カテゴリ: ゲーム関連書籍

イメージ 1
制作サークル:ゆずもデザイン
定価:2,000円
全168ページ
2018年5月20日初版発行(ゲームレジェンド28)
 
 
スペハリ30周年本で輝かしいデビューを飾った、ゆずもデザインさんによる初代『ファンタシースター』(セガ)の考察本。
 
いつもこのブログを読んで下さる方には説明不要だと思うけれども、『ファンタシースター』はセガ初のオリジナルRPGとして1987年末に発売されたマスターシステムタイトルで、当時のRPGとしては珍しいSFの世界観や、大容量の4メガカートリッジを採用することによって当時の水準を超えたビジュアル&サウンドが評価を博し、今でも根強いファンが多い伝説の作品。
そんなレジェンド級のタイトルを扱う作品だけに、ゆずもデザインさんから発表があった時は完成を心待ちするほどの期待度でしたが、最後まで読んでその期待を裏切らない仕上がり!
 
 
ゲーム内容の簡単な説明はもちろん、国内版・海外版・移植版の紹介や、
イメージ 2
 
攻略本などの関連書籍やサントラの紹介
イメージ 3
イメージ 4
 
ディープなセガファンならばお馴染み(?)の同人誌『DEEP!メガドライブ』の著者であるヴァフィョーン原さんによる出張版記事(一部はDEメガの再録で、当時モノクロだったページがカラー化されている!)
イメージ 5
 
そして個人的に最大の目玉だったのが、シリーズを手掛けたスタッフのロングインタビュー!
イメージ 6
正直よくこの面子を揃えたなあ…と思った。もはやプロの仕事ですよ!(スペハリ本の時からそう思ってたけどw)
JUDY TOTOYAさんはメガドライブ版『ソーサリアン』(セガ/日本ファルコム)の挿絵がよかったなあ…とか、IPPOさんは女性だったんだ!という発見もあったけれど(笑)、ファンタシースター以外に関わったゲームについても語っていて、個人的に興味を持ったのが大島さんがキャラデザを担当した『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』(セガ)のBGMにマイケル・ジャクソンの曲を採用する話もあったという話。噂レベルで聞いた話ではあるけど、諸事情で前作の曲を担当したドリカムの中村さんが引き続き担当をすることになったんだそう。それにしてもマイケルの曲をボツれるなんてある意味で贅沢だ(笑)
 
 
その他、徳間書店でセガマークIII関連の初期を作っていたMW岩井のインタビュー、ゆずもデザインスタッフやファンタシースターファンによるコラム、SST氏によるリプレイ日記など、いつものゆずもデザインらしい安定した読み応えある内容!
 
 
巻末には攻略法も掲載されているけれど、なんと双葉文庫から発売されたゲームブック版のフローチャートまで掲載されている充実ぶり!
イメージ 7
…今からゲームブックに興味持ってもレアすぎて手に入らないよおぉぉぉ!
 
ファンタシースター好きはもちろん、当時を知らなくてもこの本を読めばあの頃の熱気は伝わるし、またマスターシステムと共に格闘してきた当時のユーザーでもこみ上げてくるものがあるはず。
つまり手に入るうちにゲットすることをオススメ。
特に関係者インタビューなんて次があるかどうかわからないですからね。
 
ちなみにこの自分もこの同人誌にホンの少しだけ関わってたりします…
イメージ 8
サムスンから発売された韓国版の貸し出しだけ…
イメージ 9
しかもちゃっかり名前まで出してもらっているという…(笑)
 
たまたま自分が韓国版を持っていることを編集長のPinさんが聞きつけて連絡してきたのですが、よくそんな情報を見つけてきたなあ…と少し驚き。確か20歳の20年前に入手したソフトだったけど、このソフトがこんな素晴らしい本のお役に立てるだなんて、あの時に手に入れてよかったと思った(笑)
 
本当はコラムも書きたかったんだけれど、マスターシステム当時のことは知らなく、初めて初代をプレイしたのが1994年に発売されたメガドライブの『ファンタシースター復刻版』というニワカぶり(汗)
 
