子デザイナーのもりけん氏で、囚われの姫様は『マドゥーラの翼』の主人公ルシアをイメージしてデザインをしたとの事です。また、ハドソンがこのゲームを気に入り、『PC電人』としてリメイクしたようです(こちらも開発はナグザット)。

それにしても、パッケージイラストのパックに描かれているボスを見て、聖闘士星矢に登場する射手座黄金聖衣偽装タイプを思い出したのは私だけではないはず(笑)

ハドソンが手掛けたPCエンジンHuカード作品で、各地に散らばった8つのメダリオンを集め、ラスボスのラファエルを倒し、さらわれた姫を助けるのが目的のトップビューアクションRPGです。PCエンジン初期にあたる1989年に発売されました(参考までに、同年にはCDロムロム用ソフト『イースI・II』が発売)

 ゲームの目的やシステム、操作感、一画面ごとのスクロール、裏面の存在等、ファミコンディスクシステムの名作『ゼルダの伝説』にかなり近い作りとなっていますが(というかまんま)、本作には「魔法の杖」を手に入れる事によってプレイヤーのライフに応じて威力や動きの変わる炎の魔法が使えます。離れた敵に対して安全に攻撃する事ができるので、アクションの難易度自体は『ゼルダの伝説』より低めの印象です。

 ステージは地上・地下・海・空の四つの世界に分かれていて、それぞれの世界に二つのダンジョンが待ち受けます。基本的にダンジョンの攻略順は固定で、その世界のダンジョンをクリアーしないと次の世界に進む事が出来ないので自由度は低めですが、逆に自由度を狭める事によってプレイヤーを誘導させるのに一役買っています。

 フィールドやダンジョンには様々な仕掛けが仕組まれていて、魔法で木を燃したり、画面上の敵を全て倒したり、特定のブロックを動かしたり、何も無い壁に爆弾を置く事で出現する隠し部屋を探して、アイテムや情報を手に入れるのが攻略の鍵となっています。隠し部屋のヒントは皆無に等しいのですが、幸い1画面ごとのスクロールなので、マッピングしながら画面ごとにチェックすれば自力で攻略する事はさほど困難ではないでしょう。その辺のバランスは流石だと思います。

 筆者が本作に興味を示したのは、当時放映されていたTVCMを観てでした(当時小学6年生)。ゼルダタイプのゲームが遊びたかった事と、美しいグラフィックに惹かれました。特にグラフィックは、ファミコンメインで遊んでた筆者には圧倒的なインパクトがありました。しかし、小学生だった筆者には定価24800 円もするPCエンジン本体は高嶺の花で、憧れながらもリアルタイムでプレイする事は叶いませんでした。翌年、クラスメイトにPCエンジンユーザーがいたので、何とかその友人にソフトを買わせてプレイしました。(よく考えたらかなり迷惑な話ですな)当時はまだゲームが上手くなく、『ゼルダの伝説』を投げ出した筆者でしたが、本作の適度なバランスのおかげで最後までプレイする事ができました。反面、『ゼルダの伝説』を極めた人にはヌル過ぎる難易度に感じるでしょう。現在のやたらと長いゲームと比較すればボリューム的に物足りない気もしますが、今となっては社会人が手軽に楽しむにはこれで十分かも知れません。個人的にはBGMが気に入っていて(特に地上の世界)、BGMを聴く為に今でもたまに起動するほどです。細かい事ですが、24文字の短いパスワード(バックアップユニットでセーブ可)と大きめの文字フォントも良心的です。

 当時から現在に至るまで、世間的に「ゼルダのパクリ」という批判をよく聞きますが、広すぎず狭すぎずちょうどよいマップサイズ、一本道化による敷居の低さ、飛び道具である魔法の存在で、『ゼルダの伝説』の初心者版としても十分楽しめます。勿論、ゼルダとは関係なしに、単体として見ても十分な出来です。現在ではWiiバーチャルコンソールや中古ソフトで安価で入手ができるので、その手軽なボリュームを考慮しても値段分は楽しめるかと思います。

 余談ですが、双葉社から発売された攻略本には企画書が掲載されているのですが、当初は仕様(特にフリースクロール)が異なっていたゲームシステムが、遊び易さを追及している内にゼルダに近付いたようです。改めてゼルダの完成度の高さを実感します。

 そういえばエンターブレインの『ティアリングサーガ』(PS)が『ファイアーエムブレム』にソックリと任天堂が訴えた事件が過去にあったのですが、本作は大丈夫だったのでしょうか?メダリオンの設定なんかトライフォースに似ているし…。でも、バーチャルコンソールで配信されている以上、任天堂公認のハ゜クリゲーなのかも知れません(笑)