メガドライブ時代はレトロゲームブームなんてものがないから当然レトロ市場というのがなければネットオークションやネット通販なんてものは姿形さえなく、さらに秋葉原とは違って地元ではマスターシステムソフトを手に入れる手段もなく、メガドライブでの復刻の発表はまさに待望の話でした。この頃はメガドライブで2~4作目をクリアしただけで、プレイしてないのが初代のみ。特に4作目の『ファンタシースター千年紀の終りに』が最高すぎて、どうしてもシリーズ全部やってみたかったんだよな…
 
復刻されたメガドライブ版はPSG音源オンリーなのでマスターシステム版の売りだったFM音源サウンドが残念ながら聴けなかったけれど、フルサイズの滑らかな3Dダンジョンや戦闘シーンのアニメーションはとても(1994年春当時で)5年以上前のゲームとは思えず、これをリアルタイムで体験できれば優越感があったろうな…と思いながらプレイした記憶。実際に遊んでみて戦闘バランスはあのドラクエII以上に厳しいものだったし、ストーリー展開はあってないものだったけれど、圧倒的なビジュアルで訴えていくパワフルな感じがアーケード出身のセガらしさを実感。
当時圧倒的シェアを誇っていたファミコンでさえも、1987年当時は4メガカートリッジがなかったせいか(せめて2メガ)ここまでビジュアル面に凝ったRPGが少なく、尚更当時遊びたかった…と思ったけど、当時は小学生だった為にハードごとソフトが買えないどころか、クラスメイトにユーザーがいなかったからどうにもならなかったという…(汗)
後にマスターシステム版をゲットして初めてFM音源サウンドを体験し、その衝撃から勢いで一気にクリアしたんだけれども、入手の苦労もあってあの時はめちゃ感動したなあ。繰り返すけれどこれを1987年当時に家庭用で出したセガは恐ろしい…。まさに技術力のセガ!これでバランスがよければ…とは言ってはいけないかな?これはファミコンRPG中心で遊んでいた人間の印象なので、セガオンリーの人には違う印象があるのかも知れないけれど(汗)
 
4作目の発売の後にプレイしながらも、あの頃はあの頃で熱中はしたけど、マスターシステム版から遊んだ人に比べると情熱あるコラムが書けない…と思って辞退したんだけれど、今だったら復刻版なりのコラムを書けたかなと少し後悔(笑)
 
 
同じくこの本を購入した同僚が一通り読んでみて衝撃だったというのが、ファンタシースター関係なく、コモドール64版『アテナ』(SNK)のグラフィック(笑)
イメージ 10
日本版のアテナはこちら…
イメージ 11
このレベルのローカライズは他にもたくさんあるけれど、こんなグラフィックのアテナでも向こうでは受け入れられたならば、当時のガイジンと日本人との感性の違いを実感。逆にガイジンに日本の80年代の萌え文化(80年代に萌えという言葉がなかったけど)がどう映ったのか気になった(笑)

イメージ 1
編者:レトロゲーム愛好会
発売元:主婦の友社
定価:2,100円
全224ページ
2018年4月30日初版発行
 
レトロゲームブームの中で再評価を受けながらも、フランスでは既に発売されたものの、日本では(現役当時除いて)今までありそうでなかったPCエンジンのガイド本。帯のコピーの通り、まさにPCエンジンファンにとって待望の発売。
 
ガイドを名乗るだけあって、当然ソフトの紹介や、
イメージ 2
 
各種本体、
イメージ 3
 
各種周辺機器など
イメージ 4
商品に対してのデータ(発売日やメーカーなど)やコメントだけでなく、ゲームソフトの方はメディア画像やスクリーンショットや説明書表紙を、本体や周辺機器はパッケージ画像まで載せている至りつくせり。
特に周辺機器に関しては当時のユーザーならともかく、中古でそれらを手に入れる場合パッケージがない場合が多いので、後追いのユーザーにとっては初めて見る画像も多いかと思います。しかし、よくこれだけのアイテムを箱付きで保管してあったな…。
 
また、『イースI・II』(ハドソン)『スプリガンマークII』(ナグザット)といった名作復刻版(今で言う廉価バージョン)や、『ガンヘッド Secial ver.』(ハドソン)『ダライアスアルファ』(NECアベニュー)といった非売品ソフト、雑誌通販限定の特典付き『ヴァージン・ドリーム』(徳間書店)『ときめきメモリアル』(コナミ)といったバージョン違い(?)まで触れているのもポイント。
 
それにしても、ここに紹介されている『ヴァージン・ドリーム』スペシャルパックを当時買った人はどれだけいるんだろう?2種類ある上に、発売してから今までマニアショップで一度も見たことがないほどの流通量だから、ある意味で某秋山先生レベルの入手難易度かも知れない…(汗)
イメージ 5
もちろん、ガイド本だけに巻末にはゲームソフト検索も。
なお、非公認ソフト(ハッカーインターナショナル製ソフトなど)に関しては倫理上の観点から一部を除いて扱っていません。個人的には当時発行されたPCエンジン雑誌やテレビ東京で放映されたPCエンジン番組について触れてないのは残念ですが、これは贅沢な指摘ですね(笑)
 
公式本ではないので関係者インタビューもなければ、各ソフトのコメントは3行程度の簡単な説明だし、コラムのページも少なめで読み応えは正直薄めです。
しかし、ガイド本に徹した本として見れば、画像も多く、しかも全ページカラーの224ページで2,100円はかなり頑張った価格ではないのでしょうか。フランスのPCエンジン本をそれなりの値段、しかもHuカード編とCDロムロム編がそれぞれ別売りだったことを思うと破格な値段とも言えますが(笑)
 
PCエンジンが青春だった人、今でも現役でPCエンジンを楽しんでいる人、これからPCエンジンをライフを楽しむ人も、手元に置きたい本と言えそうです。できればバーチャルコンソール配信終了(実質的に)前に出てくれれば…と思わなくもないけれど、発売まで時間が掛かった分の内容は間違いなくあります!
 
…今後、これに続くPCエンジン本がいつ出るかわからないですしね(汗)
イメージ 6

イメージ 1
非売品ゲームソフトコレクターとして世界的に有名な、じろのすけさんの『非売品ゲームソフトガイドブック』(三才ブックス)を数日前ですが購入しました!
本にも書かれていますが、レトロゲームを扱う本は数多く出ていでも、非売品ソフトをピックアップした本は世界でも初でしょう。もちろん、ファミコンやゲームボーイ、プレイステーションといった昭和時代の懐かしのタイトルだけでなく、ちょっとレトロなDSやPSPやPS3、そして3DSといった比較的新しいタイトルも扱っています。
 
およそ160ページというボリュームをじろのすけさんは仕事と家事と子育てをしながらの合間をぬって4ヶ月で完成したという話だけれど、以前『ゲームラボ』(三才ブックス)で連載してた内容の再掲ではなく、全て書き下ろしだというのだから凄い!
 
実際に読んでみて、この密度、この情報量、まさにじろのすけさんの集大成と呼べる内容が素晴らしいですね。もう圧巻!
店頭デモソフトや抽選プレゼントなどの非売品タイトルだけでなく、実際に発売されたバージョン違いソフトや通信カートリッジやインディーゲームなど非売品ソフト以外のタイトルも掲載されていますが、それも含めてじろのすけさんの本なんでしょうね。基本的にゲーム画面のスクリーンショットはなくパッケージ画像のみの掲載で、ページのスペースの都合上と資料性を考えると仕方ないですが、パッケージ画像だけでも十分に楽しめます!
非売品ソフトは終わりの見えない沼の世界だけに全てを掲載しているわけではないものの、代表的なモノ、珍しい物はフォローしているので物足りなさは(少なくとも自分には)なかったです。特に通信カートリッジに力を入れているところがじろのすけさんらしい。
 
そして、桃鉄スペシャルといった、昔じろのすけさんとトレードに使ったソフトが掲載されていたのも何気に嬉しい(笑)
 
個人的に感動したのは、最初のページの「はじめに」。
イメージ 2
「ゲーム好きだけれど、ぜんぜんやれていない」という方々でも、「自分はゲーム好きだ」と胸を張って言っていいと考えております。「ゲームを集めるだけでも、こんなに楽しい」ということを、少しでもお伝えできたらと思います。
 
さすがに言葉選びが上手いなあ、じろのすけさん。自分だったらもっと強気で書いてしまうところ(笑)
中には、やりもしないゲームを買うのは理解できないみたいな発言もわりと聞くけれどもr、人の価値観というのは他人の物差しで図るものではないワケで、いちいちクチを出すのはおかしい!(笑)
 