PCエンジン記念すべく第一弾タイトルで、セガ(開発ウエストン)のアーケード作品『ワンダーボーイ モンスターランド』をベースに、ゲーム中のキャラを当時TVアニメも放映されていた『ビックリマン』に差し替えた内容です。ゲーム展開は変更されずにキャラクターをそのまま差し替えたので、ビックリマンの設定が実際のゲーム内容と噛み合わなくなっています。
 プレイヤーは「ヘッドロココ」に、ショップ内のキャラは天使キャラに、要所要所で登場するボスキャラは悪魔のヘッド(サタンマリア、ワンダーマリア、スーパーデビル、ノアフォーム、魔肖ネロ等)に差し替えられていますが、雑魚キャラはオリジナルのままとなっています。しかし、どちらもコミカルな世界観なので、並べてみてもさほど違和感がありません。なお、ビックリマンキャラは発売時期(1987年)の関係で第11弾のキャラクターまでしか登場しません。

 本作はRPGの要素を取り入れたステージクリア方式のサイドビュージャンプアクションゲームで、剣や魔法でモンスターを倒し、道中で手に入れたお金で装備を購入し、各ステージを攻略していきます。各ステージには制限時間が設けられ、お金は無限に稼ぐ事が出来なく、全ての装備を揃えることができません。攻略には無駄使いせず計画的に買い物をする必要があります。

 やや滑りやすい操作感で多少の慣れが必要ですが、シンプルな操作性で遊び易く、ゲームバランスは良好で、最終ダンジョンの無限ループトラップを除けば初心者でも取っ付きやすい作りと言えます。
 ただ、せっかくクリアーしてもエンディングが余りにも簡素すぎるのが残念なところ。同時期に発売されたゲームソフト(特にファミコンソフト)はエンディングが非常に簡素なゲームが多かったので仕方ない部分もありますが、アーケード版がしっかりしたエンディング(続編の伏線あり)だった事を考えると、なんとかして欲しかったところです。

 移植に際し、キャラクター差し替え以外でも異なる部分もありますが(アーケード版で有名なお金増殖技は削除、コンティニュー機能追加等)、当時のアーケード移植作品と比較すれば高水準の移植度と言えます。同時発色数の関係で後発のマスターシステム版(スーパーワンダーボーイ モンスターワールド)よりグラフィックが美しく、ボスキャラは大きめで、ライフやアイテム欄の表示配置もほぼ忠実で、PCエンジンローンチタイトルのキラーソフトに相応しい作りです。アーケード版のファンには「オリジナルキャラで出て欲しかった」という意見も当然あると思いますが、当時ビックリマン好きだった筆者にはむしろこっちが親しみがありました。まあスタート時のパンツ一丁姿のロココはあんまりですが…(笑)
なお、本作の直接続編として(但しビックリマンとは無関係)、『アドベンチャーアイランド』があります。

 余談ですが、パッケージイラストの中央に陣取っているヤマト王子(TVアニメでは主役級扱い)や他の7神帝はゲーム本編では一切登場しません。しかも肝心のゲーム本編の主人公であるヘッドロココは描かれていなく、パワーアップ前の聖フェニックスの姿のままです…ここら辺の突っ込みはビックリマンファンぐらいなもので、キャラゲーとしてではなく、純粋にアクションゲームとして遊ぶ分には全く問題ありません。元のゲームは今でも名作として語り継がれている訳ですし。

当時のセガファンには本作の事を『ソックリマンワールド』と批判されたようですが、同じく『モンスターワールド』のキャラクター差し替え作品であるファミコンソフト『西遊記ワールド』(販売ジャレコ/開発NMK)は全く相手にされませんでした。権利関係も気になるところです。

おまけ:11弾までのヘッド
第1弾:スーパーゼウス
第2弾:シャーマンカーン
第3弾:スーパーデビル(2種)
第4弾:聖フェニックス(2種)
第5弾:サタンマリア(3種)
第6弾:始祖ジュラ
第6弾:ブラックゼウス
第7弾:ヘラクライスト(3種)
第8弾:魔肖ネロ
第8弾:ネロ魔身(2種)
第9弾:ヘッドロココ(2種)
第10弾:魔胎伝ノア
第10弾:ノアフォーム
第11弾:ワンダーマリア
第11弾:ゴーストアリババ

↑このページのトップヘ