しかし、じろのすけさんは本当に多忙だよなあ。いつだったか忘れたけれど、深夜の一時過ぎぐらいに彼からメールが送られてきたことがあって(誤解ないように云うと自分自身はいかなる時間帯でもメールはOK。そもそもメールはそんなものだし)、育児でようやく今落ち着いてこの時間になったと聞いて、子供を持つことの大変さを思い知りました。その中での執筆活動は凄いよなあ…やっぱ。自分なんてタイムカードを押す20分前に起きるどころか事務所でも床で寝てしまうような(もはやイス寝でもないw)山岡士郎もびっくりなグータラ人間なんで素直に尊敬します!今の生活で子育てしたら過労で死んでしまう!と思ったけれど、
そもそも結婚する予定さえもなかった…(涙)
 
 
この本でスーパーファミコンの『SM調教師 瞳』シリーズについて触れてますが、関係者インタビューが掲載されたこちらの同人誌と合わせて読むことをオススメします。
イメージ 3
関係者自ら語っているだけに今まで知られざる裏話多数だけれど、何よりも任天堂の初心会ルートで瞳シリーズが流通してたという事実が一番の驚きだった。この本を読めばその理由には納得だけれど、
任天堂と関係深い初心会で任天堂非ライセンス商品を扱ってたなんて凄いよなあ…
おかげでシリーズ累計10万本以上売れたようだけれど。そして数千から一万本ほどの新品の『スーパーメトロイド』(任天堂)が瞳に変えられて、
今そのスーパーメトロイドの新品未開封が現在スーパーポテトで69,800円で売られているのを見ると色々と考えさせるものがある(汗)
 
 
…話を脱線してしまったけれど、出版業界が冬の時代において発売から1週間ほどで重版が決まったのは凄い快挙です!
非売品ソフトの世界は、こういったら失礼だけれどニッチな世界と思っていただけに、引っ掛かる人には引っ掛かるんだなあ…と認識。
近年、同人誌の方でBEEPさんやぜくうさんやみぐぞうさん等のすごい本が相次いで出してきたせいもあって正直商業誌に物足りなくなってきましたが、いやいや今回のじろのすけさんの本はそんな同人誌に並ぶ濃い本だと思います。しがらみの多い商業誌でアングラな商品まえ掲載されている本はそう出せないですからね。
…と、今は亡き元ゲー○サイド編集者がぼやいてましたし(汗)
 
 
 
この本を読んで自分もじろのすけさんが持ってなさそうな非売品ソフトを部屋から探ってみたけれど(体験版除く)、お恥ずかしい話これしかぐらいしか持ってなかった(汗)
イメージ 4
 
そういえばこの本を読んで初めて『機動戦士Zガンダム ホットスクランブル ファイナルバージョン』(バンダイナムコ)の金メッキバージョンが存在することを知りました。
イメージ 5
上の画像は手持ちのファイナルバージョンだけれど、実際に流通しているのは銀メッキ。
しかし、17年ほど前、本作の作者であるゲームスタジオの遠藤雅伸氏いわく、2ちゃんねえる(現5ちゃんねる)の書き込みで金メッキバージョンについて触れていて、当初は見間違いか勘違いだと思ってたけれど、もしかしたらバンダイに最初に見せられたサンプルが金メッキだった可能性も出てきましたね。ご本人もユーザーに配布されたバージョンはかなり後年になって初めて実物を見たという話ですし…。

イメージ 1
スペハリ30周年本、WiZ30周年本などでマニアに高い評価を得た、ゆずもデザインの新刊『D3O-ダライアス30年-』。大迫力な表紙のイラストを手掛けたのはダライアス戦場写真集で知られる六鹿(なんとか)氏。
 
初代『ダライアス』(タイトー)が稼働されて30年目のタイミングに合わせて発行されたファンブック…なんだけれど、今回も同人誌の範疇を超えた…いや商業誌でもここまでできないでしょ!というぐらい濃密な仕上がりとなっています。
 
ダライアスのストーリーや全ゾーンの紹介という基本はおさえた上で…3画面レプリカ筐体製作レポート…知られざるアーケード版のバージョン違いの検証…移植版カタログ…現在でもオリジナル筐体で稼働しているロケーションの紹介、今となっては幻のガラケーアプリ版レビューなど、商業誌のダライアス特集でも触れていなかった部分まで触れているどころが、いつものゆずもデザインクオリティ!!
 
そしてゲーメストの編集長を務めた石井ぜんじ氏やゼビウス1000万点本の大堀師範(うる星あんず)の当時のゲーマー視点でのインタビューや、開発者ケン氏の知り合いであり元同僚であった岩崎啓眞氏の今まで表に出なかった裏話、伝説の同人誌ダライアス戦場写真集を手掛けた六鹿氏インタビュー、ミカド店長と小説化大塚ギチ氏との対談、全国のダライアスファンによる寄稿…などなど、作り手の”当時の環境を含めたビデオゲーム全体の流れを伝えたい”(ラッキィさん談)という意図は本を読めば伝わるかと思います。ゲームはゲームが現存していれば遊ぶ事ができますが、当時のゲーセンの空気やニオイはその時代を過ごした人間でないと語れないので、こうやって本という形で残せたのはとても大きなことだと感じます。
 
 
 
…と、ここまで同人誌の感想を書いて後でいろいろと調べていたらアキバBlogで似たような記事が書いてあるじゃないか!(向こうが先)
 
記事を書き直すのが面倒だし、そのままにするけれど(すみません)、
 
 
 
こんな凄い同人誌に、全国のダライアスファンにニワカ判定されても文句は言えないこの私が寄稿という形で参加できて光栄です!!
 
過去に「ダライアスRの記事だったら書ける」みたいなことをうっかりブログで書いたら(誇張抜きでうっかり書いてしまった)、たまたまそれを目にした編集のラッキィさんに誘われる形で書くことになったのですが、ブログで書くのとは随分と勝手が違って実に苦労したという(笑)
 
後にメガテン30周年本の寄稿をしたタニンさんに話たら同じことを言ってたので、読み手を意識した文章を書く難しさって誰もが経験するんだなと思って安心。
裏を返せばブログの方は適当に書いてることになるけど(爆)
 
それはさておき、ディスりさえなければ自由に書いていいということで遠慮なく書いたら2,500文字以上になったんだけれど、実際に本として仕上がったページを見て、ほぼ見開きで全文掲載されていてすごく感動。ほら、今まで商業誌に掲載された文章が短文ばかりだったのですごいインパクトなのもあったのですが(笑)
 
ここら辺は編集のラッキィさんの手腕が大きいですね、ブログ癖が抜け切ってない自分の文章を紙の本向けに読みやすく編集してあるのはさすがプロの仕事だと思いました。むしろラッキィさんだからこそ安心して寄稿したのもありますが、ここだけの話。
 
しかし、アーケード版ではなく世間的に低評価な移植版の『ダライアスR』(ジャレコ)の記事を書く空気の読めなさは自分らしいな…おかげで他の方とかぶりがなく、かえって本全体のバランスが取れていて助かったけれども(笑)
 
そうそう、周りから色々と言われた自画像(?)イラスト
イメージ 2
あまりにも可愛くて詐欺だろ!!
と言われまくったのですが(汗)、実はこのイラストは当時女子大生だった、つばきみーまいさんに描いてもらったものです。随分と昔の話になるけれど、彼女が中学生、自分が30歳の時に同じゲーム雑誌に掲載されたという縁で依頼をしたのかな?記憶がうろ覚え。
 
イラストは女子高生に抱かれたクマなんですが、女子高生はともかくとして(?)、クマなのはみーまいさんにとって自分の見た目・体型がクマっぽいからだそうです。がおー!!
話は脱線しちゃいましたが、この場を借りてこんな素晴らしい同人誌に誘ってくれてラッキィさんには感謝します。苦労はあったけれど、読み手のことを意識しながら書くという滅多にない経験がとても刺激になりました。
そしてこの記事を書くために久々にRを遊んだら一面さえもクリアできなかったという…
 
 
まだ未購入のダライアスファンのみなさん、200ページに及ぶ大ボリュームでこの濃密な内容で2,000円ははっきりいって激安なので、買えるうちに買うことをオススメします!これだけの豪華な面子が揃うダライアス本は今後出るかわからないですからね!ゲーム探偵団やZINやBEEPでも取り扱っているそうなので見かけたら是非!
 
…本に関わった人たちがレジェンドな面子ばかりなだけに、一般人である自分の名前だけが浮いている気がするけど(汗)

イメージ 1
先日のゲームレジェンドで購入した、スペハリ本で有名なゆずもデザイン発行の『ウィザードリィの深淵』を読んだのですが、商業誌並みの140ページという大ボリュームにその密度、もう圧巻ですね。
自分の場合、『ウィザードリィ』シリーズの初体験が中学一年生の時で同年1990年に発売されたファミコン版『ウィザードリィIII ダイヤモンドの騎士』(アスキー)が最初というニワカぶりで、ヒッポンの記事で興味を持って買ったのですが、初代は当時はなかなか中古が出回らないほどの人気作だったのか手に入れるのが随分と先でしたが、そんなニワカ(?)な自分でもこの本は十分と楽しく読めました。これで1,500円は安い!
 
表紙に掲載されているインタビュワー陣を見ただけでその凄さは一目瞭然ですが、Wizファンであれば名前ぐらいは知っているであろう同シリーズの伝道師ともいえる須田PIN氏や忍者増田氏やベニー松山氏や手塚一郎氏らといったベテランライター陣や、#3・外伝シリーズのスタッフ、モンスターデザイナー末弥純先生らのインタビューがとにかく豪華!そして極めつけがWizの原作者であるロバート・ウッドヘッド氏にもインタビューしているのが凄い!!(こんな説明をしなくても表紙を見ればどんな内容かは一発なんだけれどw)
これだけの関係者を集めているのであれば、もし作曲家の羽田健太郎先生が今でも生きていたら絶対インタビューをしてたでしょう。あとファミコン版の開発元であるゲームスタジオの代表だった遠藤”ゼビウス”雅伸さんとかも(開発には関わってなさそうだけど)。
 
他にも、Wizの複雑怪奇な版権の流れをよくぞここまで調べたと思いますし、ここまで調べ上げたライターの執念は只者ではないですね。他にもWizがファミコン版シリーズではどうしてシリアス路線になったのかとか、ファミコン版ではダンジョンのグラフィックをオリジナルであるPC版のような線画モードに切り替わるようにしたのか、中古対策としてモノとしての価値を高めるためにパッケージにモンスターカードを付属したりとか、当時の任天堂はS-RAMカートリッジの生産を某K社(話の内容からおそらく現コーエーテクモゲームス)タイトルに優遇され初代Wizはあまり生産できなかったとか、ファンには気になる疑問も押さえてあってぬかりはありません!
 
また、Wizには仕事で絡んでいないものの、ゲームクリエイターの岩崎啓眞氏によるコンピュータRPGがまだ一般的ではなかった時代のリアルタイムでPC版を遊んだ時の感想も興味深く読めました。ファミコン版で初めてWizをやった人の多くはそれまで他のRPGをやってた人が多く、RPGという遊びがまだ物珍しかった時代の感想は貴重ですからね。
 
個人的にはWiz絡みの話以外にも、アスキーのファミコン参入時のエピソードや、ファミ通のアスキー作品のクロスレビューの評価が他社に比べて冷遇されてたとか(広告費対策らしい)、CSKの大川功会長が800億円のポケットマネーをセガに融資した件が面白かったです。アスキーのファミコン参入の件で、改めて当時の任天堂の社長であった山内氏が何故組長と呼ばれたのが改めて思い知りました。確かにこれはこわい…(笑)
そして、ファミコン版を手掛けたゲームスタジオがセガサターン自体にソフトが売れなくて経営がやばくなった原因のソフトって、伏字になってたけれど『エアーズアドベンチャー』だよな、やっぱ。記事にある通り、キャラデザにあの永野”FSS”護先生を起用してたこともあってサタマガでの前評判がやたらよかったし(汗)
 
全てをじっくり読むにはまだ時間が掛かるボリュームなのでざっくりとした感想ですが、公式本と言っても過言でもないほどのこのクオリティで1,500円は破格です。ほんの少しでもWizに興味ある人にはイチオシです!
この本の影響からか、ファミコン版Wizがやた品薄になったのをはじめ、ファミコン版をベースに移植したスーファミ版は秋葉原中の中古ショップから一斉に消えたのが恐ろしい…。そもそもスーファミ版は最初から数が出てないのもありますが(汗)
 
次回のゆずもデザインさんの新刊は『ダライアス』(タイトー)の本だそうです。こちらもどんな本に仕上がるか楽しみですね!現在ライターの募集をしているようですが、個人的に初代の移植で最も思い入れのあるゲームボーイアドバンス版『ダライアスR』(ジャレコ)の感想を送ってはダメですかね?(汗)

↑このページのトップヘ